岩田健司HIDEUP Blog

日本最大!?

2019-03-29 16:32:33

週末はビワコオープン!

誰でも参加出来て、年4戦の毎戦老若男女合わせて約300名程の琵琶湖で1番大きなバストーナメント !!

って事は、きっと日本で1番大きなバストーナメントですね♪

hideup 岩田健司 ブログ写真 2019/03/29

このトーナメントでお立ち台に立つのはなかなか難しくて価値があります!

バスプロやプロガイドも出てるし、本気でプラクティスから入る人や、お祭り気分でファミリーや仲間同士で楽しく参加される人などスタイルは様々♪

参加するだけでも楽しい豪華抽選会やジャンケン大会もあります!

 

もちろん僕は本気で戦ってます♪

どうしてもあのテッペンに立ちたくて!!

 

いつかはきっと。。。

なんて毎回妄想してます(笑)

 

今回もここ最近の釣果を見てると、そんなにウェイトは出ないだろうと予測してますがどうでしょうね?

 

リミットは3本ですが6kgあればお立ち台じゃないかなと?!

 

僕の今のシャローでは不可能では無い数字ですが、3本が揃わない。。。

 

どうにかリミットメイク目指して頑張りたいと思います!

それでは当日までイメトレでプラしときますwww

裏80XH

2019-03-28 16:40:27

フリップロッドとして誕生した赤マッカ80XHなのですが、裏の顔もあるんです♪

 

それは後から判明したんだけど、長さとロッドの持つスペックから陸っぱりでのヘビキャロにも最適な事が判明!!

 

それは1ozオーバーのヘビキャロシンカーをぶっ飛ばすだけではなく、繊細なティップが70m先のバイトまでしっかりと手元に伝えてくれる事でした。

hideup 岩田健司 ブログ写真 2019/03/28

フッキングでも8ftのロングレングスが確実にモンスターの顎を貫く事も実証済み。

開発当初では考えもしなかった陸っぱりヘビキャロと言う裏メニュー(笑)

hideup 岩田健司 ブログ写真 2019/03/28

ヘビキャロユーザーならきっとわかってもらえると思います♪

stagger_original_3Red_macca

変化

2019-03-27 16:48:08

ここ数年劇的に変化するシャローの状況。

 

県が行う外来植物のオオバナミズキンバイの駆除による刈取りで昔から同じ場所に生えていた浮芝も一緒に刈られてたことによるフローティングマットの減少。

減少と言うより消滅の方が合ってるのかも。。。

それほど無くなりました。

 

夏になれば繁ってくる水生植物もあるけど。。。

プライベートなら問題ないんだけど、試合で使えないのはかなりり痛い。。。

 

それは撃ちと巻きがメインの僕には巻きがダメな日はお手上げになってしまうって事。

そんな場合にでもシャローでアジャストさせるための何かが必要だなぁ~と感じ始めました。

 

年々フィールドが変化して行く中で、僕自身のスタイルも合わせていかないと試合では勝てないからね。。。

 

試合が好きだけら、勝ちたいから勝負するんだし、それを理由に負けた言い訳にもしたく無い!

 

今まではボートが小さかったから積めるタックルも制限されたけど、VEXUSになってその心配は無くなった❗️

3軍落ちしていたロッド達で色々試してみよう♪

hideup 岩田健司 ブログ写真 2019/03/27

あっ、リールが全然足りんがなw

HUMRC-80XH

2019-03-26 19:22:31

今月フリップで3010g2800gを獲る事が出来たのは間違いなくロッドのお陰です。

僅かなバイトも見逃さない感度と素直に入るティップだからこそ掛けれました。

少ないバイトを確実なモノにするには繊細なティップが欠かせません。

hideup 岩田健司 ブログ写真 2019/03/26

8フィートのエクストラヘビーアクション。

1.5ozのヘビーテキサスリグを1日撃ち続ける事を前提に無駄なパーツを省きチタンマイクロガイドで軽量化。

ガイドはブランクスの持つパワーを余す事なく発揮出来るようにスパイラルガイドを採用。

hideup 岩田健司 ブログ写真 2019/03/26

モンスターを引き抜く強靭なバット&ベリーからは想像出来ない、細かいアクションを可能にする繊細なティップと僅かなバイトも見逃さない感度を持って生まれてきたトーナメントスペックなフリップロッド。

見た目ではわからない軽さもあります。

hideup 岩田健司 ブログ写真 2019/03/26

それは2DAYトーナメントでもストレス無く撃ち続けるための大きなアドバンテージになります♪

Red_macca

ローカルトーナメント

2019-03-25 16:42:45

日曜日は釣り仲間のローカルトーナメントのマエダカップ第1戦でした!

今年は新ルールを試してみようと言う事で1匹のウェイトで勝負!!

そのウェイトの全戦トータルで年間成績が決まる仕組み。

今なら獲れたらデカいシャローなので僕には有利なルール♪

 

まだまだ寒くて手が痛くなる寒の戻りな朝。

数日前に大荒れした影響で前回より濁りが入っていて、クリアだったの比べると少しはマシになった感じがしたけど、やっぱりバイトはかなり遠い。。。

 

数種類のシャロークランク、バイブレーション、スピナーベイト、ミノー、スコーン、ブレードジグと手を替え品を替えて色々試したけど答えは帰ってこない。。。

 

小規模で貴重なカバーに慎重にアプローチ。

ワイドホグ3.3インチを丁寧に送り込んだ。

カバーを抜けてボトムまでは水深30cmのドシャロー!

良さそうな場所に送り込んだ数投目に違和感からのフッキング!!

80XHがブチ曲がって深さがないので即スタック!

ロッドから生命反応が伝わる。

すぐにcblmでカバーを広げて取り出し作業!

デカイ口が現れて無事にキャッチ♪

hideup 岩田健司 ブログ写真 2019/03/25

シビれたぁ~!!

しかし、その後は数カ所移動したけどノーバイト。

 

3kg無かったら厳しいかなぁ~と思ってたけど、ウェイインの結果は2800g1番!!

 

幸先の良いスタートが出来ました♪

 

来週末はビワコオープン第1戦。

それまでにシャローに入って来て~と願うばかりですw

hideup 岩田健司 ブログ写真 2019/03/25

ロッド:HUMRC-80XH

リール:クロナーク HG

ライン:怪魚PE Si-X VAMOS 5

ルアー:ワイドホグ3.3インチ 

フック:ストレートフック #4/0

シンカー:スカパンシンカー1.25oz

調査な日

2019-03-22 16:41:13

昨日は雨予報だけど早く確認したい事があったから濡れるの覚悟で朝から出撃!

それはシャローカバーの状況と今後の対策のために色々と見ておきたかったんです。

 

西岸シャローをず~っと見て回りました。

かなりの範囲を延々と。。。

 

目で見える水中や陸上は間違いなく春!

つくしが生えてたり、ウグイスがちゃんと鳴いてたり、亀がよーさんいてビックリ!!

多分亀は20匹くらいは見たと思う!

hideup 岩田健司 ブログ写真 2019/03/22

で、肝心の魚もウヨウヨいました!

春の風物詩とも言える鯉のハタキ準備はどこにでもいて、デカイバスもウロウロ♪

 

でも、食わないんですよねぇ~。。。

それを思うと、すでにスポーニングを意識した個体かも。

 

観察しながらも少し巻いたり撃ったりしましたが反応はナシ!!

でも、気になってた場所をちゃんと見れたのでバッチリです♪

hideup 岩田健司 ブログ写真 2019/03/22

あとは僕がどうアジャストさせていくかです。

次から色々試しながらチャレンジしたいと思いました。

 

早速、日曜は楽しみです♪

春が来た?!

2019-03-20 16:48:05

いつもこの時期に過去に遡って確認する事がある。

それは『My春』の訪れ♪

 

以前にも書いたけど『春が来た!』って言うタイミングは人それぞれ違う。

現時点でもすでに『春』な人もいればまだ『冬』な人も居る。

もちろん僕は後者側で春は少し遠い感じ。

 

僕が基準とするのはボトムでネチネチした釣りでしか釣れてないうちはまだ冬で、スコーンや巻きで魚が追って食い始めたら春!

それらを確認するために数年遡って自分のSNSを確認してみる。

 

やっぱりこの時期はまだ冬(笑)

釣果も厳しい。。。

 

確認した結果、ここ数年は4月下旬頃から春めいてた。

でも、少し温かい日が続くと数日限定で春めいてるw

魚は素直だねw

hideup 岩田健司 ブログ写真 2019/03/20

明日は祝日で出撃予定!

水位が増えてるしシャローはいい感じ♪

まだ当分は冬の考えで魚を探そうと思います♪