森悟司HIDEUP Blog

ワイドの季節。到来!!! スライドフォールジグ5g&7g(^^)

2016-07-17 17:11:34

今年は南湖にアユが大量に入ってました…

 

こんなタイミングで大量のアユが入ってくる事は僕の経験にもないほど。

 

 

郷に行っては郷に従え…

そんな状況ではワッパーでフィーバーしてました(汗)

 

hideup 森悟司 ブログ写真 2016/07/17

ワッパーお色気ムンムン作戦で入れ食いを堪能してもらってました。

 

 

 

アユの存在がワイドへの反応を鈍らす要因になっていたんですね…

 

 

 

この時期、本来ならアユ→ギルへとバスがメインとして捕食するベイトが完全に移行して、メインベイトがギルに変わるタイミングでワイド爆発〜になるわけです。

 

 

しかしアユの大量発生により、ギルメインに中々なりきらない…のが今までの状況で、ワイドへの反応が鈍かったといった感じでした。

 

 

 

が!!しかし!!

漸くアユが姿を消し始めました!!!

 

 

という事は…ワイドが爆発するタイミングが漸く訪れたという事です(^^)

 

 

今までワイドを喰いたくても、アユに邪魔されて仕方なく喰ってた奴らが、一気にギル食い=ワイド喰いに変わります…

 

 

ワイドが異常な程、爆発する予感です!!!

 

 

 

今年はワイドの強力なパートナー

”スライドフォールジグ 5&7g”がある!!

hideup 森悟司 ブログ写真 2016/07/17

 

 

7gがスライドフォールジグの代名詞なのは間違いないんですが…5gと使い分けする事で…もっと爆発しちゃうんです(^^)

 

 

ウィードフラットでは、できるだけゆっくりワイドとスライドフォールジグの自発的なスパイラルフォールで誘う為、5gをゆっくり見せてやる訳です。

(↑僕はウィードフラットでの使用頻度が高いので、一番使うのは5gです!!!)

 

ウィードフラットにおいては ”スライドフォールジグのスパイラルフォールをできるだけ沢山見せてやる” これがウィードフラットで5gを使う理由です。

 

 

 

エビ藻だったり、縦のストラクチャーを狙う場合は7g!

 

これは…短い距離(水深)で早いピッチのスパイラルフォールで反応させるのと、スパイラルフォール途中にエビ藻に当たると軌道が変わり不規則なフォールをするのですが、軌道が変わるスピードにキモがあったりします(^^)

 

この軌道変化時のスピードこそが、喰うタイミング!

 

この動きを出す為に…エビ藻等の縦スト絡みでは7gが絶対なんです!! (7gではスタック回避後のスピードも超〜喰うタイミングです)

 

 

上記が僕的なスライドフォールジグの5g&7gのマル秘な使い分けです。

 

 

まとめますと…

ウィードフラット=5g

エビ藻=7g

 

上記で狙っているエリアの状況により使い分けしてみて下さい。

 

 

 

 

待ってましたよ、、、ワイドな季節!!

hideup 森悟司 ブログ写真 2016/07/17

 

 

既にスライドフォールジグ5g&7gは在庫が枯渇状況な模様…

 

 

僕的には…5gとワイドのコンビが(^^)

 

 

この夏は、スライドフォールジグ5g&7gがないと話になりません!!

 

 

落として…

解して…

ステイで…ドンッッ!!!

 

 

 

ワイド&スライドフォールジグのゴールデンコンビで、夏の琵琶湖をご堪能下さい(^^)

slide_fall_jigstagger_wide_4stagger_wide_twintail_4

URL