室町雄一郎HIDEUP Blog

ファットオスマンダ6.5発売!

2017-05-29 22:41:39

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2017/05/29

FATオスマンダ6.5インチが発売されました!

早いところだとそろそろかな?!店頭に並んでいるかとは思います。

テール部分にゼンマイが付いた、ちょっと変わったストレートワーム!オスマンダ!

ちょっと変わっている?!いやいや、かなり変わっている♪これこそhideupらしくって素敵だと思いますね!

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2017/05/29

hideupスタッフのSNSを見ると琵琶湖ではガンガン釣れてんなー笑

テキサスリグ、パンチショット、ネコリグなど

使い方は様々なようですね!

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2017/05/29

こちらは本日の印旛沼の様子、、、

ロッド:MACCA610MH+

リール:スティーズLTD8.1

ライン:モンスターブレイブ14lb

ルアーオスマンダFAT6.5

シンカー:レインズスリムDS3.5

フック:FPPストレート3/0

関東では関東なりの使い方があるかとは思います。今、目を付けてるのは重いウエイトを仕込んだネコリグやパンチショットかな!

ってことで、これからファットオスマンダの使い方や、釣果報告など!当ブログでもお伝えしていきたいと思います!

5.22 高滝湖 船中15匹越えでボチボチでしょうか♪

2017-05-23 20:42:43

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2017/05/23

先週に引き続き高滝湖で課外授業を行いました♪

今回もいつもありがとうございますで、釣り場では初めましてのHさん!肘の痛みを押しての参戦なので、激し過ぎない釣りでレッツトライ♪笑笑

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2017/05/23

まずは先週の下船間際にノーシンカーと4インチワイドのフォールパターンでイイ感じだったバンクで

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2017/05/23

ノガレス ループモスキートにスタッガーワイドツイン2.7の中層ふわふわアクションで2連荘!

ギルも少なくバスのサイズダウン感が否めないため、アフター回復系を求めて上流か。。。それとも爆風の本湖で沖に出る個体が溜まっているかをチェックするか・・・。移動を悩みましたが本湖のポテンシャルを信じて移動を決意!

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2017/05/23

魚探掛けをして

あ〜

これはもしかしてーって思った1投目!

水深が1m未満と非常に浅いため、縦で誘うより横で誘って。波風が強いためしっかりボトムで止めておけるライトキャロ!

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2017/05/23

Hさんはアフター定番のダウンショットワッキー!

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2017/05/23

ダウンショットワッキーとチョン掛けダウンショットで数を伸ばして

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2017/05/23

僕はスタッガーワイド2.7の2.7gライトキャロライナーリグ。

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2017/05/23

風が収まると魚が抜けてしまったのか、ノー感じに。要所で拾い釣りで追加

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2017/05/23

1発を求めてちょっと移動

ワンド絡みの出口付近、ミドルレンジにオダが絡むエリアで!

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2017/05/23

今日イチのナイスフィッシュ♪

朝イチに釣ったループモスキートにストレートワーム

オダに絡めて丁寧にふわふわアクション!

シンカーのウエイトとワームの組み合わせ次第で変幻自在なループモスキート。これってかなりイケてるかも?!

下船間際に再度強風が吹き出したので、気になったエリアを魚探掛け。

またもやイイ感じの映像の予兆が見えた数投目

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2017/05/23

今度はスタッガーワイドツインの2.7インチ!

水深が3〜4mと少し深いレンジをコントロールしなければならないため、シンカーのウエイトは3.5gへチェンジ。「コリコリした硬い何か」に当てたらしっかり待つだけ。喰わなければまたズルズル引っ張る。バイトは止めているときに多発するので、しっかり待ってルアーを食べてくれる時間をバスに与えましょ♪

ワイドキャロはゆっくりとロッドワークで引っ張ってくると、ワームがスプーンの様にヒラヒラと動いて他のワームでは出せない動きが出せるので是非試してみて欲しいですね!

これでこの日は終了しました。

Hさん、暑い中1日お疲れ様でした!次はジグ&ワイド4でバラしたデカイ魚にリベンジしに行きましょー!

アフターシーズン高滝湖

2017-05-16 23:23:20

今回はいつもの印旛沼を離れて高滝湖へ!

同船して頂いたのはいつもありがとうございますのKさん。釣り場でお会いするのは初めてでしたねー!

朝イチはローライト、無風だったのでこれはイケるかと表層からのアプローチ。表層まではなかなか魚が浮いてこないコンディション。いないわけないんだけどなー、って感じでジグヘッドワッキーを縦ストフォールのフォローで一発♪

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2017/05/16

浮かせて食わせられない浮いてる魚はノーシンカー&ジグヘッドワッキーのフォローで!やること単純で沈めて食わせるだけなんですが、このフォールスピード次第で食うか食わないか。魚がルアーを追いきれないコンディションであるほどハッキリでます。

この日の予定はドアフターの魚を本湖のオダ周りでスモラバ、ジグヘッドワッキー、ネコリグとライトリグ展開で数を稼ぐ作戦!スポーンを終えたばかりの魚は積極的にエサを追えないので、ゆっくり丁寧に。オダ周りに潜んでいるエビザリを捕食しているバスをターゲットに。

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2017/05/16

ダイレクションジグ&スタッガーワイド2.7フィッシュ!今回はスタッガーワイドに組み合わせるジグはスライドフォールジグではなく、ダイレクションジグ。実はこの2つ、使い分けてます。この使い分けはまたの機会に・・・

オダに絡めてモゾモゾ〜って感じにルアーを動かして、、、ピューっとラインが走ってくー

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2017/05/16

アプローチするオダは水深数10cmから数mまでと様々。浅いレンジには浮いてるオダやアシもあり、その向こう側にアプローチをする事もあります。

軽いリグをカバーの向こう側にキャストをして引っ張り上げる!関東ではボートから決して外すの事はないベイトフィネスのアプローチ。

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2017/05/16

タックルは

ロッド:MACCA 66MLST

リール:SSAIR8.1

ライン:STZモンスターフロロ8lb

信頼のタックルです

ここで僕からひとつ!MACCA66MLSTでバイトを感じてからフッキングの動作をする際に意識して欲しい事をお伝えします。

それはフッキングのモーションを大きめにとること。ロッドを思いっきり曲げる事を意識してみてください。カバーから魚がすぐに浮いてきます、魚がバレにくくなります!MACCAは曲がるロッドです。66MLSTをお持ちの方は是非、試してみて欲しいと思います。

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2017/05/16

Kさんは!

写真コレだけ!

ですが、その後オダ絡みをスモラバで良型ゲット!最後はバンクにてノーシンカーでこれまた良型をゲットとしっかり締める事が出来たかな?!

南風の爆風予報だったので、これは本湖で数釣りモードイケるかー?なんて期待をしてましたが、フタを開ければ終日べた凪。。。狙いのオダ絡みももう少し数が釣れてハッピーな展開になると思いきや案外渋めでハラハラしましたが、1日楽しめました。

Kさん、お疲れ様でした♪

stagger_wide_2.7macca

ウープスのご用意を。

2017-05-13 03:46:11

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2017/05/13

関東の平野湖ではバスのスポーン(産卵行動)の終盤に差し掛かろうとしています。

スポーンに体力を消耗したバスは、遊泳能力が低く簡単に捕食が出来るベイトを好む傾向があります。その中のベイトの一つとしてエビを好んで捕食します。

そんなエビ食いバスに有効なアプローチのひとつ!ウープスのノーシンカーセッティング。写真のようにフックをセッティングすれば、着水してからキャストした反対方向にバックスライドをしながらフォールをしてくれるため水中でエビが泳いでいるかのごとくアクションをしてくれます。また、ウープス独特の水中に入るとトローンと艶めかしく誘ってくれる毛のパワーが魚を引き寄せます!

画像はハヤブサFPPストレートの4/0をセッティングしましたが、ワームのサイズからフッキングを考えると5/0の方が良さそうですね。

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2017/05/13

ちょっと見づらいかもしれませんが、ネイルシンカーを打ち込む事によってフォールスピードを調整出来ます。

少し深いレンジを狙う際はネイルシンカーを挿入して、フォールスピードを早めてあげれば手返しがアップ!状況に応じた使い分けで釣果を伸ばしていきましょう♪

OOoPs

5.4印旛沼

2017-05-06 02:38:16

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2017/05/06

5月4日は印旛沼ご案内コース♪

この日は風は冷たいものの、日差しが強かったためHUフェイスガードを着用して紫外線対策万全で挑みました!

さていつもこの時期にボートに乗ってくださるKさんと出船♪

自称「ハイシーズンしか釣りをしない男」に果たして印旛沼の女神は微笑むのかー?!

僕自身も久々の印旛沼だったので、季節感と釣り方を擦り合わせながらで釣りをスタート

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2017/05/06

テキサスリグ7gにロッドはMACCA-610MH

朝から風が吹いていたので、風を避ける事が出来る矢板のインサイドでデッカいのが!

ウインディサイドですが、実は矢板の裏は波風を避けられる絶好のポイント。

「風表の中の風裏」

僕がマッディシャローで釣りをする時に意識をしている事のひとつだったりします

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2017/05/06

遠目では分かりにくいのですが、アシが綺麗に整列している場所は「矢板」と呼ばれる木製の板が敷かれています。

そんな矢板が崩れている場所はまさに、魚が矢板のインサイドとアウトサイドを行き来するための魚道。目で目視出来る場合は重点的に、繊細にアプローチする価値ありです♪

Kさんはバイトがあるもののフックアップまで至らず。というより・・・「当たってる!当たってるよ!コツコツ来てる〜!あ、離した」という珍プレーもあり?笑 なかなか渋い展開が続きましたが、、、

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2017/05/06

ちょっと目先を変えたエリア移動でやって頂けました♪

ラバージグをズル引きしてるとググッとバイトが!

どうどうたるビックバス!この日のために購入したロッドも無事入魂出来たので一安心。このサイズがカバーの中からガバガバっと出てくるとほんと、楽しくってハマっちゃいます笑笑 

というわけでKさん、1日お疲れ様でした!次はお盆にご一緒する予定なのでHUラッシュガードをご注文頂きました。次もデカイの釣れるかなー?!