室町雄一郎HIDEUP Blog

イベント告知!

2016-03-31 01:35:17

hideup 螳、逕コ髮�ク驛 繝悶Ο繧ー蜀咏悄 2016/03/31 

 

PCが完全に動かなくなりました・・・泣

あんなに元気だったのに何故急に。。。これって修理に出したら治るんでしょうか??PCの故障って初めてなもんなので対処をどうしてくれようかと考え中〜(°_°)

さてさて

の勤める「釣り道具のキャスティング」でHIDEUP&フラッシュユニオンの展示即売会を開催することが決定致しました!

 

・4月23日 鹿島神栖店

・4月24日 つくば店

以上の日程となっています!

吉田秀雄プロ、藤木淳プロを店頭にお招きしての展示即売会。この機会にHIDEUP&フラッシュユニオンルアーの使い方をお二方に聞いてみてくだいね!

JBTOP50早明浦ダムプリプラクティス

2016-03-27 01:22:59

JB TOP50シリーズの初戦のプラクティスを行いに高知県は早明浦ダムへ

日付が変わると同時に出発、途中に休憩を挟みながらの運転で到着が19時!安全第一ってことでゆっくり運転!笑 

千葉県→高知県が800kmオーバー。

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2016/03/27

プリプラクティスの日数は4日間。自身初となるフィールド、しかも早明浦ダムのような広大なフィールドで4日間という日数はあっというま・・・。実際にトーナメントが開催される時とはフィールドコンディションは違うことは間違いない。でももっと釣り込んでみたかったし、フィールドと向き合って早明浦ダムの理解度をもっと深めたかったというのが本音かな?!笑

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2016/03/27

関東では滅多にお目に掛かることが出来ないバックウォーターの水の透明度!

何年か前に生野銀山湖で釣りをした時も、まるでボートが宙に浮かんでいるかのような水の透明度に驚かされました。関西のリザーバーってほんと、心が洗われるかのような綺麗な景色に綺麗な水の色!いつかは関西の有名リザーバー巡りをしてみたいですね!

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2016/03/27

HIDEUPのバスロッド、MACCAも今年のJBTOP50を共に戦います!

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2016/03/27

既にリリースされている7つのMACCAはあらゆるフィールドでのスタンダードな釣りに対応しているので、全国区のトーナメントトレイルでも強い味方となってくれることは間違いないでしょうね!

プリプラクティスはこれにて終了ですが、オフリミット期間中にボートの気になった箇所の改善やタックルの整理など気を抜く余裕などありません!初戦が肝心!入念に準備をして万全の態勢でトーナメントに挑めるよう尽くします。

macca

トーナメントシーズン間近!

2016-03-17 02:39:06

つい昨日のことでしたが

2か月間の準備期間を経て、自分の勤める会社の新店をオープンさせることが無事に出来ました。

2か月の準備期間、、、長かったような短かったような。。。お客さんこなかったらどーしよー!なんて夢に出てきたこともあったような・・・笑

そんな不安もありましたが、久しぶりに多くのお客様とお話しすることが出来たので一安心かな?^^ これからも宜しくお願い致しますm(__)m

トーナメント、頑張ってこいよ!と声を掛けて頂いたりと気合いも入りました!!

さて

そろそろ初戦のプラクティスの予定が迫ってきました!

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2016/03/17

今年着させて頂くトーナメントシャツも手元に届きました。

背筋がピンと伸びる思いです。立派なトーナメントシャツに恥じぬよう、自分のスタイルでトーナメントを戦います。

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2016/03/17

スライドフォールジグのカラーセレクトとは!

2016-03-13 00:07:09

​僕がスライドフォールジグのカラーをセレクトするうえで基準としているカラーをご紹介します。

大きく分けて系統別に分類するとこの3つの系統に分類されます!

まずは

・グリーンパンプキン

・ウォーターメロン

・グリパンブルーフレーク

・ダークシナモン

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2016/03/12

なんだかゴチャっとした茶色系統がまずひとつ。どの湖でも外すことが出来ない定番の茶色系。茶色系を代表するグリーンパンプキンなんかはエビやハゼ系などのどのフィールドにでもいるベイトのカラーにも似ているし、外敵から身を守るために水色や土の色にも同化しやすい保護色的な位置合いのカラーがこの「茶色系」

特に自分が好んで使用するのはグリパンにブルーフレークが入った♯003グリパンブルーフレーク。ブルーのラメはシェードが濃いアシ、フローティングカバー、岩盤などのエリアでもブルーのラメがしっかりと色として残るため非常に重宝します。

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2016/03/12

次は

・ブラックブルーフレーク

こちらは水が濁っているフィールドや、荒天により波立ったり雨水で底濁りしてしまった時のエースカラー!上記にある茶色系とブラック系は関東マッディフィールドではどちらかがまず先に投げる「パイロットカラー」的存在なのがこの2系統!!トレーラーに使用するワームカラーは基本、「ジグに合ったカラーをセレクトすること」ですが、黒濁りした際には膨張色で大きく見せてアピールさせることが出来るので敢えて♯111チャート/グリーン/ゴールドを組み合わせることもあります。

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2016/03/12

最後は

・ソルティペッパーギル

・スモークギル

シルエットがはっきりとしない薄いカラーですね!

僕の場合、薄いカラーは水が澄んだエリアでの使用やフィッシングプレッシャーが過度に掛かったコンディションなどに使っています。

関東の平野湖マッディレイクがホームなのでルアーもそうなんですが、基本的に強い色で魚にアピールして引っ張ってきたいっていうのが僕流。でも小規模流入河川の上流や誰しもが撃ちそうなカバーなんかの、特に小場所に関してはスモーク系が効く!!そして個人的に体感しているのは「アフターの時期のバイトが浅いとき」は強いカラーを嫌う傾向にあると考えています。ある程度水が濁っていようがスモーク系が効く。

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2016/03/12

そして春は赤系統のカラーが効くことも!

上記のベースカラー3色と、ジグに合わせたワームカラー。

そしてこれからの季節は♯108スカッパノン♯122スカッパノンギルのような赤系統のトレーラーワームをお忘れないように!

 

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2016/03/12

以上、僕なりのカラーセレクトでした。

slide_fall_jig

印旛沼、午前だけ出船

2016-03-10 00:47:21

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2016/03/09

昨日は僕の時間の都合上で午前だけのショートタイムで印旛沼へご案内♪数メートル先の視界が全く効かなくなってしまうほどの濃霧。。。GPSを頼りにポイント移動を・・・とも考えましたが、至る所に点在する鉄杭にボートがヒットしてしまう恐れもあったため近場オンリーの展開。せっかくの楽しいさかな釣りが事故によって台無しになってしまうのも悲しいしね!無理はいけません♪

といってもこの日、沼へ浮かびに来た理由はボートに今まで取り付けたことがなかったパーツを取り付けたための確認だったんです。

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2016/03/09

そのパーツとはオートビルジ!普通のビルジポンプは当たり前に取り付けてはいますがオートビルジは実は初めて。ボートに水が浸入したことをポンプのフロートが反応して船外へ水を排出してくれるポンプなのですが、意外とポンプの反応が鈍くポンプがそこそこ水に浸からないとビルジのモーターが反応しないことが分かりました^^

こうした細かいことでも「このパーツはこういうものなんだ」って理解していることが大事。遠征先であたふたしないためにも不安要素はひとつひとつ潰していくのが自分流なのです。

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2016/03/09

前日の大雨の影響の濁り、水温の低下となによりも生命感の無さが前回訪れた際と全く違った所でしょうか。良いエリアの見極めの一つとして「魚っ気」は大事な要素の一つ。特に冬~春は甲殻類より魚を偏食する傾向が見えます。沼の場合、魚が動くとアシが揺れるのでなんらかの魚がそこにいる目安となります!大事な魚からの合図はお見逃し無いように♪

時間も限られていたのでエリアはほぼ決め打ち。スポーニングエリアを控えた奥行きのある葦 矢板の手前のパラ葦シャローフラットをスピナーベイト&スタッガーマキマキで攻めるもノーバイト。前日の雨と気温も朝一は冷えたため、ルアーをしっかりと追えていないのか。濁りが入っていたためアシが密集して壁状になったエリアがよかったのか・・・ちょっと攻め過ぎな展開かな~っと感じてはいましたが案の定やらかしてしまいましたね。。。沼の人の言葉で言うと「いつもの沼っぷりご健在」でした(( _ ))

そして昨日は午後から急に暖かく・・・というより汗ばむ位の天気になりましたね!そろそろ冬から春への支度、始めませんか?!

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2016/03/09

ニットキャップからメッシュキャップへ♪

魚も人も春モードへ移行していきましょ!

mesh-cap

印旛沼おかっぱり

2016-03-06 00:23:00

暖かい日、冷たい日と天気によって水温が大きく左右されるマッディシャローレイク。

暖かい日が続いて天候が安定している時にはまたとないチャンスモード到来!

先日のバスよりはちょいと小ぶりですがプリプリのナイスバディ!

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2016/03/05

MACCA-66MLSTにスライドフォールジグ2.7g&スタッガーワイド2.7インチ

フォールからの着底後、ハードボトムの角に掛けてしっかりと誘ってでたバイト。

しっかり誘って、抑え込むようなバイトを獲る。まさに教科書通りなソリッドティップのロッドが活きるシチュエーション!

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2016/03/05

クランクベイトでも。こちらは印旛水系のオカッパリにはジャストサイズのHU-70!!

ロッドはオカッパリには取り回しの良いレングスのMACCA-67MST

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2016/03/05

只今印旛水系は春の気配がムンムンです!

このチャンスに乗り遅れないようにお早めにフィールドへお出掛けくださいね^^

 

HU-70slide_fall_jigmacca

印旛沼×スタッガー

2016-03-04 03:05:15

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2016/03/04

最近お仕事が休みの日は船大工ばっかしてる僕です(^_^;) 本日はトレーラー周りのパーツ交換等々で朝から午後2時位まではずっと付きっ切り・・・。

本来であればいつもお世話になっているボートマリーナさんに不具合があれば見て頂くのですが、、、

今年のトーナメントトレイルは地方遠征ばっかり。なのでなにかトラブルがあればいつものマリーナさんに見て頂く訳にはいかず・・・。ならばと出来ることはなるべく自分でやって、いざトラブルが起きた際には少しでも自分の力で解決出来るようにとDIY精神で作業しております。

ある程度作業に目途がついたので午後二時あたりから印旛沼へ出船!

hideup 螳、逕コ髮�ク€驛� 繝悶Ο繧ー蜀咏悄 2016/03/04

スポーニングエリア手前のパラ葦でフィーディングモードのデカバスオンリー狙い。。。

目では確認しきれない水中には、夏に青々と茂ったアシが枯れた後の「茎」が残っています。目で見える枯れ葦でももちろん釣れますが、目に見えない水中の「茎」にバスが着いていることもあるのでボートポジションやアプローチには気を使いたいところ。

パラ葦にピッチングでルアーを撃ち込み、水中の茎にルアーを当てつつスローにマキマキ~

ドン!っと

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2016/03/04

2200gの印旛産豚バス登場!バスもデカかったけど吐き出したベイトも・・・デカかった汗

今回はボート釣りだったので手返しや釣りのリズムを大事にしたかったため、スタッガー4インチをスナッグレス性能に優れたテキサスリグでマキマキの使用でした!

タックルデータ

ロッド:MACCA-67MH

リール:STZLTD105XH

ライン:フロロ14lb

ルアー:スタッガー4インチ(5gテキサスリグ)

stagger_original_4macca