永野総一朗HIDEUP Blog

11月30日ガイド。乗るか反るか!?困った時のマンメイドでビッグ‼

2017-12-01 14:16:01

 

11月最終日となる30日は神戸より黒田さん&末廣さんを迎えて琵琶湖!!
hideup 永野総一朗 ブログ写真 2017/12/01
​この日は朝から暖かく、夕方付近まで、ベッタベタ!!

​水温も気温も上昇傾向。

​大寒波の到来した一週間前に比べて水温も1~2℃上昇。

​水のクリアアップが気になるものの、暖かくなっているのなら食い気も出るかと思いきや、、、



​朝から無の時間が続きます。


​この時間帯にトライしていたのは、

​モーニングバイトの期待できる出船~9時頃までは木の浜浚渫台地、アクティバ沖残りウィードでのスコーンリグ。

・・・・は、反応なく、

​あまりに浮いていそうだったので、中層食い上げを狙った同チャンネルライン沿いウィード4mでのジャークベイトドラッギング。
​要はシャッドドラッギングのジャークベイトバージョン。 これで雄琴~アクティバ間の残りウィード上を引っ張りました。

​ベタ凪でバスが浮いているときに深いレンジでジャークベイトをラインを出して優しめのトゥイッチで引っ張っていくと、太い個体が食いあげてくることがあります。

黒田さんも末廣さんも動作を見ているとかなりの手練れで、非常にうまい具合にレンジコントロールできているのですが、こちらもバスからの反応はなし。



​気になったのは魚探映像。

これでもかというくらい、魚が映らない。。。

​ウィードに張り付いているのか、動いてないような印象でした。要は寝ているような感じ。。


​と、いうことで困った時のマンメイドストラクチャー。


取水塔や沈み物など、「モノ」に対してひっついているバスを無理矢理メタルバイブで釣っていくというやり方を選択。

​先日激荒れの中でとある取水塔の際をメタルで撃ってバラシてしまったことがヒント。​

これは魚探にバスが映ろうが映るまいが関係なし。

 


​取水塔周りを10gのメタルバイブで丁寧にシャクっていき。。。。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2017/12/01
​ゴッ。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2017/12/01
っと黒田さんに出た!!!!!!
​こちらサーキットバイブ10gでのロクマル寸止めな59cm!!!!!!

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2017/12/01
​ノーバイトの続いた午前中、11時過ぎの1バイト目を見事に捕らえてくれました!!!

​この難しいコンディションの中、値千金の一発でした!


​午後も南エリアを中心に残りウィードやマンメイドストラチャーメインでメタル&ミノーで探っていきますが、反応なく、

​頼みの浚渫エリアでの穴メタルには、

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2017/12/01
 オウっ!!!


​スピニングタックルの用意もあったので、バスを触るパターンとしての赤野井沖でのシャッドドラッギング。

​こちらは、

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2017/12/01

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2017/12/01
​反応ありますが、サイズはご覧の通り。

赤野井沖3m(ウィードトップ2~2.5m)でのシャッドドラッギングは、
​スレッジならスーパースレッジ、
HUシャッドはドンピシャのレンジになります。

​5~6ポンドフロロでボート後方に投げ、フルキャスト&ロッド1本、1本半ほどラインを出せば、ウィードにあたるか当たらないかくらいのレンジを引いてこれますよ。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2017/12/01
​今日はかなりバイトが少なめだったので、この子のバイトもうれしかった。。。笑


​また井筒でランチしていると、

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2017/12/01
壁にげき突!&落下!
​息切れして休憩していたので写真を。。。笑

意外とカワイイ顔してましたね。。

 



​夕方はエリアによってはまあまあな南風に襲われ、
​各沈みものや、マンメイドストラクチャーをメタルバイブでひたすらにラン&ガン。

​が、、反応なくストップフィッシングとなりました。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2017/12/01
一発は出たものの、なかなか続かなかった本日、、どこかでリベンジしたいっ!!!

​黒田さん、末廣さん、一日ありがとうございました!!!!

たまらんばい永野 ガイド空き情報

おかげ様で、2018年のガイド予約受付は一杯となり、終了致しました。沢山のお申し込みありがとうございました!

URL