室町雄一郎HIDEUP Blog

戦線離脱?と近頃のワイド事情。

2018-09-19 23:18:39

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2018/09/19

ケガをしちゃいました、もう1ヶ月前程の事なんですが。。。印旛沼のスロープで転んで手をついた際に、落ちていたヒシの実に手をついてしまって大怪我?みたいな具合に、、、見た事がない程まで膨れ上がってしまった左手を見て「今年はもう諦めるか」とまで思っていましたが、現在はようやくロッドが握れる程まで回復してきました。ここから完治まで時間が掛かりそうな感じはしますが、取り敢えず来週のJBマスターズの最終戦や翌々週の関東Bブロック(千葉県NO1決定戦。過去に一度勝ってる)のエントリーはなんとか出来そうです。

さて話しは変わりまして!僕がハイドアップのルアーの中で最も好きな釣りはスタッガーワイドの釣りなんです。今年のニューカマーにはスタッガーワイドホグ2.7が新しくラインナップされる事となりましたが、一体オリジナルのワイドとの使い分けって何なのよ?と手にしてから迷っている方もいらっしゃると思います。僕も始めはそうでしたし、、、今回はそこら辺のお話しを含めて少々書いていこうと思います。

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2018/09/19

こちらはJBマスターズ霞ヶ浦戦のプラクティスの様子です。この時がワイドホグとオリジナルのワイドとの差を感じるキッカケになりましたね!

この時期のマスターズ霞ヶ浦戦は毎年減水傾向の中で開催される事が多いため、沈み物のストラクチャーやショアラインから離れたブレイクをいかに釣るかにプラクティスの焦点を当てました。

ショアラインからブレイクの3mラインまでを効率良く、そして誘いとリアクションを同時に掛ける事が出来るライトキャロの有効性に気がつき、、、ハードボトムや沈み物にワイドホグを当てるだけで面白い様に深いレンジのバスを釣る事が出来ました。

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2018/09/19

しかも釣れればアベレージは700〜800g以上とクオリティが高い魚だけを選んで釣れるというおまけ付き!ワイドホグもオリジナルのワイドと同様にドリンクバイト多発。

メインにしていたロッドはMACCA64Lのスピニングタックルだったため、ラインも必然的に細くなりドリンクバイトでラインブレイクを恐れていましたが、、、そこはロッド全体が曲がってくれるクッション性と今年発売された18EXISTの滑らかなドラグでカバーする事が出来て難なくクリアー!不安要素は全くない状態でトーナメントに挑む事が出来ました。

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2018/09/19

しかしここで1つの疑問が浮かんできたのです。これってオリジナルのワイドでも釣れるんじゃ・・・。ワイドホグじゃなくてオリジナルのワイドの方がもっと釣れるのでは?

という事で実際に検証してみた結果、オリジナルのワイドに変えてみると全く釣れない!これがほんと驚いたのが、あれだけワイドホグで釣れていたのがワンバイトも無し。明らかにバスがワイドホグとオリジナルのワイドを食い分けていると実感しました。

ワイドホグは沢山のパーツが付いているワームです。複雑な波動を生むワイドホグはエビをイミテートしているワーム。反対にシンプルなシャッドテールが付いているオリジナルのワイドは魚をイミテートしているワーム。つまりこの時のバスは明らかにエビを好んで捕食していたという事。エビの産卵期や目で見てエビが多いシチュエーション、または釣れたバスがエビを吐いた時はワイドホグの出番です!お試しあれっ

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2018/09/19

ボートフィッシングだと今の所ライトキャロに有効性を感じているワイドホグですが、オカッパリではジグトレーラーとしても大活躍!

ワイドは偏平でキャスト時に空気抵抗を大きく受けてピンスポットにルアーを決めにくい特性から、手返しが重要なボートフィッシングではあまりワイドホグをジグトレーラーとしては使いません。

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2018/09/19

しかしそれはオカッパリには当てはまりません♪フリップキャストや足元にルアーを落とすだけのシチュエーションにはワイドホグをジグトレーラーにするのは大アリなんです。この時はハイプレッシャーなインレットをワイドホグを落として一発で決める事が出来ました。

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2018/09/19

そんなこんなでワイドホグについて少しだけ書かせて頂きました。僕の言いたい事はオリジナルのワイドとワイドホグはシチュエーションに応じて使い分けましょ!ということ。どちらかが効かない時にどちらかが効く事もあるかも?両方釣り場に持ち歩きましょー!

stagger_wide_hog_27

MACCA

2018-06-16 23:26:35

 皆さんこんばんは!

最近ではHIDEUPの新製品「赤いMACCA」がお客様からの問い合わせで多くなっているのが感じられます。発売は来月から再来月にかけての予定なので是非、楽しみに待っていて欲しいと思います!

実際のところ赤いMACCAってどうなのよ?と気になる所はさておき。。。今回は既に店頭に並んでいる「青いMACCA」についてを再度、掘り返して書いてみようと思います。

MACCAは8本でラージマウスを攻略するというコンセプトを元に設計されているため、現在店頭に並んでいる8本さえあればどのフィールドのラージマウスバスにも対応する事が出来ます。僕の周りでは8本全て揃えて頂いたお客様も何人もいらっしゃいます♪そして僕自身もこの8本でJBの全国トレイルを行なっているので自信を持ってオススメ出来るロッドだと思っていますよ!

今回は2016年のTOP50参戦時から現在に至るまでで一番使い込んでいるのではないかと思うロッドをご紹介!それはHUMC610MH+という番手です。

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2018/06/16

このロッドはミディアムヘビークラスのロッドパワーでアクションはレギュラーテーパー

このレングスにありがちなエクストラファーストやファーストテーパーの様なジグ&ワームロッドではなく、中量級ルアーを巻くためのロッドだと僕は思っています。

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2018/06/16

昨年秋は霞ヶ浦でスコーンを巻きまくりました!それもまあまあ早いスピードで。グリグリと巻いてると突如として強いバイトに襲われます。この「突如として強いバイトに襲われる」というシチュエーションに使いたいのが、ロッドの真ん中から曲がってくれるレギュラーテーパーのロッド!フッキングしてロッドを真ん中から曲げるとバレる気がしないんです。逆にファーストテーパーのロッドでバイトがあると、ロッドを曲げきれずにバレてしまったりバイトを弾いてしまう事があるんです。

ちなみにこの610MHでキャストするスコーンの組み合わせで僕が1番好きなのは、スライドスコーンジグの5gか7gにスタッガー3.5インチ。この組み合わせがサイドハンドキャストやピッチングをシャローのアシ周りにする際に気持ち良くキャスト出来るウエイトだからだったりします。魚じゃなくて人間の都合ってw でもこれ大事!

例えばこれがスタッガー4インチをトレーラーにセットした場合。レギュラーテーパーの610MHはあまり重いウエイトのルアーをピッチングでキャストすると、ロッドが真ん中から曲がってしまうためキャストする方向を決めにくくなってしまいます。自分的にはスタッガー3.5が気持ち良く投げられるウエイト!

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2018/06/16

直近ではHUMC610MH+にスティーズSV、ラインはブレイブZ14lbをセットしたHU150(ブラックバックチャート)で50UPをキャッチしましたよ!この時はお客様とボートに2人乗りをしていたので、持ち込むタックルに制限がありました。なのでロッドに求めたのは汎用性!610MHでキャストしたのはHU150、スピナーベイト3/8oz、ビックバド、クローラーベイトなどなど。

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2018/06/16

ご存知の方、いらっしゃいますかね?!沼の50UPってめちゃくちゃレアなんです。。。やっぱり湖が浅いからなんでしょうか、大きく育つ前に気象や自然の変化に耐えられなくて死んでしまうのでしょうか。

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2018/06/16

夕日が綺麗なこの一枚は上記と同じタックルセッティングに、ルアーはビックバド!これ位のルアーウエイトが1番気持ち良くキャスト出来る。で、バシュッとバイトがあるとロッドが真ん中から曲がるからバレにくい。気持ちイイぜ!

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2018/06/16

余談ですが、、、

ここまで良いところばかりを書いてみましたが、610MH+の不向きなシチュエーションを参考までにご紹介します。

これはズバリ、テキサスリグなどの近距離でのカバー撃ち。カバーでバイトがあった時は鋭くて瞬発的なフッキングが必要になります。しかし610MH+はロッドの真ん中から曲がってしまうため、瞬発的なフッキングをする事が出来ずにバスの上顎にワームフックを貫通させる事が出来ません。カバー撃ちをするならファーストテーパーの67MHか71H!MACCAを既にお持ちのユーザー様はこちらを意識して使って頂けると気持ち良く釣りが出来ると思います。

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2018/06/16

今週もガイドでした

2018-03-18 22:19:44

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2018/03/18

さてさて

今週もガイドとして出撃してきましたよ!

昨年の5月に同船した際、ラバージグで50アップを釣ったKさん。初めての早春の印旛沼、という事で鼻息荒く?登場♪

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2018/03/18

しかしまあ、自然というやつはなかなか見方をしてくれません。ここのところ暖かい日が続いていたのですが、前日に突如冷たい雨が降り出して状況は急展開。当日の朝の気温は2度です、、、ここ千葉ですよ?

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2018/03/18

水温が下がった際のフォローエリアや、春の定番北エリアも回りましたがノーバイト!まだ春は遠かったか。。。またのリベンジをお待ちしております!

そうそう!今回のガイドからスコーンを投入してみました。パラのガマでスピナーベイト、っていうのが印旛沼の春の定番なんです。ガマに当ててもスタックしなくて手返しよく効率よく探れるからなんですね!でもアングラーのプレッシャーやフィールドの条件次第ではスピナーベイトが効かなくなる事もありえます。そんな時にパッと思い浮かんだのはスコーンの釣り!昨年の秋の霞ヶ浦ではベジテーション周りでいい釣りしましたからね。印旛沼では明らかにスコーンが効きそうな流入河川の水色ではスコーンは春のひとつの持ち駒でもありますが、ボートで釣る濁りがあるエリアではまだ僕の中では未開拓。これからしっかり釣り込んでみようと思います。

今年初ガイド

2018-03-12 23:20:45

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2018/03/12

今年初の印旛沼ガイド!

1発釣れればスーパーなビッグを求めて走り回る!

2、3日前に連続で降り続いた雨の影響で水位がグッと上昇してからの減水状態の湖。オスのバスはシャローの矢板のインサイドに入り始めてはいるものの数は少なめ。プリのメスは矢板前のガマであろう時期ですが、まだ湖のコンディションが良い状態ではないのか口を使わせる事が出来ないまま無念のノーフィッシュ!

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2018/03/12

水温はとうとうここまで上がってきましたね!ほんと、あと少し!春の沼が釣れ始めるのはもう少し、といった所まできました。

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2018/03/12

バイトが遠いなか最後まで頑張ってくださいました!最後はみんなで決めポーズ笑笑 良い感じに撮れましたね♪ 是非リベンジを!という事だったのでまたチャレンジしに来てくださいね!1日お疲れ様でした!

とにかくオカッパリだ!

2018-03-01 00:01:38

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2018/02/28

明日の天気は大荒れの予感。1時間に10ミリを越す大雨に風速10mの大風。潮周りもよし。色々と大荒れな予感モリモリ!

そんな大荒れな時こそ基本に忠実に。風が吹いたらスピナーベイト。スピナーベイトが飛ばない大風はバイブレーションがいい時がありますね!どんなに大風でもぶっ飛んでくれますから♪

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2018/02/28

こちらの写真は昨年の2月20日

とんでもない爆風の日に釣り上げた貴重な1匹!

関東マッディシャローレイクはウインディサイドでビッグミノーが流行り?バイブレーションもイケてると思いますよ!

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2018/02/28

ここの所、2日に一度?3日に一度のハイペースで印旛沼のオカッパリ。

釣果はともかく。なんでオカッパリかといいますと、この時期は水がクリアアップしているため水中のストラクチャーが目視しやすいからなんです。この時期にフィールドに通って水中のストラクチャーを目視して覚えて。そうすることで自分の持ち駒が増えると思うんです♪

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2018/02/28

まあたまにはこんなミスもありますが、、、

予定をしていた3月の印旛沼ガイドは先にお話しを頂いていたお客様優先にさせて頂きました。

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2018/02/28

そして余談?ですが、今月のロッド&リール誌!

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2018/02/28

弊社のアプリ機能をご紹介させて頂きました。

HUシャッド60SPのトロ巻き&ストップで入れ食い連チャンモードの取材でした。

弊社のアプリ機能、お得にお買い物が出来る機能満載です!是非ご活用くださいね!

根掛かり防止対策

2018-02-15 11:10:42

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2018/02/15

スライドスコーンジグの根掛かり防止対策!

マッディシャローレイクではボトムにコンタクトさせたりカバーに絡めたりと使い方は様々。特にボトムのストラクチャーにジグをコンタクトさせた瞬間、ジグが寝てしまいガードがあるにも関わらずフックが干渉してしまう事もしばしば。そんな時はスライドスコーンジグのガードを広げてあげましょう。

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2018/02/15

たったこれだけ!

ストラクチャーからフックを守る面積が増えます。スライドスコーンジグだけでは無く、他のカバージグにも同様のメリットがあるので是非試してみて欲しいと思います!

まだまだシャッドが強い季節

2018-02-11 10:14:56

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2018/02/11

最近は暖かくなったきましたね!日照時間も長くなり、春を待ちきれずに釣りに出かけたくなる気持ちでいっぱいになるアングラーが多い季節!

とはいえまだまだ水の中は冬モードを引きずっております。。。そしてまだまだ強いのはシャッドの釣り。

マッディシャローレイクに関してはもう少しするとシャッドだと通しにくいポジションにバスが移行してきます。そしていよいよスピナーベイトやスコーンのシーズン開幕!と言ったところでしょうか。

hideup 室町雄一郎 ブログ写真 2018/02/11

冬のシャッドの釣り、個人的にはリールがとても重要な役割をする釣りかと思っています。オススメはハイギアでショートハンドル。ルアーのアクションを感じつつ、ボトムにルアーが当たった時にリーリングし過ぎないため。巻き感度が良い、的な表現でしょうか・・・。ハイギアのロングハンドルはルアーのアクションを感じる事は出来るけど根掛かりしやすいかと。ローギアのショートハンドルはルアーのアクションを感じるために早く巻かないといけない。

感覚的な所が大きいので良い悪いは個人であると思います^ ^ 僕のオススメはハイギアショートハンドル、という事で♪