HIDEUP Blog 榎本英俊

冬の貴重な一本に近づくために。

2021-01-16 23:44:03

この間まで凄く冷え込んだかと思えば、15℃近くまで気温上昇と、寒暖差が激しすぎますよね。

 

 

 

気温安定して欲しいと切に願います。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は冬の定番なリグをご紹介します。

 

 

ハイドアップといえばやはり、スタッガーオリジナル!

 

 

その中でも僕がよく多用するサイズの5インチ。

 

hideup 榎本英俊 ブログ写真 2021/01/16

 

 

そこにラバージグをセットした!?

 

そお、スコーンリグです。

 

 

 

春に多用する早巻きではなく、その真逆のデッドスローに引くスコーンリグです。

 

そして1番違うのは「底を完全に切る」中層をデッドスローに引いてきます。

 

そのためにスローに引けるラバージグをセレクトします。

 

・drtシャトル

・グリムスイマー

・pdチョッパー

の共通する、ヘッドが平らである。

水の抵抗を受けてスローに中層を引けるモデルをセレクトします。

 

そして重さも5gか7g。

hideup 榎本英俊 ブログ写真 2021/01/16

 

5インチをセットする事で、バランスも大きすぎず、小さすぎずで丁度いいです。

 

 

 

なぜ底を切って引くのかというと。

太陽に暖められた表水温に引っ張られ浮き気味になるのを狙うためです。

冷たい水は、重いので底へいきます。

 

冬のお風呂で皆さん体験してると思います、そお、あの現象です!

 

(ローライトはまた曲者、全レンジ通す羽目になる事多し)

 

 

そしてロッドなのですが、こちら!

hideup 榎本英俊 ブログ写真 2021/01/16

クランキングロッドを使用します。

 

普段のスコーンリグはマッカ71Hを使いますが、硬すぎると引っ張りすぎてしまう上に、軽いウエイトの抵抗を感じにくいので、柔らかめのクランキングロッドで抵抗を感じながら巻きます。

なりよりラインスラックを出して巻きやすく、より食いやすい巻きになります。

 

 

フッキングが気になると思いますが、必要にして十分なパワーを兼ね備えていますので、問題なしです!

 

 

このバスは1月下旬の雪が降り出したタイミングで浮き出したのを、ドンピシャで当てれた56cmのため池ハイパーコンディションのバスです!

 

hideup 榎本英俊 ブログ写真 2021/01/16

問題なくフッキングしております!

 

 

 

デッドスロー中層スコーンリグ。

冬の貴重な一本に繋がるリグとして今回ご紹介させていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

タックル

・MACCA71M

・メタニウム MGL

・VARIVASアブソルートMG12lb or 14lb

・スタッガーオリジナル5インチ

・抵抗を受けるヘッドのラバージグ