岩田健司HIDEUP Blog

カバークランキング その1

2013-04-06 19:46:32

前回、報告したHU-70を使用した真珠棚でのカバークランキングの使い方を紹介したいと思います。

 

hideup 岩田健司 ブログ写真 2013/04/06

HIDEUP HU-70 【#07クローダット】

 

バスはストラクチャーに対してタイトに着く習性があります。

特にプレッシャーが強かったり、濁りの入った場合なんかはその傾向が強いと言われています。

通常、真珠棚は縦ストとして思われがちでジグやテキサスのピッチングで狙う方法が多いと思います。

しかし、それでは口を使わない時もあります。

そんな時に効率良く狙っていくには横のラインで巻いたほうが効率イイ場合があります。

 

実際、今年に入ってから真珠棚に関しては縦ストの釣りでは反応が薄く横ストで僕はイイ結果を得ていました。

真珠棚は木杭、ポール、H鋼などを組んだ無数の「棒」と言う『カバー』から成り立っています。

 

hideup 岩田健司 ブログ写真 2013/04/06

それを効率良く1本1本の「棒」をリップやボディでノックしてバランスを崩しヒラを打たせリアクションバイトを誘発するコトの出来るクランクベイトならではの横スト攻略法です!

それを実践したのが前回のHU-70によるカバークランキングです。

 

きっと、『カバーでクランクなんか巻いたら引っかかるやん。』と思いますよね!

それが意外に引っかからないんです。

hideup 岩田健司 ブログ写真 2013/04/06

 

それはHU-70の小さいながらも高い浮力と考え抜かれたリップとボディバランスによる障害物回避能力のおかげなんです!!

巻いていて引っかかったら必ず止める!

そうすれば浮くことによって障害物から離れます♪

この一連の動きがロストしない秘訣でもあります。

 

hideup 岩田健司 ブログ写真 2013/04/06

しかし、この『止めて浮かす』はHIDEUPクランクのお家芸であるライザーテクニックでもあります♪

なぜなら浮かせるときにイレギュラーな動きを出すボディ設計のためにこの時に喰ってくる事も多いのです!!

 

カバークランキング そのへ続く。。。

 

HU-70

URL