乃村弘栄HIDEUP Blog

HUMC-66MLST

2015-12-13 12:12:48

hideup 乃村弘栄 ブログ写真 2015/12/13

HIDE UP [ MACCA]  

スピニングモデル2機種が店頭に並び、ついに全機種発売開始となりました

検討中の方に少しでも参考になればと1機種毎に紹介していきます

hideup 乃村弘栄 ブログ写真 2015/12/13

まずは1機種目

[HUMC-66MLST]

MACCAのキャスティングモデルの中で最も柔らかいモデルです

少し長めなレングス ティップ部分はソリッドを採用しており ロングキャストはもちろんですが、喰い込みからのフッキングがとても綺麗に決まるロッドです

hideup 乃村弘栄 ブログ写真 2015/12/13

硬すぎず、柔らかすぎず、自分にとってはセミベイトフィネスロッド  

ライトリグから小型のプラッキングまでこなすライトバーサタイルロッド

1番気に入ってるのはガイドが小さ過ぎない事  

小さ過ぎるガイドが付いてるベイトフィネスロッドはキャストフィーリングは良いですが飛距離も出ませんし、操作時の糸鳴りが気になります 掛けてみなければ分かりませんがファイト時の糸鳴りが全くなりません

HUMC-66MLSTはセミマイクロガイド バランスのとれたガイドセッティングが抜群の飛距離と、素晴らしい操作感を生みだしてくれます 

hideup 乃村弘栄 ブログ写真 2015/12/13

私の具体的に使用しているセッティングは

ベイトフィネスリールにラインはフロロ7lb~8lb 

ネコリグやダウンショット等でスポットを撃つ釣りに良く多用します

ベイトフィネスタックルに1つ私の感じる意見を入れると、ベイトタックルとスピニングタックルではデカイ魚はベイトタックルの方が獲りやすいと思ってる方が多いですが

ライトラインを使用して魚とヤリトリする時は、正直スピニングタックルの方が獲りやすいです(ドラグ性能がスピニングタックルの方が上だから)   とくに琵琶湖の様に3キロや4キロやヘタしたら5キロ以上の魚が掛かる可能性があるフィールドは特に注意が必要です

しかしながら、ベイトフィネスタックルを使用する利点はスポットを撃つ精度と手返しがスピニングタックルに比べ格段に向上するという利点があります

私の場合

・オープンウォーターでキャストして狙う時はスピニングタックル

・狙うスポットに的確にルアーを撃ちこみたい時はベイトフィネスタックル

と、使い分けています

hideup 乃村弘栄 ブログ写真 2015/12/13

上記でも述べていますが、HUMC-66MLSTは硬すぎず、柔らかすぎず、MACCAのコンセプトでもある[色あせる事無くいつの時代でも使い続ける事ができるロッド]のライトバーサタイルver

ダウンショット(~3.5gまで) スモラバ ネコリグ ノーシンカー 小型プラグ(シャッド等) ライト級のルアーは全て扱いやすい設計となっております

ベイトフィネスロッドの中では少し長めな設計となっておりますのでロングキャストはもちろんですが、ソリッドティップを採用している為 竿先だけを使ったショートピッチなキャスティングも楽々に可能です

北浦霞ヶ浦水系のマッディーウォーターレイクや、カバーが多いリザーバー等 [ボートポジションは取りたいけど、性格にスポット撃たないと喰わない] 様なシチュエーションにはとても重宝します

hideup 乃村弘栄 ブログ写真 2015/12/13

どんなフィールドでも、より正確なアプローチを要求される昨今

来年から参戦するJB TOP50シリーズ

全戦でHUMC-66MLSTが船に載ってるのは間違いないですね!

URL