岩田健司HIDEUP Blog

チャプター琵琶湖第3戦

2018-06-18 17:11:33

昨日の詳細です!

 

今回は前日プラは無しのぶっつけ本番です。

理由はこの梅雨期の琵琶湖は雨で増水する事を前提に減水へ向けた水位の操作がされるので、シャローは普段より確実浅くなります。

また流入河川からの水で濁りもキツくなるのが例年の傾向です。

浅くなる=プレッシャーが掛かりやすい。

プラに入る事によって自分で自分のエリアにもプレッシャーを与えてしまうからです。

 

狙う魚はスポーニングを終え、回復傾向に向かうキッカー個体の2.5オーバー!!

フィーディングで入ってきそうなエリアに絞ってプランを立てました。

一定レンジをキープしつつストラクチャーにタイトに通してリアクションバイトを誘発。

風がない時はHU-30BTHU-70をレンジによる使い分け。

風が出て来てキャストが流される時はウェイトのあるスピナーベイト、ブレードジグを使用。

ロッドはロングキャストが可能なのとショートバイトを弾いたり、ストラクチャーに当てたルアーの瞬間移動を抑えるためと、確実に掛けた魚をキャッチするにはカーボンには無いグラスロッド特有の粘りとトルクが必要なので611MGをセレクト。

また、3キロクラスとのファイトでストラクチャーへのラインの擦れや万が一巻き込まれた時を想定して根ズレや強度でかなりの信頼をおいているVARIVASアブソルートAAA20lbを使用しました。

 

hideup 岩田健司 ブログ写真 2018/06/18

今回メインエリアとなったレンジが平均70cmほどの中で無駄にボトムを叩かないように早巻きで手返し良くレンジキープして通すにはHU-30BTが最適でした。

 

メインタックル

ロッド:HIDEUP 赤マッカ 611MG(プロトタイプ)7月中旬頃発売予定

リール:SHIMANO メタニウムXG

ライン:VARIVAS アブソルートAAA 20lb

ルアー:HIDEUP HU-30BT #40 ガングレープ

hideup 岩田健司 ブログ写真 2018/06/18

朝から人が多い中、波風とプレッシャーの緩むタイミングを見計らって、何度も入り直し上手く魚をキャッチ出来ました。

贅沢なタラレバを言えばあと500gはどうにかなったんとちゃうかな( _ )

でも、思い通りの展開で楽しかったです♪

hideup 岩田健司 ブログ写真 2018/06/18

いつも応援して頂いている皆さんありがとうござました!

 

最後に大会運営スタッフ様、会場を提供してくださったビワコマリン様、協賛各社様、選手の皆様、楽しい1日をありがとうございました。

HU-30BTHU-70macca

梅雨?ですね!

2018-06-16 08:57:07

 

降ったり止んだりで纏まった雨がまだ無いけど河川は毎日増水したり、濁ったりしてます。

基本的に僕のエリアは少なからず影響を受けるのですか、今年は何故だか不思議ちゃんで読めません。

ここ数年は毎年変だ変だと言ってるけど、今年はホントわからない日が多い。

毎年のパターンが通用しないんですよねェ~。

ベイトはちゃんと例年通り入ってるんだけどバスのサイズが小さいし、絶対数がかなり少ないように思う。

 

色々状況を見て考えて思いつくのは例年よりシャローへ繋がるウィードが少ないせいくらいしかわからない。

なかなか悩ましい今シーズンです。

 

それでも釣らないと試合には勝てないからね。

何処かに必ずヒントがあるはずなので見つけ出してアジャストさせたい!!

日曜日はチャプター琵琶湖第3戦が控えてます。

自分のシャロースタイルを貫いてどうにかイイ成績を残したいと思います。 hideup 岩田健司 ブログ写真 2018/06/16

シャロークランク!

2018-06-12 10:15:00

こんにちは!

最近、シャロークランクがアジャスト出来てないGANです。

何故だろう?

ほんとシャローでのタイミングが合わない。。。

 

こんな時は沖へ!!

シャロークランクだからと言って、岸に近い浅いレンジだけしか使えないわけではなく、深いレンジでも活躍する場は無限大です!

そろそろ沖に出て伸び始めたウィードトップをかすめるようなレンジを引いたらいいのかも?

その時のレンジの見方はウィードトップから水面までの深さで合わせて下さい。

 

例えば水深3mでウィードトップがボトムから1.5mであれば水面からウィードトップまでの深さは1.5mなのでHU-150をチョイス!

しっかり潜らせてウィードへコンタクトするように巻く!

もしくはHU-70で普通に巻く!

 

さらに水深が1.7mでウィードトップがボトムから1mであれば水面からウィードトップまでの深さは70cmなのでHU-70をチョイス!

しっかり潜らせてウィードへコンタクトするように巻く!

もしくはHU-30BTを普通に巻く!

 

活性のある魚ならウィードから飛び出して食い上げバイトしてきますよ!!

 

是非、お試しください(و•̀ω•́)و

hideup 岩田健司 ブログ写真 2018/06/12

 

HU-150HU-30BTHU-70

スライドフォールジグ1/0フック

2018-06-07 23:31:55

コンセプトはズバリ、スライドフォールジグはスタッガーワイド専用です!

そうなんですよ。

ワイド専用設計なんです♪

ワイドの事だけを一途に想いながら作られたジグなんですよ!

ワイドがバスを虜にするアクションをフルサポートするジグ!

誰が使ってもスライドしながらフォールを確実に演出する事の出来る唯一のワイド専用設計!

それがスライドフォールジグですよ!

 hideup 岩田健司 ブログ写真 2018/06/07

しか~し、そのポテンシャルはワイドだけでは無かったのはココだけの話!!

僕はスタッガーオリジナル3インチや3.5インチをトレーラーにミニスコーンとしても使ってます。

使い方はカバー側やライトカバーを通すのに使用してます。

ウェイトが軽いとカバーの上を越えやすいのとフックが小さいので無駄に引っ掛からないしスタックもしにくい!

そしてシルエットが小さいので隙間を通しやすい!

hideup 岩田健司 ブログ写真 2018/06/07

そんなメリットがあるので僕は軽くて小さなフックのスライドフォールジグをシャローで愛用してますよ(^_-)

slide_fall_jigstagger_original_35stagger_wide_twintail_33

西の湖チャプター第2戦

2018-06-05 18:44:51

土曜は西の湖ローカルな友人のボートに同船して湖をグルッと見て回って釣りもしたけど、ギルバイトのみ。

教科書通りに作られたようなポイントなら絶対におるやろ!的な場所でも全く生命感無し。。。

何も見えないままプラ終了。

 

hideup 岩田健司 ブログ写真 2018/06/05

試合当日はもちろん巻き&撃ち!!

かなり細かく丁寧に慎重に撃って巻いてしましたが、全く魚の反応は得られずでした。

周りでも釣れている人は1人しか見てなかったので、厳しいんだなぁ~と思いながら帰着。

 

なんとウェイインに向かう人が多い事!!

正直ビックリしました!

西の湖ローカルな人達はキッチリ釣ってます!

自分が琵琶湖で得意とする巻き&撃ちが今回も全く通用していなかった事にかなりショックでした。

 

終了後、ローカルな人達と色々お話しさせて頂き何が違うのかわかりました!

それは僕の琵琶湖スタイル自体が通用しない事が!

同じカバーでもタックルが全くの正反対!

超フィネスなカバータックルだったのです。

 

それでも僕には、そんなんで入るの?掛けたら切れるやん!取り込めへんやん!としか思えないタックルセッティングでした。。。

 

hideup 岩田健司 ブログ写真 2018/06/05

すごく悔しかったけど、とてもいい勉強にもなりました。

この経験は新しい引き出しにします!!

 

最後に大会運営スタッフ様、会場を提供してくださったトムソーヤ様、協賛各社様、選手の皆様、楽しい1日をありがとうございました。

毎日の楽しみ♪

2018-05-31 16:47:45

仕事が早く終わって、陸っぱりが可能な状況の時は出来るだけフィールドへ足を運んでます。

hideup 岩田健司 ブログ写真 2018/05/31

とは言ってもNBC会員の規則があって日の入り後1時間までしかバス釣りはダメなのでスムーズに釣り場に行けたら長くて1時間半くらいかな?

 

毎回自分で何かテーマを考えてやってます。

それはHU-70だけ!とかパイロンだけ!とか使うルアーを限定する時もあればプラグだけ!スタッガーだけ!ヘビキャロだけ!なんて日もある!

hideup 岩田健司 ブログ写真 2018/05/31

そのテーマでエリアを決めて行ってます。

当たり前だけど水の色も違えば、水深も水の動きもウィードやベイトの多さも違うし、釣り人の数によるプレッシャーや駆け引きも違う。

 

フィールドを見渡して状況を把握。

あれこれとイメージ(妄想とも言うw)して何処へ投げるか、何処を通すかなんかを考えて1人トーナメントしたり(笑)

それで釣れた1本は最高に気持ちいい!!

仕事帰りのチョイ投げ!

めっちゃ楽しんでます!

 

あと最高に素晴らしい夕焼けが観れます!

 

もう鳥肌が出るような超キレイな時は、思わず手を止めてずっと見惚れてしまう時もあったりします。。。

hideup 岩田健司 ブログ写真 2018/05/31

やっぱ、基本は陸っぱりですね!

はっきり言ってボートより難しいわ( _ )

ビワコオープン第2戦

2018-05-29 10:16:34

天候、潮周り、参加者数、その他諸々から考え、当日は東岸シャローのワンエリアに絞ってスタート!

開始早々にアフターで痩せてるけど2kgキャッチ!

この1本でカバーに餌食いに入ってると確信。

しかしショートバイトでノラない。

それでもウェイト、ボリューム、シルエット、アクションを変えて9時にはリミットメイク完了。

魚のポジションは掴めたけど、なかなかテクニカルな展開。

喰って来るのはキロ前後ばかり。

2kgクラスが欲しいけど来てくれない。。。

場を休めるためにクランクを巻いてみたけど、全くバイトが無い。

ハスッコは山盛り泳いでるけどライズが見当たらない。。。

やっぱカバーだなとカバーに戻って撃つもサイズアップはないままタイムアップ。

 

目標のリミットメイクは達成出来たけどウェイトは3840gで届かず78位。

参加者345名から見ると上位(笑)

てか、こんなんではアカ~ン( _ )

どうにかしてエエ魚獲れるようにせな!

シャローはまぁまぁ厳しい状況やったと思うけど、どうにかして切り開かないとね!

 

まだまだ修行です(و•̀ω•́)و 

hideup 岩田健司 ブログ写真 2018/05/29

最後に大会運営スタッフ様、会場を提供してくださったアークロイヤル様、協賛各社様、選手の皆様、楽しい1日をありがとうございました!!