岩田健司HIDEUP Blog

cblm【岩田式】

2016-05-14 05:57:40

それではcblmでもなかなか外れないひつこい場合に活躍する必殺技!!

cblmの最強版【岩田式】をご紹介します!

まずは柄にセットした状態のcblmをご用意ください。

hideup 岩田健司 ブログ写真 2016/05/14

 

 

そしてその柄の長さより50cmほど長い丈夫な細いロープをご用意してください。

アウトドアショップに行けば都合のいいロープが沢山販売されています。

5mm程度の太さが理想、末端はホツケないように溶かしておいてください。

hideup 岩田健司 ブログ写真 2016/05/14

 

 

 

そのロープをcblmのループになった部分に解けないようにしっかりと結びつけます。

hideup 岩田健司 ブログ写真 2016/05/14

 

 

そしてロープのもう一方の端を邪魔にならないように柄に巻き付けます。

hideup 岩田健司 ブログ写真 2016/05/14

 

 

こんな感じになったと思います。

hideup 岩田健司 ブログ写真 2016/05/14

cblm【岩田式】の完成!!

 

柄を伸ばします!

hideup 岩田健司 ブログ写真 2016/05/14

この状態で水中へライン伝いにルアーに辿り着いたらロープと一緒に引き上げます。

フックが折れたり、伸びたり、またはスプリットリングが伸びて回収出来ます。

引き上げる時はロープをメインに力を入れて柄は支え程度に引いてください。

これでメスネジからスッポ抜ける心配もありません!!

 

※注意事項※

剛性の低いウッド系のプラグに関してはボディが破損する恐れがありますのでご注意ください。。。

ワイヤーベイトの場合ワイヤーが変形します。

 

くれぐれも無理し過ぎないように注意してくださいね!!

今日も誰かの大切なルアーが無事に回収されることを願ってます♪

cblm

URL