岩田健司HIDEUP Blog

IT’S NEW !!

2016-05-31 23:07:02

お待たせしました!

スライドフォールジグ【5g】 ぼちぼち店頭に並びます!

カラーは全10色。

hideup 岩田健司 ブログ写真 2016/05/31

 

早速今日使ってみました♪

リグったのはワイド3.3インチ

hideup 岩田健司 ブログ写真 2016/05/31

 

ワイドツインテール3.3インチ

hideup 岩田健司 ブログ写真 2016/05/31

 

スタッガーオリジナル3インチ

hideup 岩田健司 ブログ写真 2016/05/31

 

5gとあってフィネスじゃないベイトでも簡単にキャスト出来ました!!

これなら僕のスタイルでも使えそうです(笑)

撃ちモノの幅が広がりました♪

 

スカートは好きなようにトリミングしてもらえるように長めで出荷してます。

でも、ブラシは切らないでね!

これからギルが高活性になる季節には必需品になりますよ~!!

slide_fall_jig

image

2016-05-31 06:47:03

イメージする。

どんな時にもイメージする事は大切だと思います。

 

このカバーの下はどうなっているのか?

この下にはどんな生き物がいるのか?

バスは今何を考えているのか?

hideup 岩田健司 ブログ写真 2016/05/31

 

 

色んな事を想像してイメージします。

 

 

シャローでも同じです。

10m先はどんな状況なのか?

バスやベイトはどのポジションにいるのか?

hideup 岩田健司 ブログ写真 2016/05/31

常に想像し自分なりのイメージでその時の状況にアジャストさせようとしています。

もちろん今までの経験値や考え方の違いでイメージする内容は人それぞれです。

正解か不正解かはバスが教えてくれます。

 

hideup 岩田健司 ブログ写真 2016/05/31

僕のフリップスタイルでのイメージには自然に従った法則があります。

簡単に言うと自然界で起こり得ないベイトの動きはしない。

例えば、一度空へ上げてから落下し貫通させるようなキャスト。

大きな着水音。など自然界ではありえない動きなので僕はやりません。

出来るだけ自然に近いベイトの動きを演出するようにしています。

その為に小魚やザリガニを飼って観察してイメージしやすくなった事もあります。

 

水中をイメージする。

 

簡単だけど奥深いです。

でも楽しいしハマった時は『やっぱりな!』みたいな感じのドヤ顔になってます(笑)

イメージを正確にする事で釣れる釣れないの差は大きいと思ってます。

イメージする材料はベイトを飼わなくても沢山あります。

画像や映像からでも沢山の情報を得ることが出来ます。

イメージを養うことで引き出しが増える。

そして釣果にも差が出る。

 

僕が昔から実践しているトレーニングです。

ビワコオープン 第2戦

2016-05-30 06:14:00

うっすらと朝もやの掛かった中スタート!

今回はからすまから約30艇参加!

これだけでも試合出来そうです♪

hideup 岩田健司 ブログ写真 2016/05/29

 

今日のメインはフリップ!

昨日のプラでクランクは見切りました!

と言うより見切るための確認をしました。

数は出るけどサイズが上がらないので試合に使うには不向きと判断。

 

プラでフリップしなかったのは無駄にプレッシャーを与えないように考慮しました。

でも立ち寄って周囲を見てカバーの状態はチェック済み。

メインエリアに決めていたカバーは回復系アフターが比較的に多いスポット。

数こそ少ないけどそこそこコンディションのいい状態の個体をストックしていました。

ここはカバーの状態が良くベイトが豊富なのでアフターが入ってきても回復が早い感じがします。

以前から騒がずにこっそり温めていたエリアですが超有名ポイント(笑)

 

到着してスグにキロアップをキャッチしたのですが最悪な事が発生。。。

エラのサイハ部分にフッキング。。。

ヤバイ大量の出血!!

先週の悪夢がよぎった。。。

ラインを切ってフックは抜かずにクリッパーで短くカット。

エリアを離れスグにケアに専念!!

血に染まったライブウェルの水を排水しつつフレッシュウォーターを外部循環で送り込む。

同時にダメージ回復剤のレジュベネイドを投入&傷口へ擦り込み!

浮き姿勢を安定させるためにフリップクリップ装着!

そして酸素発生装置のオキシゲネーターもON!

僕の装備で出来る事の全てを実践。

キャッチしてから約10分ほど経つけど明らかに弱ってきた。。。

とりあえずは様子を見ながらライブウェルをフレッシュな状態でキープ。

更に10分後、血も止まって弱っているながらも安定してエラが動いているので一安心。

外循からから内循へ切り替えてエリアに戻って釣り再開。

5分に1度ライブウェルをチェック。

泡が多かったり、水が悪いと思ったら排出。

濃度が薄くなったらレジュベネイドを追加。

少しずつ暴れたりし動き回り始めた!

とりあえずは最悪な状況を抜けた感じ。。。

実は先週も出血で2500gをデッドさせてしまってました。

バスには本当に申し訳なく思います。

僕的にはデッドさせることは競技者として最低だと思っています。

ある意味ではショッカーと同じ。

なので何としてでもデッドは避けたい!

持ち得る装備と知識で最善を尽くすようにしています。

キャッチしてから1時間ほど経過。

安定したようだったのでフリップクリップを外して回収。

でも安心は出来ないのでこまめにライブウェルを覗いて状態をチェックしていました。

 

その後、キロアップ追加。

 

そして喰い上げる強烈なバイトと同時にバットが曲がる!!

コレはデカイと思った瞬間にロケットジャンプ!!

デカイ丸太がカバーから飛び出した!!

hideup 岩田健司 ブログ写真 2016/05/29

デカイに間違いはなかったけど、久しぶりに見たモンスター雷魚!!

太さは丸太級でハチマルクラスはあったと思います。

何度も何度もロッドを絞り込むファイト!!

バスではなかなか味わえない半端ないパワー!!

周りのボートも何事?って感じで注目(笑)

hideup 岩田健司 ブログ写真 2016/05/29

しっかりガッツリフッキングしていたのでフックはクリッパーでカット。

元気に帰ってもらいました♪

 

その後も何度か移動や入り直しを繰り返してキロアップ追加。

ミスも含め5バイト3フィッシュでタイムアップ。

出血バスも元気に復活していてよかった!

ウェイトは最低ラインで目標にしていた4kgジャスト!

hideup 岩田健司 ブログ写真 2016/05/29

 

20位までには入れたかな?と思ってたらハイウェイト戦になってました!!

5kgあっても20位??

シングルは6kg台!!

お立ちは7kgって?うそでしょ(笑)

僕の4070gは35位でした。。。

恐るべし琵琶湖スペック!!

 

次戦は1か月後の6月26日も頑張りたいと思います!!

 

最後になりましたが、ビワコオープン運営関係者の皆様、スポンサー各社様、参加者の皆様。

僕をサポートして頂いている各スポンサー様、楽しい1日をありがとうございました。

そして、いつも応援して頂いている皆様、ありがとうございました!

stagger_original_35stagger_wide_3.3stagger_wide_twintail_33

HU-70で!!

2016-05-29 04:51:01

HU-70祭りか?!と思わせるほどボコボコ!

アベレージサイズは30前後でしたがたま~に1500g級のイイサイズが混ざったり(^^♪

hideup 岩田健司 ブログ写真 2016/05/29

サイズは小さいけどコンディションのイイ個体が多くてよくファイトして楽しませてくれました!

数は30はいったと思います♪

 

HU-70以外のクランクも使ってみたけど釣れます!

でも明らかにHU-70の方がバイト率は高いのもわかりました。

hideup 岩田健司 ブログ写真 2016/05/29

その理由は飛距離と小ぶりなサイズと安定した泳ぎがHU-70の強みだと思います!!

 

2mラインでパラパラとウィードの生えているようなエリアでウィードトップが1m前後でした!

リップラップも良かったです!

早巻きがコツ!!

引っ掛かったら止めて浮かせて外すライザーも効果的!!

 

引っ掛かって外れない時用にcblmは必需品ですよ!!

フックを伸ばして回収!!

今日も3回は助かりました♪

hideup 岩田健司 ブログ写真 2016/05/29

 

今日はビワコオープンです!!

ウェイトを伸ばすにはなかなか難しそうな状況ですが頑張ってきます!!

目標ウェイト4kg!!

行ってきま~す♪

HU-70cblm

SHALLOW COVER

2016-05-28 00:49:55

今月号のバサーに気を引く内容が!!

『SHALLOW COVER』

『カバーバカ』の一歩先へ。

hideup 岩田健司 ブログ写真 2016/05/28

コレはしっかり読まなあかんやろ!

って事で熟読♪

 

 

バスから目線。

hideup 岩田健司 ブログ写真 2016/05/28

すごく大事なコト!!

この言葉は僕がいつも頭に置いているコト。

常にバスの気持ちになっているつもりです!!

時にはザリガニの気持ちになったり、ベイトになったり。。。

僕のスタイルはいかに自然に習って自然を演出できるかです。

そうすることによって新しく見えてくる部分もあるんです。

っと言うより、そうしなければ見えない部分が多い。。。

シャローは浅いけど奥が深いです。。。

俺はカバーバカになれてるかなぁ~??

 

バサーには沢山のヒントも書いてますよ!!

でも、琵琶湖のヘビーカバーに匹敵するような記事は無かった。

それほど琵琶湖のシャローカバーは一筋縄では解けないって事でしょうね!

そんなカバーへ明日も行ってきます!!

 

日曜日は琵琶湖最大のトーナメント、ビワコオープン第2戦です。

プラクティス頑張ってきます!!!

スタッガーオリジナルノーシンカー

2016-05-26 03:51:19

 

昨日に紹介したノーシンカーの内容を詳しく書いてみました!

よかったら参考にどうぞ♪

 

スタッガーオリジナル5インチノーシンカー

hideup 岩田健司 ブログ写真 2016/05/26

ごく一般的なノーシンカーリグで引き波を立てながら水面直下をスイムさせます。

 

 

 

スタッガーオリジナル5インチテールカットチューン

hideup 岩田健司 ブログ写真 2016/05/26

テールが無くなって抵抗が無い分、シャープなアクションが可能になります。

軽くトゥイッチすることでジャークベイト的なスライドやダートを演出できます。

 

 

カットの方法は一番細くなっている部分を斜め上にカットするのがベストです!

hideup 岩田健司 ブログ写真 2016/05/26

 

 

スタッガーオリジナルボイル撃ちチューン

hideup 岩田健司 ブログ写真 2016/05/26

ボイルが起こっている時や表層の意識が高い時、より水面へ浮き上がらせたい時のセッティング。

オフセットフックを2度目に挿す場所を通常より一節後にする事でボディにたわみが出て反れた感じになります。

これで更に浮き上がりやすいアクションになります。

強めにトゥイッチすると逃げ惑うベイトが水面へ飛び出すような演出も可能。

 

 

ここでは5インチをメインにご説明していますが、スタッガーオリジナルであれば何インチにでも同じ効果が可能です。

フックのウェイトを変えるだけでアクションも変わります。

色々試して自分なりのセッティングを楽しんでくださいね♪

stagger_original_4stagger_original_5stagger_original_6

そろそろトップも?!

2016-05-25 04:01:08

毎日暑い日が続いてますね~!

まだ梅雨に入ってないのにこの暑さ。。。

 

日中は特に熱中症に気を付けてくださいね!

あまりにも暑いので先週今シーズン初のフロッグ投げました!

そしたら反応ありまくり!!

でも、ノルまでには至りませんでした。。。

hideup 岩田健司 ブログ写真 2016/05/25

 

フロッグに出たと言うコトは、このリグの出番でもあります♪

スタッガーが一番得意とするスイムベイト表層スタイル!!

スタッガーノーシンカー!!

5インチ、6インチが主流ですね!

hideup 岩田健司 ブログ写真 2016/05/25

 

僕は極力ウィードに邪魔されたくないのでゲーリーさんのグラブガードを付けます。

hideup 岩田健司 ブログ写真 2016/05/25

 

そして反応がイマイチな場合はテールをカットします。

ジャークベイトに早変わり!!

STOP&GOでメリハリ付けて使う場合もありますよ!!

hideup 岩田健司 ブログ写真 2016/05/25

このテールカットは意外に優秀なんです!!

ボイル撃ちにも最適!!

ジグヘッド付けてダート系にもGOOD!!

シーバスのワインドにも活躍したリグです!!

少しの工夫で色々な状況にアジャスト出来るスタッガーは必需品ですよ~!!

皆さんもいろいろお試しください!!

 

stagger_original_5stagger_original_6