横山直人HIDEUP Blog

スコーンリグ!

2014-04-08 18:40:58

広島からブログ更新の大佐です。

昨日UPしたブログでのスコーンリグ。

hideup 讓ェ螻ア逶エ莠コ 繝悶Ο繧ー蜀咏悄 2014/04/08

これらの使い分けについて簡単に書いてみたいと思います?

先ずスコーンリグで必要な物は

・スタッガーオリジナル5インチ、6インチ
・HUスコーンジグ

この2つです。

スコーンジグは5g、7g、9g、12gとありますが、基本は9gです。

水深2.5m以下なら9gが1番使いやすいです。

投げる→ボトムまで落とす→巻く

この繰り返しです。

ただ巻く時はボトムの感じがわかる程度にゆっくり巻く。
これが必要です。

ウィードがあるならウィードの先端をこする様に巻く事から始めてください。

同じ9gでもスタッガーオリジナルを5インチと6インチでは巻くスピードは異なります。
が、先に記載した様に、ボトムの感じをしっかり把握することが大切です。
なので、リールのギア比は関係ありません。

大佐はもっぱらスコーンジグ9gをベースに巻いてます。

2.5mより深いもしくは速く巻きたい時は12gを、同じレンジをより遅く巻きたい時は7gを使用します。
それよりも浅いレンジや野池で使う時は5g、7gを使用してます。

ちなみに…
琵琶湖はゆっくり巻く『トロ巻き』に反応がいいです。

また、ウィードの濃いエリアではウィードガードの付いたジグをスコーンに使う事もあります。
今年加えたアイテムとして、シャトルの様な引くだけで抵抗を受けてゆっくり巻ける様な物もあります。

しかし、どれも基本となるHUスコーンジグを使えて始めて効果が出ます。

何故HUスコーンジグなのか?何故他の物では無いのか?

それはスコーンリグの元祖であり、その為に作られた物だからです。

基本があり、応用がある。
どの世界でもこれは変わりませんよね?

フィールドに出たら迷わず投げてください。
投げ続ければバスからの回答はあると思います。

 

HU-SCOONJIGstagger_original_5stagger_original_6

URL