永野総一朗HIDEUP Blog

MACCAインプレ~(スピニング)61LST編~

2015-12-31 11:33:20

HUMS-61ⅬSTのインプレッションです。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2015/12/31

中高弾性ミックス&ソリッドティップ

LENGTH 6'1",LINE 2.5-5lb,LURE1/64-3/16oz

 

僕から見たこのロッドの使用イメージは、

ダウンショットリグを中心とした ”超ライトリグ用”。

 

琵琶湖南湖においては、ウィードの無いスポット。

例えば浚渫エリアの穴の中や、濃いウィードの絡まない地形のみの変化、ウィードエッジの外側のウィードの無い場所等。

後は冬の漁港用などにもピッタリですね。

”ウィードエリアで広く使う”という用途においては 一つ硬い番手の64Lプラスの方がオールラウンドに使えます。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2015/12/31

ST=ソリッドティップによる超ファーストテーパー設計。

”食わせる” ”掛ける” という役割分担が、一本のブランクスの中でハッキリわかりますね。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2015/12/31

主に使用しているリグは、

・ダウンショットリグ(0.9ℊ~2.7ℊ)

・ネコリグ(0.6ℊ~1.8ℊ)

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2015/12/31

12月に琵琶湖遠征に来た関東のHUスタッフ増田君も61ⅬSTを使ったネコリグで初琵琶湖バスをキャッチ。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2015/12/31

ガイドではこんな感じのウィードの無いスポットを丁寧に狙う釣りで使用してます。

この寒い時期のショートバイト対策としてもソリッドティップが生きてきます。

 

”流す釣り”よりは、割りと”狭いエリアやスポットを転々としながら撃って行く”、私のガイドスタイルでは64Lプラスよりも出番が多い一本。

61LST。是非お店で一度触ってみて下さい。

たまらんばい永野 ガイド空き情報

現在空きはございません。

詳しく見る・予約する

URL