岩田健司HIDEUP Blog

明日は湖上へ!!

2017-03-05 02:11:40

僕的にこの時期のシャローは一番難しいと思っています。

食い気のある魚とそうでない魚がハッキリと分かれている。

食い気のある魚はガッツリと丸呑みで喰ってくれるのですが、そうでない魚はショートバイトで終わり。。。

しかもこの時期だけにシャローに上がって来た魚のコンディションが抜群の3kgフィッシュだったりする事もある。

そんな気難しい魚をキャッチするにはタックル選びが難しいです。

いつも使っている硬めのロッドではバイトを弾いてしまって全くノセられない。。。

ノセれたとしても皮一枚でファイト中にフックアウト。。。

先週の3バイトがまさにそうでした。

でも普通のクランクロッドだとオープンウォーターならまだ走られても平気ですが、シャローのカバークランクでは魚にパワー負けしてストラクチャーに巻かれてラインブレイクが目に見えてます。。。

理想はノリ重視のティップにしっかりと魚のツッコミを抑える事の出来るバットを持ったブランクスが必要になってきます。

そんな時にあったら助かる硬めのグラスロッド。

デメリットはキャスト精度が落ちるってのがあるんだけどまだマシなタイプです。

明日はラインもフロロ14ldから12ldへ落としてグラスロッドで挑んできます!!

hideup 岩田健司 ブログ写真 2017/03/05

 

 

 

そしてヘビーカバーの中にもモンスタークラスが必ず入っているはずです!

2年前に67㎝5800gをキャッチした経験があるだけに気を抜けません!!

いい報告が出来るように頑張ってきます♪

hideup 岩田健司 ブログ写真 2017/03/05

 

URL