室町雄一郎HIDEUP Blog

アフターシーズン高滝湖

2017-05-16 23:23:20

今回はいつもの印旛沼を離れて高滝湖へ!

同船して頂いたのはいつもありがとうございますのKさん。釣り場でお会いするのは初めてでしたねー!

朝イチはローライト、無風だったのでこれはイケるかと表層からのアプローチ。表層まではなかなか魚が浮いてこないコンディション。いないわけないんだけどなー、って感じでジグヘッドワッキーを縦ストフォールのフォローで一発♪

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2017/05/16

浮かせて食わせられない浮いてる魚はノーシンカー&ジグヘッドワッキーのフォローで!やること単純で沈めて食わせるだけなんですが、このフォールスピード次第で食うか食わないか。魚がルアーを追いきれないコンディションであるほどハッキリでます。

この日の予定はドアフターの魚を本湖のオダ周りでスモラバ、ジグヘッドワッキー、ネコリグとライトリグ展開で数を稼ぐ作戦!スポーンを終えたばかりの魚は積極的にエサを追えないので、ゆっくり丁寧に。オダ周りに潜んでいるエビザリを捕食しているバスをターゲットに。

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2017/05/16

ダイレクションジグ&スタッガーワイド2.7フィッシュ!今回はスタッガーワイドに組み合わせるジグはスライドフォールジグではなく、ダイレクションジグ。実はこの2つ、使い分けてます。この使い分けはまたの機会に・・・

オダに絡めてモゾモゾ〜って感じにルアーを動かして、、、ピューっとラインが走ってくー

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2017/05/16

アプローチするオダは水深数10cmから数mまでと様々。浅いレンジには浮いてるオダやアシもあり、その向こう側にアプローチをする事もあります。

軽いリグをカバーの向こう側にキャストをして引っ張り上げる!関東ではボートから決して外すの事はないベイトフィネスのアプローチ。

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2017/05/16

タックルは

ロッド:MACCA 66MLST

リール:SSAIR8.1

ライン:STZモンスターフロロ8lb

信頼のタックルです

ここで僕からひとつ!MACCA66MLSTでバイトを感じてからフッキングの動作をする際に意識して欲しい事をお伝えします。

それはフッキングのモーションを大きめにとること。ロッドを思いっきり曲げる事を意識してみてください。カバーから魚がすぐに浮いてきます、魚がバレにくくなります!MACCAは曲がるロッドです。66MLSTをお持ちの方は是非、試してみて欲しいと思います。

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2017/05/16

Kさんは!

写真コレだけ!

ですが、その後オダ絡みをスモラバで良型ゲット!最後はバンクにてノーシンカーでこれまた良型をゲットとしっかり締める事が出来たかな?!

南風の爆風予報だったので、これは本湖で数釣りモードイケるかー?なんて期待をしてましたが、フタを開ければ終日べた凪。。。狙いのオダ絡みももう少し数が釣れてハッピーな展開になると思いきや案外渋めでハラハラしましたが、1日楽しめました。

Kさん、お疲れ様でした♪

stagger_wide_2.7macca

URL