ボンバーHIDEUP Blog

パイロンタックル

2014-09-30 22:06:08

こんにちは、ボンバーです。

昨日パイロンについて書きましたが、今回使用したタックルについて。

使用したのは2タイプ。

・BFC-68M (中弾性カーボン)

・BFC-68M-G(グラスコンポジット)

どちらもBOMBER FACTORYのカスタムロッド。

リールはノーマルギアのベイトで、ラインは遠投性能を優先してフロロの10ポンドと8ポンド。

hideup ボンバー ブログ写真 2014/09/30

※画像は前に撮ったやつ。

ボイル撃ちに使用したのは68M で、デカイの釣ったのは68M-G。

ロッドのマテリアル違いのセッティングでどのように変わるかを検証中ですが、グラスの方がノリは確かにいいしスローなアクションのときはいいように思いました。

ただ、ボイル撃ちの場合は68M のほうが飛距離がでたように感じました。

スモールのじゃれつくようなバイトをかけるにはやはりグラス+ハイギアのリールのセッティングがいいかも・・・。

桧原湖での釣りでスピニングのセッティングに気を使う人はたくさんいますが、意外とベイトのセッティングも重要ですYO!

pylon84

URL