岩田健司HIDEUP Blog

おぉ~っと♪

2014-01-31 23:12:16

こんばんは、がんです(^^♪

 

 

今日もいつも通り仕事帰りのチョイ投げに行って来ました。

でも、初めに入ったエリアがイマイチな空気が流れてたのでスグに移動!!

良さげなポイントを探しながらウロウロ!

 

 

 

あ~ぁっ!!

 

 

 

 

ココがあがあったんやー!!

 

 

 

 

すっかり忘れてましたこのエリア!

 

hideup 岩田健司 ブログ写真 2014/01/31 

 

 

 

 

 

急いでリグり直し♪

 

 

 

 

 

よし!出来た!!

 

 

 

 

 

 

頭でっかちでアンバランスなブサイクなリグでしょ(笑)

 

 

 

 

でも、コイツじゃないとダメなんですよ♪

hideup 岩田健司 ブログ写真 2014/01/31

 

なぜならココは陸っぱりパンチングポイントなんです!!

 

 

 

見ての通りのマットカバーです。

 

 

 

 

陸ッパリの安全な足場から狙える立派なカバーポイントなんです!

 

 

 

hideup 岩田健司 ブログ写真 2014/01/31

 

今からこのスタッガーワイド2.7を使って、カバーの中をウロつく動きの鈍いコギルを演出します。

 

 

密度が薄い今から春までは陸ッパリでも釣る事は可能だけど緑と密度が濃くなったら僕は自粛します。

 

hideup 岩田健司 ブログ写真 2014/01/31

今はスカスカなんで1/2ozでも楽勝で入る!

ゆっくりすり抜けさせて天上で誘う♪

コレが俺のスタイル (v゜▽^)

 

まぁーバイトなんかまず無いでしょう(笑)

でも、久しぶりのパンチングが楽しい♪

 

スルスルと入れては誘い、ステイ!の一連動作を何度も繰り返す!

目に見える限りではドコも同じに見えるんだけど、マットの下は厚みがあったり薄かったり、

水深が浅かったり深かったり、底が泥質だったりハードボトムだったり色々違うんですよねー♪

シンカー、ライン、ロッド、腕と順に伝わってくる振動を自分なりに分析して答えを出していく。

そうしてバイトを誘いながら1級スポットを探して行くんです。

人間魚探ですね(笑)

 

片手でブログ用の写真撮ってたら『コンッ!』て(≧∇≦)b

ビックリしてフッキングなんて出来るはずも無い(笑)

ただ、ニヤけてめちゃ嬉しかった!!

今年初めての明らかな生命反応がカバーやなんて♪

頭ん中は何やったんやろ?

バスやったんかなぁ?

もしかして鯉?

いや、バスでしょ~(≧∇≦)b

みたいなコトを1人ニヤニヤ妄想しながら楽しんでました。

 

でも、その後は全く反応なかったですけどね。。。

 

さっき、自粛してるって言った話に戻りますが、僕の言う密度が濃い目安はだいたい1oz以上のシンカーを使わないとカバーを貫通してくれない場合です。

自粛する理由はバスを掛けたとしても密度が濃すぎてカバーの中でスタックしてしまったバスををキャッチ出来ずに最悪の結末になる可能性があるからです。

わかりやすく言うとカバーの中からバスを引き抜けない。バスの体が通れる穴が無い事があるから。

どんな丈夫なロッドや太いPE使っても出ない時は出ない。

もし強引に引き抜けたとしてもバスの体の方がモロイです。

ライトリグみたいに唇の身切れ程度で済めばいいかもしれませんが、この釣りはガッツリフックアップしてる事が多いです。

どうなるかわかりますよね。

ボートだと近くまで行って手を突っ込んで絡まったバスを引き抜く事が出来るのですが、陸ッパリではそれが出来ません。

そう言った理由から僕は自粛してます。

 

 

 

今のカバーはスカスカ状態ですが、バスは必ず入ってる!

どうやって喰わせるかですね♪

ちょっと真剣にやってみようかなぁ~(o^^o)♪

stagger_wide_2.7

URL