板山雅樹HIDEUP Blog

亀山ダムでのチャート系の可能性!

2017-01-26 20:48:46

ぼくがメインフィールドとしてやっている亀山ダムですがこの間フィッシングショーでいろんな方からスタッガーオリジナル3インチの釣り、ワイドの釣り、クランクでの釣りなど質問を受けたので僕の考えをここで書きたいと思います。

「クランクの色ってなんでブラックバックチャートを選ぶんですか?」

hideup 板山雅樹  ブログ写真 2017/01/26

hideup 板山雅樹  ブログ写真 2017/01/26

このブログでも書きましたがターンオーバーによる濁りに対してのカラーのチョイスとしてブラックバックチャートを選らんでます。でも後半12月中旬ぐらいからはホットタイガーを使ってバラシましたが3本ほど1日で反応させることができました。

べつターン以外の濁りでも効くことは実証済みです。

亀山ダムの場合ですが水質がクリアーになるときって年間通して少なくやや濁り程度が多いです。

とくにリザーバーって天候や水位、水質って安定しているとは言えません。

僕のイメージですがリザーバーってナチュラル系の色をチョイスする方が多いと思います。

間違ってはいないですがその聞きに来たお客さんは僕がクランクで釣っていた12月にクランクで釣りをしナチュラル系のカラーを使ったそうですが反応は得れなかったそうです。

まあ釣っている場所の違いもあるかもしれませんがクランクで釣れているときに釣れないのはカラーではないのかと思います。(お客さんもHU-400を使っていたそうです)

釣り場について明らかにクリアーなときはチャート系ってあまり使いませんがクランクに限っては(今のところ)チャート系の色ってすごく大事でパイロット的なカラーとして使います。

リザーバーに行かれる方。

ボックスを開けてみてカラーの偏りは無いですか?

この冬って濁りも出やすくとれにくい時期です。

チャート系やキンクロなど濁り強いカラーをボックスに入れておくと良いと思いますよ。

またいろいろ質問されたことを後日紹介して僕なりの考えを書きたいと思います。
HU-400

URL