岩田健司HIDEUP Blog

キャスティングの重要性・・1

2015-07-09 07:06:12

僕がHU-70を使ううえで特に気を付けているコト。

それは『キャスティングアキュラシー=正確さ、精度』です。

これは基本中の基本でもあり一番大切なテクニックだと思います。

ルアーを正確にそのスポットに着水させる事によって釣果につながる!

そんな風な事を何かで目にしたガキの頃にすごく練習した記憶があります。

 

hideup 岩田健司 ブログ写真 2015/07/09

バケツに入れる練習なんかは誰でも1度はやった事があると思います。

それが少しずつ難易度を上げるためにバケツから缶詰の缶になって行きました!

きれいに入った時の「カコッ!」って音が最高に気持ち良かったなぁ~♪ 

家のすぐ隣に公園だった事もあって毎日夜にやってましたね~♪

公園は僕にはキャスティングが上達する道場でした!!

鉄棒や滑り台、ブランコなど障害物となる遊具が沢山あります。

遊具の足足をストラクチャーに見立てて足元に缶を置いて足に当てないように缶へ入れる。

初めは2~3mのピッチィングから初めて成功率が上がるにつれて少しずつ距離を離していく。

最終的には15~20m程離してやってましたね♪

この頃にメカニカルブレーキやマグネットの調整にも興味を持ちました!

エスカレートして自転車を置いてタイヤとタイヤの間、ペダルの下を通過させてその後ろの缶に入れるみたいな(笑)

今思えばハングオフした奥を狙ってましたね!

キャスティング練習もすぐ近くの堤防の街灯の下で練習してました!

成功して難易度を上げて行くのがめっちゃ楽しかったのを覚えています!

風の強い日は難しかったのでホント楽しかった!

そのお陰もあってキャスティングアキュラシーには自信があります。

某イベントで3キャスト500円で命中したら色んなルアーを貰えるブースがあって、

全べて命中して、500円3回目の時に「コレを最後に勘弁してください。」って断られました(笑)

色んな意味で今ではスゴく役に立っていると思います。

hideup 岩田健司 ブログ写真 2015/07/09

こういった真珠棚のようなストラクチャーなんかは誰でも目に見えて狙いやすいマンメイドストラクチャーです。

誰でも叩くのでいつもハイプレッシャーになってますね。

でも簡単に喰わないだけでバスはしっかり着いてます。

 

続きは次回。。。

 

HU-70

URL