ボンバーHIDEUP Blog

HU-70ボンバーチューン

2017-03-15 22:38:24

先日のイベントでもHU-70ボンバーチューンを少しですが販売させていただきました。

内心は購入してもらえんのかなぁ〜と思っていましたが、意外にも好評で嬉しいボンバー!・・・www

hideup ボンバー ブログ写真 2017/03/15

購入していただいた皆さんはブログなどを見ていただいているみたいで自分の行っているフイールドでの使い方や投げたい場所がイメージできているように思いました。

更にイベントで説明させていただくと皆さん核心に変わったようです。

クランクベイトと言うルアーは投げて巻けば潜るルアーです。

当たり前ですが・・・

潜るルアーなんですが、設定しているレンジよりは基本、潜らずそのレンジをキープしようとします。

そこがクランクベイトで最も大事な部分です。

HUクランクシリーズは70、150、200、300、400とあり分かりやすく70は70cm潜り、150は1m50cm潜り、200は2m、300は3m、400は4mと言う設定になってます。

システムクランクってヤツですね。

どんな釣りでも基本的にタナ(水深)が決まって釣りになりますよね。

どの水深にベイトが多いのか、魚が多いのかを探してそのタナに有効なルアーを選択します。

ボンバー的にはそのベイトがいるレンジより少し上を通すイメージです。

そこで自分は70cm以内のタナを釣りたい条件があったのでHU-70ボンバーチューンを考えついたわけなんです。

HU-70ボンバーチューンは10cm〜30cmぐらい(大体です)を狙えるので浅場にベイトを追い込んでフィーディングするようなエリアにはもってこいのルアーなんです。

そんな場面に遭遇したことないですか?

ベイトが水面でピチャピチャしててその場所が岬周辺や岸際、ゴロタエリアだったらHU-70ボンバーチューンをレッツゴー!です!

桧原湖であれば浅っいハンプなんかもオススメです。

東北の春はまだですがシーズンが始まったらそんな条件を意識して使ってみてくださいね。

では、HU-70ボンバーチューン動画を御覧ください。

 

HU-70ボンバーチューンをまだ知らない方はこちらの過去ブログをご覧ください。

【HU-70 ボンバーチューン過去ブログ】

 ボンバーチューン

・HU-70 ボンバーチューン

・HU-70 ボンバーチューン

・HU-70 ボンバーチューン

・HU-70 ボンバーチューン

・HU-70 ボンバーチューン

 

桧原湖ボンバーガイドのご予約もお待ちしております!

桧原湖 ボンバーガイドはこちら

hideup ボンバー ブログ写真 2017/02/09

 

カスタムロッド製作・ロッド改造・ロッド修理のことならボンバーにお任せください!

ロッドに関するお問い合わせはBOMBER FACTORYホームページ内「お問い合わせ」よりお願いします。

 

 

・BOMBER FACTORYホームページ

・ボンバーBlog 
・ボンバーFacebook

・ボンバーファクトリー Facebook

・ボンバー Twitter

 

HU-70

URL