永野総一朗HIDEUP Blog

3月24日ガイド。激荒れボンバー!HU300・400&スコーン!59~54cm×4発!

2017-03-24 22:33:48

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2017/03/24
本日はN県より、Hさんを迎えて琵琶湖!!

​朝から北風強風、激荒れボンバー!!!

​それでも多少マシだった朝、六本柱南のフラットを狙って巻きます!!


​Hさんにスタ4スコーンリグの巻き方をレクチャー!!



​~以下3月22日のブログよりコピペ~

僕なりのスコーンリグの巻き方の”練習”は、まずフルキャストからロッドを水面と並行、、ちょい上くらいで着水点に向かってロッドをまっすぐ構え、

​ゆっくり巻きながら、”ラインのたるみ”を作ります。

​まずは、そのラインのたるみの形が とにかく崩れないように一定のスピードで巻くことを意識します。

ロッドがぶれても、

​リールを巻くスピードがぶれても、

​ルアーがウィードにあたりすぎても、

たるみの形は崩れてしまいます。


​巻くスピードの調整は、始めに気持ちゆっくり目に巻いて、ウィードに当たるスピードを確認したら、そこからキャスト毎に少しづつ巻くスピードを速くしていくというやり方。

​最終的にはウィードにギリギリあたらないスピードに調整していきます。

​当てない意識で巻いて、たまに当たる分はOKです。

以前はスコーンが得意とはお世辞にも言えなかった私。

​それを解決した、”ウィードに当てないイメージ”は、週末の南湖でとびぬけて釣りまくっているスコーンの達人でもあるUZN氏とのお話から。。。。

​(その節は本当にありがとうございました!)



​とにかくたるみ形を維持することを意識しながら、その巻きスピードに慣れたら、はじめからロッドを寝かした状態で同じスピードで巻いていく。

これに慣れてきたらOKです!

ちなみに僕は、割と”着水からすぐ巻く派” です。

​一回ボトム付近に落としてウィードに食われてしまうと1キャスト損してしまうので。。

​~コピペ終わり~

​そんな巻き方をHさんにレクチャーしながら巻いていると、、

​Hさんのロッドに怪しい生命感!!

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2017/03/24
​いきなり朝からどかんと!!

​Hさんの初バスともなる59cm~!!!

​そういえば昨年11月もHさんはフットボールジグで59cmをキャッチ! 

​1cm惜しくはありますが、さすがです!!!

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2017/03/24
​スイミングマスター1/2オンスにスタッガーオリジナル4インチ!
​カラーはクリアに強い#108アユ!!


が、、、しかし。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2017/03/24
​ウルトラ激荒れボンバー! たまらんばい!!!

北山田~浜大津間の横断はキツかったな。。。



​爆風の中頑張って巻いていきますが、なかなか釣りが成立している状況ではありませんでした。。

​寒いのもあってお昼はラーメン休憩。

​午後も風が止まず、再び巻き展開。

​というか巻くことしかできません!!



​水をかぶりながらも転々と巻いていき、再び一番波の当たりがキツイ浜大津アタック。

​午前に比べて、かなりの濁りが入っていました。

そりゃあれだけ荒れれば濁りもしますね。。


しかしこの状況は、

​まさに「風あり・波あり・濁りあり」! 若干ありすぎですが!


というわけでクランキング!!!!


​HU300で残りウィードを狙って巻いていくと。。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2017/03/24
ガツンとHさんに!!!
そんな濁りの中、

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2017/03/24
​45㎝!!! HU300のたまらんばいブルーに入魂!!!

​この激荒れの中、お見事!!


​一通り巻いて反応が無いので、フォローでテキサスリグ。

​ヘビダンじゃないの!? とも思う方もいるかもしれませんが、強風&激荒れの時はヘビダンにしてしまうと、ワームがボトムに着かず、しっかりしたステイができません。。

​テキサスリグなら、ボトムにきちんととどめることができます!

​ただし!、”ごはんですよ”のような黒く汚いウィードがあるところでは難しいですが。。

​使ったのは、スタッガーオリジナル3.5インチの3.5gテキサスリグ!


​これをボトムまで沈めて、ティップが曲がらないスピードでずる引き。

ズルズル、、ステイ。ズルズル、、ステイ! とにかくボトムから浮かないように意識!


バイト!!! 惜しくも乗らず。。。

バイト2!!! ジャンプ一発。。。無念!!

バイト3!!!!

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2017/03/24
フルフッキング成功!!!

​スタッガーオリジナル3.5インチテキサスリグにて48cm!!


​私も!!!

と、

狙っている残りウィード周りを、HU400のライザーテクで。

少しリーリングで潜らせて、

​ウィードに対して当てて浮かして、、、をロッドワークで行っていると。。


​「コッ!!!」

​とジグのようなバイトからズバシと!

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2017/03/24
​HU400 スポーンレッド!!

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2017/03/24
​ゴッパチ君 3キロでした!!!

●MACCA-71M
●カルカッタコンクエスト200
​●アブソルート12ポンド



同じように周辺で粘っていると。。。

​再びロッドワークでウィードに当てて外して、、、浮かせて。。。。。


​「コっ!!!」

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2017/03/24

ズバシ!!

丸のみ。

​以前吉田さんが、”ライザーで当たると喉の奥にクランクが掛かることが多い” と言っていたのを思い出しました。

​クランクなのに、ワームで合わせるように掛け行くフッキングがたまらんばい!
hideup 永野総一朗 ブログ写真 2017/03/24
56cm!!! HU400スポーンレッド。

ちなみに、この時はボートを止めて狙っています。
 

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2017/03/24
狙っている水深は3mちょい~3.5m。

​12ポンドフロロで5m近くいくHU400なら確実にボトムタッチする水深。

確実にボトムタッチすることを生かして、ウィードに対してタイトに当てて浮かしていく釣りです。


​「この釣りやりたい!!」

とHさん。


もちろん、いつなんどきでも釣れる釣り方ではありませんが、

​リーリングから、ロッドワークでの当て方、止め方、浮かし方をレクチャー。

​ウィード近くまでリーリングで巻いて、、、

​そこからはロッドワークで丁寧にウィードに当てにいき、

止めて、外して、浮かして。。。


​「ゴゴっ!!!」

 

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2017/03/24
​き、、きたっ!!!!!

しかもでかい~!!!

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2017/03/24
​HU300 たまらんばいブルーをばっくり。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2017/03/24
​野太い54cm!!!!!


ライザーテクで痺れる一発!!!!


​広いウィードで、、というより、狭いウィードの、ひとつの狙い方です。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2017/03/24

2人で6発!

決してバイト多数ではありませんが、今日はビッグに恵まれました!!

風あり、波あり、濁りあり

なシチュエーションに感謝!!!

​Hさん、お疲れ様でした!!(高菜もお買い上げありがとうございました!!!)

次回は夏にお待ちしておりますっ!!!

 

たまらんばい永野 ガイド空き情報

この先しばらく空きはございません。直近の空きは2017-12-04です。

詳しく見る・予約する

URL