永野総一朗HIDEUP Blog

MACCAインプレ~67MH編~

2015-12-24 19:54:38

HUMC-67MHのインプレッションです。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2015/12/24

中高弾性 LENGTH 6'7",LINE 10-20lb,LURE1/8-5/8oz

簡単に言えば、固め。そしてハリのある、ちょい短めのロッド。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2015/12/24

 僕の場合は、

「中~近距離のボトム系フィッシング」

に使っているロッドです。

つまり、「何かを狙って投げていく(撃つ)タイプのボトム系の釣り。」

リールはノーマル~エクストラハイギヤをセット。

今は、シマノ メタニウムXGに、フロロの14ポンドが基本セッティング。

というか私の場合は、このロッドは「巻き」に使わない限り、一年中このセッティングでOKです。

 

具体的に使用しているルアーやリグは以下。

・フットボールジグ! (7g~14g)
 (トレーラーはスタッガーオリジナル3インチ)

・スタッガーオリジナル3インチヘビーダウンショット! (5g~10g)
 (ウィードの濃い場所での使用の場合)

・ワイド!! 7gジグ スタッガーワイド4インチ

 

 

まずはこの晩秋~冬にかけて旬のスタ3フットボールジグ。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2015/12/24

浚渫の穴の中や、チャンネル内のツルツルのところをトントントントン引いてくるスタ3フットボールジグ。

ロッドが長くないことで、ジグを移動距離を抑えることができ、狭いストライクゾーンをゆっくり引けます。

(これが長いロッドだと、少しロッドを動かしただけでジグが大きく動いてしまい、ストライクゾーンをスルーしてしまうことも)

そして、67MH特有の「張り」で、ジグを瞬間的に「トン!」とか「パン!」と動かすことができます。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2015/12/24

今年67MHでのスタ3フットボールジグで獲った61cm。

ホント、気持ちよくトントンできるロッドです。

 やはりジグに来るサイズは大きい事が多く、そういった意味でも強い67MHは、ジグの釣りには最適ですね。

濃いウィードエリアでジグをぶん投げて行うリアクションジグのような高さや速さを求めるジグの釣りには、もう一つ硬い71Hがピッタリですが、

この中~近距離の1/2ozまでのラバージグは67MHでシャキシャキ操作できます。

 

・スタッガーオリジナル3インチヘビダン

アフター時期~夏~秋の始まりなどの、ウィードの濃い時期のヘビーダウンショットも67MHの出番の一つ。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2015/12/24

ヘビーダウンショットは遠投もしますが、何かを狙うことが多いリグです。

エビモの際を狙ったり、濃いウィードの隙間を狙って投げていくシチュエーションでは、

やはり周りのウィードをシャキシャキ外しながら狙いのスポットまで引っ張ってくることも多く、

そのような場面でも67MHの「張り」はいろいろと重宝しました。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2015/12/24

完全ウィードの無いモヌケスポットの中や、浚渫後等のツルツルしたところでは、食い込み重視の67MSTが有利。

濃いウィードが絡む場合は67MH、という使い分けで、ヘビーダウンショットに使っていました。

 

 

そして夏の定番、スタッガーワイド4インチ。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2015/12/24

 アベスタの愛称でも親しまれた、7gジグ&ワイド4インチの組み合わせ。

夏のフォールパターンでは、ギルのようにゆっくりスパイラルしながら落ちていき、ギル食いバスにスイッチを入れる、、、、

もう夏のド定番の釣りです。

この釣りも、ギルのついているエビモの塊や、ウィードポケット、ブレイクライン(地形の凹凸)を探しながらショートキャスト打ち込んでいく釣りで、

長すぎるロッドよりは67くらいの長さの方が ”なにかを狙って投げる” という使い方では精度が高いです。

濃いウィードの中に放り込んでいく場合は私も71H(MACCAで一番固い竿)を多用するのですが、まずは67MHがオススメ。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2015/12/24

それは、ワームの耐久性に関係します。

どのワームでもそうですが、ボリュームのある大きいワームをジグやオフセットフックにセットして、硬いロッドでビュンビュン投げまくっていたらどうなるか。

そう、残念ながら比重のあるワームなら裂けてきます。。。。

そういったワームを優しく扱う為にも少し曲がるロッドでフワっと投げていってあげた方がキャスト時に裂けることも少なく、ワームの持ちも良いのです。

それにこの釣り、バスが本気食いしてくる為、飲まれるケースも多いです。

そんな中硬いロッドでフルフッキングするとラインブレイクもあり得ます。恥ずかしながら僕も何回かやってしまっています。。。。

一つ硬さを落とした67MHならその危険性も減らせるのですよね。

 

ジグやテキサスのピッチング等で撃っていく釣りにももちろん取り回しが良いですし、特に琵琶湖に置いては”対ウィード”という意味においてとても釣りが快適になるロッドです。

お試しください!!

たまらんばい永野 ガイド空き情報

2017年の予約は満席となりました。尚、2018年の予約開始時期は改めてブログ告知させていただきます。

URL