吉田秀雄HIDEUP Blog

スライドフォールのラバー

2016-01-08 07:55:14

スライドフォールジグを作っていくにあたって、ラバーの太さや本数の微調整はかなり気を使った部分。

hideup 吉田秀雄 ブログ写真 2016/01/08

同じように見えても微妙に違うサンプル。
なんか違うな〜?って思うサンプルは本数などを数えるとやっぱり多かったり少なかったりする。
たった3〜5本でも見た目のボリュームはかなり変わってくる。
フォールに特化したラバージグを目指そうとすると多くても少なくてもダメ。
スコーンでもカバーでも使える万能性も同時に求めていったのもスライドフォールの特徴。

hideup 吉田秀雄 ブログ写真 2016/01/08

スライドフォールジグはスモラバ風にはラバーを最初からカットはしていない。
通常よりも少し長めでの状態で出荷される予定です。
ラバーの長さでフォールの動きがかなり変わります。
自由にラバーをカットして動きを変えていっていただくことが目的です。
ラバーの本数の違いでもフォールの動きは変わってくる。

hideup 吉田秀雄 ブログ写真 2016/01/08

スライドフォールのラバーの断面は四角。
あるようでないのが四角。
しっかりと四方から面で抵抗を受け、しっかりと止めた時には奇麗にフレアする。
カラーは全8色。

URL