横山直人HIDEUP Blog

ハードルアーが目立ちますが・・・

2015-03-10 23:54:11

最近の釣果はハードルアーが目立ってます。

『補食』と言うよりはどちらかというと『リアクション』に近いバイトが出てるからです。

しかし、水温が徐々に上がってくればソフトルアーへの反応が出始めます。

 

まだ喰いの渋い状況が出てる時でも釣果が出るのが

ウープス3in ジグヘッドミドスト

hideup 横山直人 ブログ写真 2015/03/10

スタッがーワイド2.7in ジグヘッド

hideup 横山直人 ブログ写真 2015/03/10

そしてオスマンダ ネコリグ

hideup 横山直人 ブログ写真 2015/03/10

 

この3つのルアーは毎年春先に釣果が出始めそのままシーズンインします。

特にプリスポーンバスが沖からシャローに向かい出した時のウープスミドストは圧巻です!

昨年も何本もいいバスを捕獲してます。

スタッガーワイド2.7inジグヘッドはとにかくゆっくり誘いたい時に有効です。

中層で反応が無い時や、ウィードの生え始め等でよく使用します。

ウィードが生え揃うまではジグヘッドでも十分使用出来ます!

 

そしてオスマンダ。

これはもう毎年鉄板のパターンを持ってます。

スポーニングに向かってシャローを移動するバス。

バスは丁度ウィードとウィードの間を通ってきます。

その『バスの通り道』にオスマンダネコを落としでバスを待つだけです。

一見地味な動作に見えますが、ハマれば次から次へとバイトが出ます。

琵琶湖南湖なら自衛隊周り、ポパイ浜沖、赤野井周りで毎年のパターンとなってます。

いずれも1/16ozを基準にウエイト調整を行ってます。

コレから釣行にいく時はスコーンも勿論必要ですが、これらのライトリグでしっかり狙ってみて下さい。

 

店頭には新製品のスタッガーツインテール3.3inも既にラインナップされてます。

2.7inのパターンを3.3inに変えて一回りデカいバスを誘ってみてはいかがでしょうか?

hideup 横山直人 ブログ写真 2015/03/10

OOoPs3inosmunda_5stagger_wide_2.7

URL