岩田健司HIDEUP Blog

今が旬なHU-70&HU-150

2016-10-19 07:16:39

岩田の使い方。

 

HU-70は何処でも使います!

僕の中では魚を誘き寄せる能力が非常に高いシャロークランクベイト。

一番の出し所はゴロタ石やリップラップなどの固いストラクチャー

リップを擦りながら障害物をクリアし不規則に動くアクションは絶品!!

リーズ周りや浮き草等のエッジも有効。

障害物回避能力が高いので思っている以上に引っ掛からずに引けます。

潜行深度は70cm前後ですがウィードがあれば2mや3mでも使います。

水深3mでもウィードトップが1mや1.5mなら残りの水深も1.5~2mなのでその程度の水深なら魚を浮上させる事が可能。

 

hideup 岩田健司 ブログ写真 2016/10/19

 

 

HU-150はボディサイズはHU-70と同じでリップの長さだけが違います。

水深1.5m前後のHU-70ではボトムに届かないゴロタ石やリップラップなどの固いストラクチャー。

狙う水深が違うだけで使い方はほぼ同じです。

hideup 岩田健司 ブログ写真 2016/10/19

 

今、琵琶湖のシャローエリアで巻いていればサイズ関係なく手堅く魚を触れるはずです。

僕の場合カラーはガングレープを信頼しているので天候や水の色関係なく使っています。

実際に釣れているので問題なし(笑)

hideup 岩田健司 ブログ写真 2016/10/19

 

 

カラーを気にするならクローム系、チャート系、ナチュラル系と各色揃っています。

自信のあるカラーを選んでいただければ間違いないと思います。

hideup 岩田健司 ブログ写真 2016/10/19

頑張って巻いてくださいね!!

HU-150HU-70

URL