岩田健司HIDEUP Blog

NEWアイテム!!

2018-01-30 18:38:37

スライドフォールジグ2.7g,3.5g #1/0フック

hideup 岩田健司 ブログ写真 2018/01/30

コレは僕にも待ってましたなアイテム。

あんまりジグのイメージは無いかと思いますが、HU-70が送り込めない濃いカバーの奥に入れる時に使っているのがスタッガーオリジナル3.5インチのミニスコーンなんです。

じゃ、なぜスコーンジグじゃ無いのか?

その答えは

①ウィードレス効果を高める為に軽くコンパクトにしたいから!

②トレーラーのスタッガーオリジナル3.5インチにバランス良くフックセットしたい。

③複雑なカバーの中でしっかりフッキングを決めたい!

そんな思いがありました!

hideup 岩田健司 ブログ写真 2018/01/30

重いとヘッドが下がり気味になってゆっくり巻けない。

フックが大き過ぎるとカバーに干渉しやすい。

シルエットが大きくなると狭いカバーの奥に送り込みにくい。

そんな悩みを解消してくれるのが今年の新製品、スライドフォールジグ2.7g,3.5g #1/0フック!!

hideup 岩田健司 ブログ写真 2018/01/30

楽しみにしてて下さいね

slide_fall_jig

初バスを求めて③ 朝練

2018-01-28 15:42:44

今回の大寒波はホンマよー降りましたね~!

もう積もらないとは思いますが、今現在もパラパラ降ってます。。。

 

 そんな雪が残る中、初バスを求めて今年初の朝練に後輩のガイド付きで行って来ました(笑)

ココ数日釣れ続けているとの話を聞いて、それなら俺も気合入れて行く!って事でまだ真っ暗な4時過ぎに起きて陸っぱりポイントへ!

hideup 岩田健司 ブログ写真 2018/01/28

 

当たり前やけど、浜辺も一面真っ白!

サブいを通り越した痛い冷たさ(><)

完全装備で肌の露出は目元と指3本づつにしたけど、ジッとしてたら死ぬかと思うほどの冷え込み!

 

釣れているのはスピニングでのジグヘッドらしい。

でも、初バスだけにそこは譲れないのでHU-70!!

 

ガイドは凍るし、バックラッシュするし、なかなか手強い冬の朝練!

 

ガイド凍結対策にメカニカルブレーキと遠心ブレーキを締めてギリギリのセッティング!

hideup 岩田健司 ブログ写真 2018/01/28

 

いつも同じ時間帯に訪れる時合いでワカサギに付いてくらしい。

 

黙々とキャストを繰り返しながら、ガイドにまとわりついた氷溶かしのルーティン。

 

水面がザワついてきたなと思ったらライズ発生!

ベイトが水面を跳ねるのも見えた!

 

寒さを忘れてテンションが上がって、その付近めがけてフルキャストしたらバックラッシュ(泣)

冷たくなった指で解す事がどんだけ難しかったか(笑)

 

気付いたら朝焼けで少し寒さもマシになってる。

hideup 岩田健司 ブログ写真 2018/01/28

 

久し振りの凍結釣行はオモロかったです(笑)

 

えっ?

 

なに?

 

本日終了(T-T)

 

 

hideup 岩田健司 ブログ写真 2018/01/28

俺の初バス探しの試練はまだまだ続く(ToT)

HU-70

HU-70 & HU-30BT

2018-01-24 16:43:00

わかりやすいようにHU-70HU-30BT(元祖HU70ボンバーチューン)を比較してみました!

 

前から

hideup 岩田健司 ブログ写真 2018/01/24

 

 

上から

hideup 岩田健司 ブログ写真 2018/01/24

 

横から

hideup 岩田健司 ブログ写真 2018/01/24

スペックはHU-70と全く同じでリップ形状が違うだけなので、めっちゃよく飛びます!!

飛行バランスもいいので狙ったスポットにちゃんと入ってくれるのも嬉しい!!

 

HU-70以上に何処にでも使えるシャロークランクだと思います。

特に陸っぱりには出番が多いはず!

 

 

前回はリーズ前ドシャローをショートキャストで巻きまくってました!

hideup 岩田健司 ブログ写真 2018/01/24

ウェイトが約8.6gあるので手返しよくショートキャストするのにもやりやすいし、ピッチングでも送りやすいです!

 

タックルバランスも重要になるかと思いますが、MACCA610MH を使ってました!

6フィート10インチの長さがストレスなくショートキャストをバッチリ決めます!

張りのあるしっかりしたバットからベリー、繊細なティップでキャスタビリティも高く、遠投も得意です!

特にリーズ前やカバー周りの接近戦での魚とのファイト時には大活躍するモデルになります!

 

是非、来月からのフィッシングショーやキープキャストで直接触ってお確かめ下さい!

HU-70macca

初バスを求めて...②

2018-01-22 10:47:25

2週間ぶりの湖上へ!

僕の初バスを探しに行ってきました!

hideup 岩田健司 ブログ写真 2018/01/22

ミック前で7台なのでこれより南はさらに低くなるのでココより北側に!

 

すぐ隣の雄琴港前のシャローからスタート!

 

HU70HUシャッド、ラオラ、スコーンジク7g+スタッガー3.5インチ、スピナーベイトを状況に合わせて使う。

hideup 岩田健司 ブログ写真 2018/01/22

雄琴港前アクティバ前→OPAL雄琴ワンド山ノ下ワンド名鉄ワンド。。。。

hideup 岩田健司 ブログ写真 2018/01/22

エンジン使わずにずーっとエレキで2mまでを舐めるようにチェックしたけど生命反応無し。。。

 

西岸よりさらに水温が低いのはわかってるけど東岸の赤野井へ移動。

hideup 岩田健司 ブログ写真 2018/01/22

予想通り1前後低い。

 

5号水路前から湾内をぐるーっと回ってテトラや棚や枯れ蓮もやってみたけど全く反応無し(^^;;

 

最後に霧雨の中、雄琴港内をくまなくチェック!

 

そこでなんと2018年初のレインボー!!

hideup 岩田健司 ブログ写真 2018/01/22

薄っ。。。。。

 

本日終了(笑)

 

大丈夫ですよ!

今年の冬は想定内ですから(^_^;)

 

hideup 岩田健司 ブログ写真 2018/01/22

 

2018初バス探しの試練は続く。。。

出撃準備中!

2018-01-21 01:33:06

明日の出撃準備をしてたらもうこんな時間。。。を

て事で、このタックル3本で挑みます!hideup 岩田健司 ブログ写真 2018/01/21

HU70オンリーです❗️

 

 

いつものカーボンMHロッドにフロロラインのアブソルートAAA14lb!

hideup 岩田健司 ブログ写真 2018/01/21

 

MACCAのプロトタイプグラスロッド71Gとノガレスのナイロンライン、デッドオアアライブ タルフレックス12lb!

hideup 岩田健司 ブログ写真 2018/01/21

 

MACCA71M にPEラインのアバニ シーバス フルキャスト1号にリーダーはアブソルートAAA 14lb!

hideup 岩田健司 ブログ写真 2018/01/21

この3セットあればきっと対応できるでしょ(笑)

初バス求めて頑張ってきます( ̄(エ) ̄)v

HU-70

海スタッガーが好調!!

2018-01-16 19:04:59

厳しい琵琶湖とは正反対の日本海!

また友人から釣果報告が来ました!

今回は2.5インチが当たりサイズだったそうですよ!

hideup 岩田健司 ブログ写真 2018/01/16

リグはフリーリグでしっかりボトム取ってリフト&フォール!

hideup 岩田健司 ブログ写真 2018/01/16

潮が動くタイミングだと入れ食いモードに!!

MAX30cmでかなり楽しめたそうですよ!

stagger_original_25stagger_original_2stagger_original_3

cblm最強版 岩田式!!

2018-01-14 22:29:28

cblmがセット可能な市販されているタモ網用の柄はcblmでの使用や強い力で一直線に引き抜く事を想定されていません。

その為、強過ぎる力で引くと柄や接続部分が破損する恐れがあります。

そのような場合に力強く引くことが出来るように工夫をしたのが最強版岩田式です。

通常の使用ではルアーが外れない場合にお試しください。

土嚢袋、トン袋、捨て網、蛇籠、タマネギ、ネットなど簡単に外れない相手に対して特に有効です。

 

いつも使っているcblmがセットされた柄。

hideup 岩田健司 ブログ写真 2018/01/14

セットされた柄の全長より50cm以上長い細めの丈夫なロープを用意します。

5mm程度の太さが理想。

hideup 岩田健司 ブログ写真 2018/01/14

そのロープを赤丸の部分に結びます。

もう片方のロープの端は柄の持ち手付近に軽く巻き付けて結ぶ。

hideup 岩田健司 ブログ写真 2018/01/14

私はスグに使えるようにカラビナをセットしています。

hideup 岩田健司 ブログ写真 2018/01/14

この状態でいつも通り水中へライン伝いにルアーに辿り着いたら持ち手のロープを解いて引く。

その際には必ずロープに力を入れて引き、柄は支え程度に持ってください。

 

ゆっくりジワァ〜っと力を入れていくと、フックが伸びたりスプリットリングが伸びて無事に帰って来る予定です(笑)

 

 

☆ワンポイントアドバイス☆

通常時のスッポ抜け防止に柄のネジ穴と柄の接続部分(赤丸)をボンドなどで補強する事をオススメします。

hideup 岩田健司 ブログ写真 2018/01/14

注意事項※

不安定なボートの上や足場の悪い所ではバランスを崩して落水しないように十分注意して下さい。

ルアーの素材や構造により破損や変形する可能性があります。

くれぐれも無理し過ぎないように自己責任でお願いします。

 

皆さんの大切なルアーが1つでも多く無事に回収されることを願ってます♪

hideup 岩田健司 ブログ写真 2018/01/14

cblm