室町雄一郎HIDEUP Blog

印旛新川おかっぱり

2016-05-21 23:32:34

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2016/05/20

短時間ではありましたがホームの印旛沼新川のおかっぱりへ

ラバージグ&ワイドツイン4やネコストレートのネコリグでも釣れましたが・・・

一番好反応だったのはスライドフォールジグ2.7g&スタッガーワイドツインテール2.2

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2016/05/20

最近はかなりのお気に入りの組み合わせ

ワイド2.7やワイド3.3よりも横幅が広くないためカバーに入れた時のすり抜けがイイ!

そしてスライドフォールジグの扁平ヘッドとスタッガーワイドの扁平ボディの組み合わせがまたイイ!

ボトムステイでの姿勢が倒れ込まないため、ズル引き時にフックがボトムのストラクチャーに干渉することなく引いてくることが出来ます

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2016/05/20

バスの目線が少々上気味だったので

フォールやズル引きをして高さがある何かに引っ掛けて外したあとのカーブフォールがgoodでした!

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2016/05/20

この時期はバスのバイトのパワーが弱いときやしっかりとルアーを咥えていないことが多い。

そういったバスのバイトをフッキングに持ち込むために注意するべき点はズバリ、フッキング!スライドフォールジグやガード付きマス針を使用している時は特に注意して欲しいこと

バイトがあってから鬼フッキングを決めるとバスの口からルアーが飛び出てしまうので・・・

バイトが出たらまずはリールのハンドルを巻き続け、バスの口の中でスライドフォールジグやガード付きマス針の「モノブラシガードを倒す」ことを意識!

ガードがしっかり倒れてロッドにずっしりと重みを感じたらフックがバスの顎に当たってフッキングが決まっています。

要はほとんど巻き合わせですね!

通年、特にこの時期はこのフッキング方法を意識するだけで格段にフッキング時のすっぽ抜けが減ります。

是非試してみてくださいね!

今回使用したベイトフィネスタックル

ロッド:MACCA 66MLST

リール:SSAIR8.1

ライン:フロロ10lb

 

 

slide_fall_jigstagger_wide_twintail_22

URL