室町雄一郎HIDEUP Blog

MACCA 67MSTインプレ

2015-12-18 23:36:27

「MACCA67MST」

ハイドアップMACCAのベイトシリーズの中ではもっともポピュラーとも言えるスペック!投げられるルアーの種類の豊富さから、初めてのバスフィッシングやこれからMACCAシリーズを購入するにあたって初めての一本にオススメしたいロッドです!
メーカーさんアナウンスのスペックは以下
・6フィート7インチミディアムパワー
・推奨ライン 7~16lb
・推奨ルアーウエイト 1/16~1/2oz
・HUMC-66ML同様中弾性カーボンマテリアル&ソリッドティップ搭載
ソリッドティップを搭載しているので魚からのバイトがあればスムーズにティップが引き込まれ、さらに強い負荷を掛ければバットまでがスムーズに曲がり込む。
これはHUMC66MLST同様の特徴とも言える点です!

先にも書いた通り、使用できるルアーウエイトやラインなどを考えるとマルチバーサタイルロッドなスペック!
僕はHUMC67MSTにはアルファスSVに12~14lbのフロロカーボンラインをセッティングしています。

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2015/12/18

春から夏までの霞ヶ浦や印旛沼でも多用する5g程のヘビーダウンショットやノーシンカーも得意とし、活性が低いためバイトするパワーが弱いアフタースポーンバスのバイトさえもソリッドティップで掛けることを可能にしてくれます。
巻き抵抗が少ない5~7g程のシンカーを使用したスタッガー3.5インチ&4インチや10g前後のスピナーベイトであれば、ソリッドティップが素直に入ってくれるためバイトを弾かないでくれると感じます。

そして僕が使用してみて・・・HUMC67MSTの「ソリッドティップ&曲がる特性」を活かせるのは、クランクベイトであればHU70&HU150のシャロー&ミディアムダイバーまでだと思っています!(あくまで個人の主観、です・・・)
HU200クラスも全然投げられないわけではありません。しかしリトリーブ時の巻き抵抗が大きくなり過ぎてティップが入り込んでしまい、クランクベイトがボトムをタップする感覚がぼやけてしまうと考えているからです。
そうした抵抗が大きいクランクベイトを投げる場合はHUMC67MHかHUMC71M をおすすめ致します。

そして実はもうひとつ、HUMC67MSTを有効的に活用するメソッドがあります。それはSSAIR8.1に10~12lbフロロカーボンラインをラインを組み合わせた「パワーベイトフィネス」です

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2015/12/18

主に1.3~2.7g前後のネイルシンカーを挿入したネコリグでの仕様を前提にしている釣りになります^^

僕がメインフィールドとしている印旛沼ではテキサスリグのカバーフィッシングがベーシックな釣り方として確立しています。それは広大に広がるアシ原をテンポよく探ることがバスへの近道とされているのですが、
同じような釣り方をするアングラーも多いため日々プレッシャーに晒されています。

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2015/12/18

矢板、杭、アシなど複雑であり複合しているカバーであればあるほどバスは入っているけどテキサスリグでは喰わない。
ある時、そんな複雑なカバーにネコリグをいれると(ほんとにここにネコリグ入れるの?って程のカバーでも)簡単に喰わせられることがこの釣りをはじめるキッカケとなりました。
バイトがあった際に素直に入り込むソリッドティップ、魚を掛けたときにカバーの奥の奥から引きずりだせるミディアムクラスのバットパワー。現在は冬なのでアシの奥で魚を掛けられる
チャンスにはまだ恵まれていませんが、HUMC67MSTはこの「パワーベイトフィネス」にも非常に高い次元で対応してくれると信じています。

URL