吉田秀雄HIDEUP Blog

未来のルアーを見つける作業と、未来のルアーを形にしていく作業

2014-05-25 08:08:26

最近は完全に自分の周期に入ってきました。
何の周期かと言うと…
未来のルアーを見つけるための作業を。
人を驚かせるルアーは簡単にできるかもしれないけど、同時に爆発的に釣れるルアーを作るためには相当な時間がかかる。
時間をかければ良いってものじゃないのも難しいところですけどね。
やはり自分が望むことは全てが定番ルアーになること。
それには当たり前のように現場と向き合った地道な作業と時間が必要になってくる。

hideup 吉田秀雄 ブログ写真 2014/05/25

気分を入れ替えたい時には自分にとって予想外のルアーを投げることを心がけている。
オスマンダは最近ネコリグでよく使用するけど、ジグヘッドワッキーではあまり使わなかったから…
単純にそれだけの理由です。
なるべく自分の考えではない方向へ持っていき、何か必要なものを少しでもいいから探していく。

hideup 吉田秀雄 ブログ写真 2014/05/25

今の状況では何が良いのか!?
今を逃すと来年まで待たないといけない。
来年になったとしても今の状況とはまた違う状況になってるかもしれないので今が貴重なんです。
湖上でボーッとしてあっという間に何も収穫がなく終わっていく日も多々あります。
いっぱい釣っていただいて、いっぱい笑っていただくために最高のルアーを作っていきたいです。
未来のルアーを見つける作業と、未来のルアーを形にしていく作業を。
日々努力していきたいと思います。

hideup 吉田秀雄 ブログ写真 2014/05/25

HU-70のボンバーチューン。
使ってみて想像以上に良かったです。
全く違うルアーに変身してました。
知りたい方はボンバーまで!

hideup 吉田秀雄 ブログ写真 2014/05/25

復刻を目指してコレも地味にやってます。

hideup 吉田秀雄 ブログ写真 2014/05/25

今風のモデルもやっています。
やっぱ名作です。。。

 

osmunda_5

スタッガーオリジナル3インチヘビーダウンショットで66cm!

2014-05-20 17:20:27

66cm…

僕はずっと琵琶湖で釣りしてるけど、そんなサイズ釣ったことがない…

20年間近く毎週湖に出てても60cmを釣ったことがないって人もいる。

あっさり釣る人は釣る。

釣れない人は永遠に釣れない。

それが60オーバーだ。

琵琶湖に来たら簡単に釣れる!そんな簡単じゃないですよ…

確かに率は高い。

けど、難しいのは頻繁に来てる方ほど知ってるはずです。

hideup 吉田秀雄 ブログ写真 2014/05/20

僕もこんなデッカいバスが釣りたい…

あっさり釣ってしまう人はモッてますよ。

食わしたとしてもバラさなくランディングできるかもあるしね。

水面からこんなバスが顔出してジャンプなんかでもしたら…も〜たまらないでしょうね。

こんなデッカいバスが釣れる琵琶湖は凄いです。

琵琶湖も凄いけど釣った本人はもっと凄いし尊敬します。

キャスティング日本橋の金井さんでした!

あっ!マイケルも一緒です。。。

 

 

stagger_original_3

フードネック Powered by COOL CORE

2014-05-18 11:52:08

hideup&dictsproductsコラボ
フードネック Powered by COOL CORE

 

hideup 吉田秀雄 ブログ写真 2014/05/18

COOLCOREテクノロジーの生地に吸収された水分(汗など)は吸水層から保水層に移ります。
ここに生地への振動を与えると、保水層から吸収層や蒸発層に移動し、肌側の熱を奪って保水層に戻ります。
蒸発層からは適度に水分が蒸発し、気化熱により熱を放出します。
このサイクルを繰り返して、生地自体の熱を奪い取る効果を生み出します。
(ラジエーター効果)ラジエーター効果と気化蒸発による冷感効果を組み合わせたメカニズムこそが、COOLCOREテクノロジーの、世界初、冷感生地メカニズムです。

hideup 吉田秀雄 ブログ写真 2014/05/18

表をご覧頂いてもわかるように一般的なタオルと比べて温度が違う。
暑い強烈な日差しの中でのバスフィッシング。
フィッシング全てに合う生地を採用しました。

hideup 吉田秀雄 ブログ写真 2014/05/18

前から見て特徴的なのはダブルファスナーを採用。

hideup 吉田秀雄 ブログ写真 2014/05/18

ファスナーを生地が覆いかぶすような形になっています。
ちょうど鼻辺りに当たる部分です。
熱くなったファスナーが直接当たらないように工夫をしています。

hideup 吉田秀雄 ブログ写真 2014/05/18

ファスナーを少し下げるとこんな感じです。

hideup 吉田秀雄 ブログ写真 2014/05/18


ファスナー部分は全て生地で隠すようにしています。

hideup 吉田秀雄 ブログ写真 2014/05/18

ダブルファスナーにした理由は被った際に下部分が膨らまないように。

hideup 吉田秀雄 ブログ写真 2014/05/18

少し上げてあげると解消できます。
ファスナー付きなので女性の方にも非常に使いやすいと思います。

hideup 吉田秀雄 ブログ写真 2014/05/18

カラーは全部で5カラー!

左から
ネイビー
オレンジ
ブラック
ターコイズ(注意:画像のロゴはネイビーですが、製品はホワイトのロゴになります)
ホワイト

今月末から来月上旬に発売予定です!

 

New!フードネック

2014-05-16 07:45:58

湖上では暑い!っていう日がまだ少ないけど、ようやく湖も春らしくなってきました。
ボートでとまって釣りして暑いと思っても、走ると風が冷たく寒いんですよね。

hideup 吉田秀雄 ブログ写真 2014/05/16

相模湖での50オーバー。
村石さんがウープス80mmノーシンカーで!
ウープス3インチ、80mmの威力が全国に広がっています。

hideup 吉田秀雄 ブログ写真 2014/05/16

先日久しぶりの琵琶湖でもコンスタントにロッドを曲げていた川崎さん。
リズムが合えば釣れるってことですね。

春になれば紫外線も強くなります。
日焼けしまくってる僕が言うのは何ですが…w

hideup 吉田秀雄 ブログ写真 2014/05/16

ようやく大体のことが決定しました。

hideup 吉田秀雄 ブログ写真 2014/05/16

hideup&dictsproductsコラボ フードネックcoolタイプ

hideup 吉田秀雄 ブログ写真 2014/05/16

ブラックも発売決定!
ブラックって暑いって感じしますが、中は意外に涼しいです。

hideup 吉田秀雄 ブログ写真 2014/05/16

普通じゃないのが今回のフードネックウォーマー。
かなり優れものです!

このフードネックはこんな素材を仕様してます!

hideup 吉田秀雄 ブログ写真 2014/05/16

hideup 吉田秀雄 ブログ写真 2014/05/16

発売日やカラーなどの詳細は後ほどお知らせします!

 

スタッガーワイドツインテール4後半色

2014-05-15 07:53:12

一昨日までは東京方面へ出張でした。

今回はレンタカーではなく電車移動。

どこでも行けるので便利なんですが、歩きすぎて足釣りました…

で、早朝から仕事をやっつけて少し湖上へ!

hideup 吉田秀雄 ブログ写真 2014/05/15

スタッガーオリジナル3インチヘビダンはやはりこの時期の定番。

通称スタサン強しです!

hideup 吉田秀雄 ブログ写真 2014/05/15

短時間でしたがポロポロ釣れて50オーバー2本も混ざりました。

さてさて…

話はガラッと変わって、スタッガーワイドツインテール4の後半色がそろそろ店頭に並びだします。

後半の5色はスタッガーワイドシリーズの中でも1、2を争う人気色が入っています。

もちろん釣れ筋で人気になったカラーばかりです。

そして新色で注目のアーマークローもあります。

やっとギルの姿も目で見れるほどになってきました。

ワイドシリーズが皆さんの釣りにお役に立てればと願っています!

スタッガーワイドツインテール4インチ後半色はこちらの5色です。↓

hideup 吉田秀雄 ブログ写真 2014/05/15
#111 チャート/グリーン/ゴールドF
hideup 吉田秀雄 ブログ写真 2014/05/15
#116 シニカケギル

hideup 吉田秀雄 ブログ写真 2014/05/15
#127 グリパンペッパーブルーF

hideup 吉田秀雄 ブログ写真 2014/05/15
#128 グリーンライトギル

hideup 吉田秀雄 ブログ写真 2014/05/15
#134 アーマークロー

stagger_original_3stagger_wide_twintail_4

寒いGWでした

2014-05-07 08:23:42

GWが終わりましたね。

今年のGWも非常に寒い日ばかりでした。

陸上ではTシャツ1枚姿で大丈夫な日もあったと思います。

遠方から来られる方に防寒は必ず持ってきてほうがいいです!と伝えると、本当ですか!?汗が出るほど暑いんですが…っと…

琵琶湖の湖上の風は冷たく、とてもTシャツ1枚では無理なほどでした。

気温も上がらないし水温も上がりそうで逆に下がったりしたGWの琵琶湖。

例年通りではなくバスの動きはつかみづらい状況が続いたと思います。

そんな中、まだ安定してバスが釣れるポイントは岸から一番近い2.5mラインを狙うこと。

岸から近い場所もあれば岸から遠い場所もある。

ウィードが有る無し関係なく実行していく。

ウィードがないエリアではもちろんボートはあまり浮いてなく、何もないのでノー感じな釣りになってしまうので慣れが必要ですけどね。

そのエリアでオスマンダノンソルトの1/16ozネコリグが非常に効果的でした。

やはり止めるとしばらく立って存在感をアピールできるノンソルトは有利な点もあると思います。

キャストしてからしばらくはボトム中心をシェイクして止めたりして誘うのですが、途中から少し浮かせ気味にしてスイミングに変えていく。

岸に一番近い2.5mにからむブレークはメスを狙えるスポットに。

少しでも変化のあるスポットは特に狙い目。

GWが終了してもこのパターンはしばらく続くかと思います。

水温が上がるとレンジが変わることもあって、2.5mが3mになったり基準を変えていくと効率よくバスが触れるようになってくると思います。

さてさて、GW後半に入ってようやくブルーギルの明確なバイトが出始めましたね。

やっとギルの動きが出てきました。

そのギルが動き始めると同時にスタッガーワイドシリーズの釣果も少しづつ上昇してきました。

hideup 吉田秀雄 ブログ写真 2014/05/07

こちらは昨日のバスです。

プライベートで出ていました。

スタッガーワイド4インチテキサスで。

hideup 吉田秀雄 ブログ写真 2014/05/07

6月発売予定のスタッガーワイド3.3インチヘビダンでも。

釣れるには釣れるけどまだまだ圧倒的じゃない。

毎年定番のスタッガーオリジナル3インチヘビダンの方が圧倒的に強いし実際に釣果も出ている。

例年の流れでいえばこの傾向はまだまだ続き、しばらくして圧倒的にワイドが効果的なタイミングが出てくる。

暖かくなればなるほどワイドの出番が増えてくる。

それがもうすぐかもしれないですね!

 

osmunda_5stagger_wide_4

ハイドアップのルアー回収器

2014-05-05 09:49:59

6月下旬発売予定のhideupルアー回収器の紹介です!

その名は、「hideup come back lure machine s 」長っ!略してcblm-sで〜す。

まぁ、ハイドアップのルアー回収器と呼んで下さい。。。www

hideup 吉田秀雄 ブログ写真 2014/05/05

水中ではなかなか見えないので、見えやすいように写真撮影してみました。

わざとらしいですが…w

hideup 吉田秀雄 ブログ写真 2014/05/05

しっかりと、ガッツりとフックが刺さって根がかりしてます!

hideup 吉田秀雄 ブログ写真 2014/05/05

そこでハイドアップルアー回収器の登場!

hideup 吉田秀雄 ブログ写真 2014/05/05

回収器の2本爪の間にラインを通しルアーに近づけていく。

hideup 吉田秀雄 ブログ写真 2014/05/05

クルッと方向を変えてガッツりホールドすればいとも簡単に回収できます。

しかも早い!

とにかく取れるんです!

まずは回収器単体だけの発売です。

hideup 吉田秀雄 ブログ写真 2014/05/05

KAHARAかえりた〜んのも装着できます。

hideup 吉田秀雄 ブログ写真 2014/05/05

アルミの棒は使いやすいです。

hideup 吉田秀雄 ブログ写真 2014/05/05

通常はネットで使用してるニョイ棒も根がかりすれば回収器に変更!

こちらはジャクソンのニョイ棒です。

hideup 吉田秀雄 ブログ写真 2014/05/05

どこのお店にも売ってるタモ棒。

こちらはセールで激安でした!

これにも装着できるんで非常に便利です。

hideup 吉田秀雄 ブログ写真 2014/05/05

根がかりだけではなく、こういったヘビーカバーでのボート寄せにも使えます。

hideup 吉田秀雄 ブログ写真 2014/05/05

バスが出てこない場合も使えますよ!

hideup 吉田秀雄 ブログ写真 2014/05/05

こちらもわざとらしいですが、よくある糸団子でもおもいっきり力が入れられるので回収可能!

ラインも2本爪でブチブチっ!っと引っ張ることができます。

hideup 吉田秀雄 ブログ写真 2014/05/05

*特許申請中

とにかくリップラップでもどこでも使えるハイドアップ回収器!

引っ張ることもでき、ガっがっと押すこともできるので回収率がグンとあがります。

コツをつかめばこんなに回収できる回収器はないでしょう!

ハイドアップルアー回収器は単体で¥1,980(税抜)で6月下旬発売予定です!

次世代の回収器はこうなる!

お好みの柄にセットして使用できるハイドアップ回収器!

岸釣り&ボート釣りの必需品になることは間違いないでしょう!

カラーはまずは1色 チョイピカブラックのみの発売です。

現在受注中です。

発売を楽しみにして下さい!