板山雅樹HIDEUP Blog

NBC房総チャプター第1戦のプラ~本番

2018-03-30 10:57:18

先日行われたNBC房総チャプター(亀山ダム)第1戦では17位とまったく良いところがない結果でしたが全体的にはローウエイト戦と予想していたことに見事的中(笑)

しっかりリミットを揃えて2キロ前後行ければ良いと思っていました。

 

プラの流れを軽く書きます。

 

hideup 板山雅樹  ブログ写真 2018/03/30

25日(日)から尋常じゃないほど暑く日曜日~水曜日の大会まで20℃超え。

まだ3月なのにワカサギパターンよりもスポーンを意識した釣りを頭に入れておりました。

3月上旬に降った雨で濁りが残り上流以外ではサイトはしにくく見て判断はしにくい。

 

僕のメインにしていたのはやっぱワカサギパターン。

ただワカサギ ギルを考えてやりました。

 この時期はギルも活発化しますからね。

まずはワカサギパターン!

 

hideup 板山雅樹  ブログ写真 2018/03/30

サイズは出なかったですが

HUシャッド60SP

高反応でした。

 ワカサギパターンのキモとしてはルアーを出来るだけ止めないこと

早巻きや連続トゥイッチなど出来るだけ動かしてあげると良いです。HUシャッドは早巻きやトゥイッチ、ポーズなど様々なアクションに 対応できる万能シャッドです。しかも飛距離も稼げるので広いエリアを探るのにとても良いです。

メインの1つと考えていたのでプラ中はあまり釣らなかったですがプラ中はセーブして20本ほど。釣ろうと思えば倍は釣れたと思いますがサイズが上がらないのでキーパー場的な考えでいました。

 

もうひとつの釣りとして3m前後でワカサギやギルを意識しスポーンに指しそうなエリア。

hideup 板山雅樹  ブログ写真 2018/03/30

hideup 板山雅樹  ブログ写真 2018/03/30

リーダーレスダウンショットに

スタッガーワイド2.7

イタスギルカラー

 

スポーンを意識し始めるこのレンジにいるバスはボトムから出来るだけ浮かさないことが重要です。ズル引きをメインにたまに軽く跳ねさせてアピールさせる程度でやっていますがシャッドの釣りと同じで釣れるときはバタバタで釣れます。

 

あとカバーをもチェック

hideup 板山雅樹  ブログ写真 2018/03/30

hideup 板山雅樹  ブログ写真 2018/03/30

hideup 板山雅樹  ブログ写真 2018/03/30

ベイトフィネスでのスモラバに

スタッガーワイド2.7

イタスギルカラー

 

スポーンを意識しているバスはショートバイトが多くしっかり喰わせるのが大事ですがアピールはしっかりさせるのにツインテールではなく通常のワイドを使います。シャッドテールはしっかり動くのと先週の釣行で書きましたがテールを切られるバイトがあるのでシングルテールを使うことで多少でもワームを切られるバイトを減らす対策って感じでやりました。

うっすら濁りのなかにロクマル近いバスも見つけ釣れそうな雰囲気だったので大会で狙おうと思っていました。

まあプラではこんな感じをメインに全湖回っていました。

 

大会中はロクマルぐらいのバスが居たのでやったものの釣れず…

リーダーレスダウンショットのワイドの釣りも2バラシ、3すっぽ抜け、1ラインブレイクというまったくリズムが悪かったです。

帰着1時間前にピンで見つけていたワカサギパターンがハマリ30分で4バラシ、6キャッチでリミットメイクして終わりました。

hideup 板山雅樹  ブログ写真 2018/03/30

痺れる大会でした(^^;

とりあえずリミットは揃えたのでなんとか年間は絡めそうです(^-^)

まだまだ修業します。

HUシャッド60SPの解説と55cmを釣った動画です。スタッガーワイドツインテールのテロテロ巻きも解説しています。春にも効きますのでまだ見ていない方はチェックしてみてください!!

 

 

HUShad60SPstagger_wide_2.7

URL