岩田健司HIDEUP Blog

なぜワイドなのか??

2014-07-04 23:31:41

今から話すコトは僕の今までの経験上からの持論です。

なのでもし、間違っててもご了承ください。

hideup 岩田健司 ブログ写真 2014/07/04

このコギルは外敵から身を守るために蔓葦が複雑に絡み合ったマットの中に身を潜めています。

人間界で言えば、子供が公園のジャングルジムの中にいるような感じですね!

大人が捕まえようと思っても簡単には捕まえられない!!

小さな生き物達のパラダイスで安全な揺り篭

食べる物も豊富でマットに寄って来た羽虫や昆虫を捕食しながら大きくなっていきます。

hideup 岩田健司 ブログ写真 2014/07/04

でも、少しでも油断したら、上からは鳥、下からは魚が狙ってます。

シラサギがマットの上でよくついばんで喰ってるのもこのサイズが多いですね。

ブルーギルはマットで一番、簡単に捕食しやすく豊富なベイトだと思います。

hideup 岩田健司 ブログ写真 2014/07/04

カバーで釣ったバスをライブウェルに入れておくとザリガニを吐いてるコトが多いです。

それを見た釣り人は、カバーの魚はザリばっかり喰ってるって思うんですよね!

でも、あれってよく見たら甲羅だけで身は消化されていて無くなってます。

硬くて消化されにくい甲羅だけ吐いてるんです

稀に喰いたてのザリもいますがほぼ甲羅だけですね!

 

 

甲羅は硬くて体内で消化できないから、吐いて捨てる。

魚は消化しやすいから吐く事が少ない。

吐いたのが人の目で確認出来るからザリガニは目立ってしまう。

きっと、ただそれだけです。

 

僕の考えではザリガニよりギルや小魚を捕食している方が多い!

もちろん、ザリガニが好きなバスもいますし、エリアによってザリガニのほうが豊富な場合もあります。

でも、食べやすいブルーギルを捕食しているバスのほうがはるかに多いと思います。

その食べやすい、シルエットの似たちょうどイイ大きさでカバーをすり抜けてくれるワイド3.3インチ!

釣れないわけがないでしょ (v^ー゜)

hideup 岩田健司 ブログ写真 2014/07/04

ワイド3.3インチはスゴ~~~い可能性を秘めたワームです。

これからジワジワとその威力が伝わっていくと思います♪

タックルボックスからハズせないワーム!

それはスタッガーワイド3.3インチです!!

 

stagger_wide_3.3

URL