岩田健司HIDEUP Blog

ウィードマット

2015-08-25 03:34:40

この時期の琵琶湖には夏の風物詩とも言えるウィードマットがそこらじゅうに点在する。

車1台分の小さなマットから野球球場級の広大なマットまで様々です。

このマットはコカナダ藻が成長し過ぎて水面に出てしまったものや、切れて流れて来たコカナダ藻がエビ藻や背の高いウィードに引っ掛かって成型されたモノがほとんどです。

なので増水と強風で一瞬にして変化する事があります。

hideup 岩田健司 ブログ写真 2015/08/25

 

先日の試合もそれで悩まされました。

プラではイイ魚が溜まるウィードマットでしたが小規模だったので強風で流されて変化し更に小さくなって留守に。。。

そんな事もあろうかと数か所チェックしてたのですが、逆に小さかったのが大きくなってたりでどれもパワーダウンしていました。

風や水位、ボートの往来や通行で簡単に変化するのはウィードマットの特徴でもあります。

でも、安定していれば魚をストックするパワーも強烈です!!

そんなウィードマットのコトを『マジカルマット』と呼ばれています♪

抜いても抜いても後から魚が入ってくる夢のようなマットです(笑)

僕も今まで何度か見つけた事があります!

とは言ってもそう簡単にマジカルマットには出逢えないけどね。。。

hideup 岩田健司 ブログ写真 2015/08/25

 

でも、探すコトは出来ます。

条件を満たせばマジカルマットになる可能性はあるんです!

天候、水の流れ、風の向き、ベイトの有無、ボトムの質、ウィードマットの状態など様々な条件があります。

たとえマジカル級で無くてもそれらの条件を満たすなら魚をストックしているでしょう!

言いかえればそれなりの条件を満たさないと釣れませんよ!

沢山点在する広大なウィードマットを攻略するには観察力が重要!!

 

hideup 岩田健司 ブログ写真 2015/08/25

自分だけのマジカルマットを見つけてみませんか?!

 

stagger_wide_3.3stagger_wide_twintail_33

URL