室町雄一郎HIDEUP Blog

復習!ワイド4のフックセット

2016-07-27 01:59:18

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2016/07/27

印旛沼のおかっぱり。

印旛沼のゴリゴリのカバーをベイトフィネスで攻略するにはMACCA 67MSTの食わせのソリッドティップに強靭なパワーが合っていると感じている今日この頃。

どうも例年通りの夏っぽくないといいますか、ポジション的に足止めを喰らっている感じですね。晴れた暑い夏日が来たかと思いきや、雨が降って水温激落ち。リザーバーであればベイトやバスのレンジが落ちたり、平野湖であれば川に上っているバスのポジションが下がったり。目まぐるしい変化にアジャストするのもバスフィッシングの楽しい所じゃないかなっ!と思います^^

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2016/07/27

そんな目まぐるしい状況が続く今年の夏ですが、これからの時期に確実に釣れてくるジグ&ワイド。

先日の亀山でも好調だった通り、レイダウンや立ち木などでブルーギルに付いているバスには超効果テキメン!キャストしてフリーフォールをさせるだけでルアーが不規則にスパイラルフォールをしてアピール。フォール中バイトがあり、水中にラインが引き込まれていく瞬間はアドレナリン出まくりです!

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2016/07/27

今日はそのジグ&ワイドのフックセッティングをもう一度おさらいの意味でご紹介しますね。案外まだまだ知られていないのか、どうやってセッティングするんですか~?ってご質問を頂いたりもしますので♪

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2016/07/27

スタッガーワイド専用のジグ、スライドフォールジグのフックポイントをスタッガーワイドのヘッドに入れ込みます。

今度はフックポイントをワームから抜き出しますが、この作業がワイドのフォールアクションを決めるといっても過言ではないと思います!

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2016/07/27

スタッガーワイドには中心に点線でセンターラインが出ています。このセンターラインにフックポイントを綺麗に出してくださいね!

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2016/07/27

ジグにワイドのセッティングが完了。しかしまだこれでは完成とは言えません!

このジグ&ワイドの仕掛け。ワイドの重心が後方にあるため、このままではキャストした際にジグからワームが外れてしまいます。スキッピングなんて絶対に出来ませんよ!

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2016/07/27

そこでFINAのトレーラーロックを使用します。

ワイドのセッティングの際に一番良く聞かれるのがトレーラーロックの取り付け方がわからない!というご質問でもあります^^

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2016/07/27

トレーラーロックの黒いチューブ部分をスライドフォールジグのフックポイントに刺して・・・

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2016/07/27

貫通させて沿わせて行きます。最後はトレーラーロックをワームに埋め込んで終了!

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2016/07/27

ちなみにトレーラーロックのサイズですが

ワイド2.7&3.3をジグにセットする際はトレーラーロックSサイズ。

ワイド4をジグにセットする際にはトレーラーロックはMサイズを使用。

特に初めての方はワイドのフックセッティングが難しく感じるかもしれませんが、綺麗にセット出来れば釣果はアップします!是非この夏はワイドを投げてくださいね!

 

stagger_wide_4

URL