横山直人HIDEUP Blog

スタッガーワイド2.7in

2013-08-01 23:42:09

今週もなんかあっと言う間に日が過ぎて行く感じです。

日に日にそう思う様になってるのは・・・年を取ったのか?

 

気付けばもう木曜日、明日の夜には琵琶湖に向かいます。

さて、琵琶湖攻略に欠かせないアイテムになってるのがスタッガーワイド!

4inは言わずとしれた破壊力がありますが、2.7inも同様に喰いの渋い時は勿論、バスが居ればバイトに至ります。

最近のワイド2.7inの使用方法は直リグですね!

hideup 横山直人 ブログ写真 2013/08/01

オフセットフックにリングを付けて直リグをセット!それで完了です。

最近では各メーカーさんから直リグ専用のフックも販売されてますので便利になってます。

 

スタッガーワイド2.7を直リグで使用するのはカナダ藻等の小さなポケットに直接入れる為です。

テキサスでも構いませんが、テキサスより更にポケットに侵入する様に思います。

で、パンチングですね。

カナダ藻の天井にパンチパンチパンチ!

で、回収!次、次、次!

その繰り返しです。

 

またエビを補食してる場合はそのままボトムでズル引きでもいいですね!

とにかく、ワイド2.7inは4inと違った魅力があります。

使った事の無い方も、動きがわからない方も下記動画を一度見て下さい!

http://youtu.be/dZ7bELG8YVQ ←生きてますwww

 

アクションせずにこんなに動くルアーは他になかなか見当たりませんよ〜

 

動画の0.9gダウンショットはスピニング、最近オススメの直リグ7gはベイとフィネスで使用してます。

ベイトフィネスといっても8lbのラインではなく、10lbがオススメです。

カナダ藻に直接入れたり、その中でバイトしたバスとファイトするので8lbでは少し心細いですからね!

なので10lb位がオススメです。

大佐は8lbで使用する場合、ドラグはゆるゆるです。

強引なやりとりはラインブレイクに繋がります。

ラインブレイクするとバスの口にフックが刺さったままになりバスにとっても良くありませんからね!

掛けたら獲る!コレを考えれば自ずと太さは決まりますね!

 

陸っぱりでも貴重な釣果情報を頂いてます。

琵琶湖のみならず、野池、ダム、川、関東フィールドも!

使い方次第でワイドはよくも悪くもなるので色んな使用方法を模索してみて下さい!

stagger_wide_2.7

URL