永野総一朗HIDEUP Blog

12月22日ガイド。シャッド&クランクで凪の南湖を釣り込む!

2016-12-22 20:55:40

22日は松本さん、タカオさんを迎えて琵琶湖。

​朝から程よい微風の吹く、暖かいコンディション。

​午前は割とクランクベイト、HU200&300を主体に回っていきました。

​東岸も西岸、割とウィードがしっかり残った2~3mを主体に、グリグリと巻いていきましたが、、、、

​1バイトあったのみで、なんとも不発。


しかしながら、だんだんとウィードは飛んできており、根のしっかりしたウィードが残っていっている感じ。

​魚探を掛ければ、生えてないとこ、逆にしっかりウィードが残っているところがわかりやすくなってきました。

​さらにクランクを引くことで、ウィードが硬くてブリブリなのか、枯れているのかがだんだんと分かってきます。

​魚探映像&クランクから手に伝わってくる感覚でウィードの状況をリサーチ!



​午後からはその中でも特にブリっとしたウィードが多かったところに、シャッド投入。

速く!!!

というよりは、スローにプルプル引いているとバイトが出やすく、

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/12/22

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/12/22

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/12/22
連発~!!

​やはりしっかりウィードが残っているところに、しっかりバスはついているようです。

流していて、ウィードのないエリアに入ったらバイトがピタっと止まります。。

 

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/12/22
​ちょっとウィードが薄くも見えますがだいたいウィードトップ2.5~3mのところを引いてます。
​水深は3.5m前後。
この寒さの中でもしっかりウィードのトップが高いところですね。

 

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/12/22

Wヒットもありーの。

松本さんもしっかり釣ってましたが、諸事情により写真なし(汗

 

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/12/22
​MAXは40UP!

​この時期、良いエリアで釣れるバスは太い!!!

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/12/22
ラストは木の浜沖の濃いブリブリウィードエリアでHU200を巻いて〆!!

HU200 キンクロでした!

​沖の4mでHU200を引けるくらいウィードのあるところです。



数的には船で20本弱といったところでした。

​でっかいのは出ませんでしたが、ウィードの有無がはっきりしてきており、バスを探すのが楽しくなってきた12月末の琵琶湖。

​今回の冬も、まだまだいけそうです!!!

 

たまらんばい永野 ガイド空き情報

この先しばらく空きはございません。直近の空きは2017-12-04です。

詳しく見る・予約する

URL