横山直人HIDEUP Blog

ソルトで好調なワイドはやっぱり!

2015-01-27 01:12:33

昨日ロッドが折れたので別のロッドが必要。

って事で今日色んな事を教えて頂きながらNETで探してたら・・・

予想を大幅に上回る安さで販売しているショップを発見!

各メーカーさんの商品を取り揃えてる!

しかし代引きはないのか?・・・

振込式か・・・。

あまりの安さに気になるのでそこに電話してみたら

『おかけになった電話は現在使われておりません・・・番号をお確かめに・・・』とアナウンス。

しかしネット上では開店してる。。。

おかしいな?と思い色々調べたら・・・詐欺サイトと出て来た。

ドクロマークでフィッシング詐欺注意店舗!となってる・・・

コレがホンマのFishing詐欺!(って上手い事言ってる場合じゃない)

幸い大佐は何も購入はしてませんが、破格の価格は支払い方法など良く確認してから購入する様にして下さい。

普段通販など殆どしない自分だったので必要以上に注意した結果、事前にわかったので良いですが通販等慣れてる方は気にせずポチッとしそうなサイトなので気をつけて下さいね!

 

さて、最近ソルトで大活躍のスタッガーワイド2インチ、2.7インチのリグについて記載したいと思います。

hideup 横山直人 ブログ写真 2015/01/27

ワイド2インチはジグヘッド0.5g、0.8g。1.0g、1.2g、1.5g、2g、3gを使ってます。

陸っぱりで漁港や防波堤から釣る場合は0.5g〜1.5gまで、ボートで釣る場合は深さにもよりますが2gを多用してます。

陸から釣る場合はどうしても足下が浅かったりするので出来るだけ長い時間フォールで見せれる様に軽いジグヘッドを使用してます。

逆にボート等で比較的水深がある場合は2g〜使用してます。

アクションですがバスフィッシング同様にフリーフォールでバイトが出る事が多いのもワイドの特徴です。

初めて使って頂いた方もこのフォールには驚いてました。

フォールでしっかりルアーを見せれるのは幅広ボディーのワイドならではの大きな特徴です。

しかし、フリーフォールだけでなく、テトラやストラクチャー、地形によってカーブフォールを使用する事も多いです。

テトラに沿ってカーブさせたり、魚の場所を探すのにカーブさせたりとその時によって変えてます。

ワイドはシャッドテールが搭載されてるため、そのまま巻いても使用可能ですし、ボトムで誘っても抜群に良い反応が出てます。

自分がやる状況に合わせてどんな使い方も可能です。

hideup 横山直人 ブログ写真 2015/01/27

ワイド2.7インチも2インチと同様ですが、2インチに比べ大きさが0.7インチとは思えない位大きく見えます。

そのため水中の抵抗も2インチより大きい。

なので2インチでしようするジグヘッドと同じウエイトの場合、よりじっくりルアーを見せれます。

昨日はこの特徴を活かして広範囲を探るサーチベイトとした使い方をしてハマりました。

2インチに比べ水の抵抗をたくさん受ける2.7インチは正に泳ぐような動きをしてます。

どこに魚が居るのか探るとき、サイズアップを狙う時は2インチより2.7インチの方が長けてます。

 

ギルをイミテートした元祖ギル系ルアースタッガーワイドですが、その血統はソルトフィッシュにも有効のようです。

 

ガシラやメバルならばすタックルでも充分使えます。

そしてスタッガーワイドはソルトでも使える事を実感して下さい。

今が旬のロックフィッシンング!

このタイミングをお見逃し無く!

hideup 横山直人 ブログ写真 2015/01/27

 

 

 

 

stagger_wide_2.7stagger_wide_2

URL