吉田秀雄HIDEUP Blog

ワイドセッティング

2014-09-10 13:08:59

あんな小さな口によくこんなボリュームのあるワームが入るものだな〜って正直思います。

普通なら桧原湖にスモール釣りにいくならスタッガーワイド4インチのサイズは持っていくことはまずなかったと思う。

大きくてワイド3.3インチが妥当ってとこでしょうか…

まぁ、バスフィッシングはやってみないとわからない。

ましてスモールはまだまだ未知な部分がある。

もちろんラージもまだまだ未知なる部分があると思っている。

試合で釣れたことで大きな自信となったけど、簡単には釣れないことは変わりない。

短い時間でできるだけ試行錯誤して食わすことができるようになったけど、状況も変われば食わせ方も変わると思う。

まだまだ研究していく部分は多々ある。

僕自身釣れた原因は何かと聞かれると、大きな原因としての答えはこうです。

釣れるまで投げた…

単純にこれなんですよ。デッカいバスを狙うために使うからこそなんです。

クランクなんかもそうだけど釣れるって言われててもチョッと投げるだけじゃ釣れないんです。

使用してる本人が釣れない…って思う、不安に思うほど釣れないルアーはないと思う。

こういった特殊なルアーの場合はチョッと使用しただけで結果が出るもんじゃない。

使い方が理解できて使うタイミングが凄く大事になってくる。

こういったことを理解して使用すれば今後はデッカいスモールを狙うための引き出しの一つとして活躍するルアーだと思っています。

 

桧原湖で使用した細かいセッティングを説明します。

ワームはスタッガーワイド4インチ&スタッガーワイドツインテール4インチ。

他に準備するのもは…

hideup 吉田秀雄 ブログ写真 2014/09/10

ノガレスのトレーラーフック。

サイズは2を選択。付属のゴムは使用していません。

hideup 吉田秀雄 ブログ写真 2014/09/10

FINA トレーラーロックLサイズ。

無ければMサイズでもいいです。

ワームのズレ防止とトレーラーフックが外れないようにするために絶対必要なアイテムです。

hideup 吉田秀雄 ブログ写真 2014/09/10

ジグ(アベラバ7g)をワイドにセットし、トレーラーフックをジグフックのアイに通します。

hideup 吉田秀雄 ブログ写真 2014/09/10

次にトレーラーロックのゴム部分にジグフックに刺して真っすぐになるように位置を確認します。

hideup 吉田秀雄 ブログ写真 2014/09/10

位置が決まればグイっと押し込みます。

hideup 吉田秀雄 ブログ写真 2014/09/10

こんな感じに。

hideup 吉田秀雄 ブログ写真 2014/09/10

横から見るとこんな感じです。

hideup 吉田秀雄 ブログ写真 2014/09/10

これで完成です。

hideup 吉田秀雄 ブログ写真 2014/09/10

スタッガーワイドツインテール4インチも同様です。

 

stagger_wide_4stagger_wide_twintail_4

URL