岩田健司HIDEUP Blog

ワイド3.3=コギル

2014-06-30 23:50:54

 

hideup 岩田健司 ブログ写真 2014/06/30

ウィニングルアー

ワイド3.3インチのリグのセッティング紹介です♪

 

 

みなさんはもう手に取ってご覧になられましたか?

まだの方は見て頂けたらわかると思いますが、ちょうどいいサイズなんですよ!

hideup 岩田健司 ブログ写真 2014/06/30

スタッガーワイド 3.3インチ

 

この、コギルに!!

hideup 岩田健司 ブログ写真 2014/06/30

画像が別々で少しわかりにくいかも知れませんがほぼ同じ大きさのシルエットです。

今回はそのコギルをイメージしてフリップしてました♪

 

 

hideup 岩田健司 ブログ写真 2014/06/30

ダイワ スカパンシンカー1.5oz(スカート自作)

Fina FPPストレートフック 5/0

コレが今回の『掛ける』セッティングです。

 

 

hideup 岩田健司 ブログ写真 2014/06/30

右から3/0、4/0、5/0。

フリップでは無いスタイルだと3.3インチなので通常なら3/0(右)でいいんです。

 

 

hideup 岩田健司 ブログ写真 2014/06/30

でも、厚みがあるので4/0(中)がベストかな♪

 

 

hideup 岩田健司 ブログ写真 2014/06/30

 

でも、『獲るため』にギリギリの5/0にしました。

フックが刺さっている場所を見たらだいたいわかるでしょ!!

喰いきらない甘噛みをフックアップに持ち込むための限界ギリギリセッティング(笑)

 

 

 

hideup 岩田健司 ブログ写真 2014/06/30

テールの根元!!

喰いが浅くても絶対に掛けてやるって意気込みです(笑)

ある意味、両刃の刃セッティングとも言えます!

と、言うのは身が薄い部分なのでマットへの出入り時の抵抗やキャスティング時の衝撃でフックポイントが出やすいってデメリットがあるんです。。。

でもその部分はテクニックでカバーしてなんとか魚を獲った感じです!( ̄∇  ̄)v

 

魚の状況に合わせてセッティングを変えるのは大切なことです。

テクニックでカバー出来ない部分は道具にカバーしてもらい、道具でカバーできない部分はテクニックでカバーする!!

その時、その時の魚の状態をいち早く察知してアジャストさせる。

そうすることによって周りの人よりも、1匹でも多くキャッチ出来ると思います。

バイトがあるだけでノラないとか、テールが根元から切られる時には是非お試しくださいね!!

 

hideup 岩田健司 ブログ写真 2014/06/30

 

次回はなんでカバーにスタッガーワイドなのか?をお話します♪

stagger_wide_3.3

URL