室町雄一郎HIDEUP Blog

JBマスターズ初戦、終了

2017-03-24 09:27:32

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2017/03/24

JBマスターズ初戦の河口湖が終了しました。。。

既にご存知かもしれませんが、JBマスターズの出場者は120名。その中で魚を持ち込む事が出来たのは2日間で僅かに9名と過去稀に見るタフコンディションでした。

年間レースを争う上でも絶対に外すことは出来ない初戦だけにプリプラクティスも敢行。気合はバッチリでしたが、トーナメントで魚を手にする事は出来ず年間レース争いは早くも脱落。。。厳しい現実を突きつけられました。プラスに考えるとすれば、残りの試合は守る事なく常に攻めていける事でしょうか!笑  全力で一勝を狙って行こうと思います!

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2017/03/24

今大会はハードベイト使用の割合が多めでした。

ややシャローレンジのハードボトムやウィードにあてるジャークベイトの釣りにはMACCA610MH。

HU300のタングステンシートでサスペンドチューンをしたり、バイブレーションプラグなど投げて巻く動作が多い釣りにはMACCA71M+

ハイピッチなアクションのロングビルミノーをパンプリトリーブで溶岩に当てる釣りには操作感重視で短めのMACCA67MST

ハードベイトで使用したタックルはこんな感じでしょうか。スピニングタックルに関してもまたご紹介させて頂きます。

さてさて、くよくよしてても前に進みません!次のトーナメントは三重県三瀬谷ダム!エレキオンリーの湖です。まずはボートのセッティングを急ピッチで進めていきますよ!がんばろー♪

マスターズ河口湖プリプラクティス

2017-03-12 22:20:28

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2017/03/12

JBマスターズトーナメントのプリプラクティスを敢行するため河口湖へ!

朝の気温はマイナス6度。寒すぎてボートのデッキが凍ってしまい開かない!トレーラーのバンクからボートが離れない!なんて事があったりと、まあまあ不安がイッパイなこの時期の河口湖。最悪は船外機の冷却水取り込み口が凍ってしまい、水が取り込めずにオーバーヒートでエンジンブロー・・・なんて事もあるのでご注意を。

河口湖はワーム禁止の湖、、、

そのワームの代替え品として存在するのがポークワームというルアー

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2017/03/12

このポークワームは製品によってバラツキが激しく、キャスト時やストラクチャーのハングオフで身切れがしやすいのでストレスに感じる事もしばしば。河口湖はこのポークワームといかにして仲良くなるか、、、というのがひとつの課題でもあります。

上の写真はhideupアミストッパーを使用したもの。河口湖に来るとアミストッパーの使用頻度がグッと上がります!ワッキーリグの使用にはゴムリングでもバッチリ。しかしマスバリチョン掛けでスイミング的な使用をする際は、リングが使用できないためアミストッパーがとても有効的に使えます。

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2017/03/12

ジグヘッドは樹脂タングステンで出来ているワームキーパーをプライヤーで砕いてポークワームをセットした後、テキサスリグに使用するシンカーストッパーを使ってしっかりホールド!モノガードが不要な方はリューギのベスパなどのワイヤーキーパーが採用されているジグヘッドを使えばポークワームがズレにくいと思いますよ!

試合まではもう少し時間があるのでタックルセッティングやタクティクス等、しっかり煮詰めて自分らしい釣りで戦える体制を整えます。

amistopper

新製品情報!

2017-03-07 00:51:29

近々に発売予定のスタッガー2インチ&2.5インチ!

最大サイズが7インチまでラインナップされているスタッガーシリーズにとうとうこのサイズが発売されることになりました♪

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2017/03/07

上からスタッガー2インチ

下がスタッガー2.5インチ

マテリアルはノンソルトでハリ持ちは抜群!

実は昨年のJBTOP50桧原湖戦で使えるようにと吉田さんから数本だけサンプルを頂いていました。

(昨年にFECO認定取得済み商品です)

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2017/03/07

サイズ感がイマイチ掴みづらいと思うので

上からスタッガー2インチ

真ん中がスタッガー2.5インチ

下がスタッガー3インチ

全国をトレイルをする僕としては、桧原湖や野尻湖には2インチがベストマッチだと感じます。マイクロサイズのマスバリをや細軸のオフセットフックを使用したライトキャロやダウンショットリグ。

そして2.5インチは霞ヶ浦のオカッパリでの「リアクションダウンショット」にこっそりとヘビーローテションしていました・・・。

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2017/03/07

(写真はスタッガー3インチのリアクションダウンショットで霞ヶ浦)

2.5インチのリアクションダウンショットにのみに焦点を当てて言えば、、、

リアクションダウンショットに求められるのは

アクションのキレ

サカナに気がついてもらえる、寄せてくる事が出来る最低限のアピール

パーツが多すぎるワームだとアクションのキレを作るためシンカーを重くしないといけない。でもこれが根掛かりの原因を作ったり・・・

シンプル過ぎるワームだとサカナを寄せてこれない。

まさにシャッドテールワームってサカナを寄せてこれるアピール力とアクションのキレを両立させたジャンルのワームだと僕は思っています♪

そんなシャッドテールのなかでもスタッガー2.5インチは、ノンソルトマテリアルなのでテトラや杭にルアーを絡めた際、ワームがフックからズレにくかったのでアプローチがとてもし易く感じましたよ!

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2017/03/07

僕がリアクションダウンショットをスタッガー2.5インチで使用する際のタックルは以下

・MACCA 66MLST

・SS AIR8.1またはアルファスエア7.2

・STZフロロ8〜10lb

・スリムタイプのDSシンカー3.5〜5g

こんな感じです!

このタックルであればHUシャッド60SPや5g前後のメタルバイブレーション、スモラバも扱う事が出来るため、冬のオカッパリバスフィッシングには絶対に必要なタックルでありNO1の汎用性を兼ね備えなているタックルになっています!

正確な発売日がわかり次第、また告知を致します!FECO認定ルアーでもあるので是非、トーナメンターの方にも使って頂けたらと思います^ ^

stagger_original_2

3/3 印旛沼

2017-03-04 11:39:43

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2017/03/04

午前中は車関係でちょっと車屋さんで。

いや、買いませんけどね!

今年も乗り続ける愛車のプラドの修理点検の見積もりをという事で。トーナメントトレイルが始まるまでにバッチリと態勢を整えておきます。

で、気合い入れて午後3時から1時間だけ印旛沼!

気温もグングン上昇、風は凪から夕方にかけてやや強め!風の吹きだしたタイミングのウインディサイドで

ピュッと投げてグリグリ巻いて、ドンッ!

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2017/03/04

これぞ春の印旛沼クオリティ!

この痺れる1匹のために沼に通い続ける!

初バスがまだ釣れていないと嘆いていらっしゃったのでナイスアシストしちゃいましたね♪

ちょっと前のオカッパリ釣行でHUラオラで釣れた場所にてスピナーベイトで釣れましたよ!硬いボトムに当てて抜けてきたところでひったくるようなバイトだったとのこと。

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2017/03/04

北風が吹いても水温は12度をキープ。バイト何度か取れたのでようやく春らしくなってきました、印旛沼!クオリティフィッシュを釣るなら今がチャンス♪毎日釣りがした〜い!

2/27印旛沼

2017-03-01 02:53:18

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2017/03/01

またもや地元印旛沼へ出撃

この時期の印旛沼のエリアセレクトは見た目の生命感がとても大事。魚が入り込んでいて揺れ動くアシ、またシャローに差してきたバスやヘラを狙った鵜やサギの存在も、魚の有無を知らせてくれる大事な要素。

しかしこの日は北風がとても冷たくシャローには生命感なし。。。最近は三寒四温の「寒」の日に当たる事がほんと多いなぁ!

この日はどれだけ寒かったかというと、、、

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2017/03/01

久々にHUネックウォーマーを装着する程に寒かった〜!首から顔全体を、冷たい風からガードしてくれるネックウォーマーのお陰でなんとか集中して釣りをする事が出来ましたよ。同船者の方は、、、終始寒そうでしたね笑 最近は暖かくなってきたとはいえ、まだまだ防寒対策はしておかないと!侮れませんよ!

マッディシャローの沼は依然として厳しい状況が続いていますが、暖かい日が続くと水温が上がるのも早いんです。状況変化を見逃さないためにもしっかりフィールドへ通うことは春の豚バスを釣るための第一歩♪ まだまだ諦める事なくデカイのを狙っていきます!

愛着があるルアー

2017-02-23 23:09:24

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2017/02/23

ガリッガリに使い込んでるルアーって愛着出てきますね!このラオラはもう何年選手かなー(*´-`)

着水してからのフォールスピードがルアーウエイトの割に遅い設計なので、シャローレンジを狙う際にも着底時の根掛かりロストを恐れずに攻める事が出来ますね!

そろそろフックの先が甘くなってきたのでフックを交換しようかな!ラオラはルアーのおでこ部分がストラクチャーを回避してくれるので、案外根掛かりしにくいバイブレーションプラグなんです♪

ルアーに穴が空くまでまだまだ使うぜ!

laora

ラオラ、オラオラで巻く印旛沼

2017-02-20 23:20:57

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2017/02/20

ようやく長い冬を抜けたような、、、釣れると分かっている水路系サイトフィッシングを年始に封印して、ようやく本湖絡みのさかなを手にする事が出来ました〜!

日中の気温が高く風も暴風と言える程に荒れていたためか、さかなのポジションにも変化が?比較的浅めのボトムが硬いエリアにいましたね。

水深数10センチを引いてくるため、ルアーが着水した直後に巻き始めないと根掛かりの原因となってしまう場所でしたが、ラオラはスーッと落ちてくれるのでシャローが引きやすい。実はお気に入りのルアーのひとつなんですよね!HUクランクと同様、国産プラグではあまり見かけないクローム系のカラーを採用している所も好きだったり。

もう少しすると

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2017/02/20

シャローフラットにデカイの差してきます。

昨年はスタッガー4インチのテキサス巻き巻きでしたね!

引き続きシャローのデカイの狙って行きますよ!