HIDEUP Blog 永野総一朗

9月26日韓国遠征ラストDAYと、韓国でのバスフィッシングについて!

2019-09-30 09:29:46

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2019/09/30

先日の韓国遠征最終日はボート。
栄山江(ヨンサンリバー)にて、名ガイド、カンさんのFX21で出撃!!!

昨年行ったナットンリバーもそうでしたが、こちらの川はいろんな要素あり!
川ならではの護岸やアシはもちろん、立木、岩、垂直岩盤、スタンプ、さらに、、、ウィード。ヒシモマットなんかもあります。
1本の川に日本の、川、ダム、自然湖の多くの要素が入っており、おまけに川幅広いし、超長い!
橋脚はもちろん、沖のインビジブルなストラクチャーもある為、はっきり言って一日や二日では到底攻め切ることができません笑

釣れる釣りを追いかけると身動きが取れないので、フィールド条件から自分のやりたい釣りをセレクトし、
その釣りで回れる限りを回る、というのが一番の楽しみ方かなと感じました。素晴らしいフィールドです。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2019/09/30

で、タックルはこんな感じ。
クランク巻いて、ジグを撃つ というマッディリバーらしい展開でやっていきました。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2019/09/30

ジグは撃つだけでなく、フォールや巻きでも誘えるように
ミニスコーンにしました。

〇スライドフォールジグ9g&スタッガーオリジナル3.5インチ。
このセット、非常に便利でカバー撃てるし、バンク沿いをカーブフォールさせることも、岸と並行に巻いたり、
ジグスト的に中層を釣ったりできます。

で使っていくうちに何より感じたのが

このセット、最高に水面をすべる。要はスキッピングしやすいんです。

ってことで困ったらこの超万能なスコーンを投げてました。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2019/09/30

朝はクランク(HU300)でカワイイサイズを釣りながらカバーではジグ撃ち。
最初のグッドサイズはミニスコーンでした!

背景のようなアシ際に落として、、、ゴゴっ!ずばし!



そこからは流れの当たる岩盤帯に移動し、4mラインにある大きな岩周りでディープクランキン!!!!!

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2019/09/30

で!HU400で連発連発!!!!!
カラーは安定のマッドブリード。
チャートよりのカラーです。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2019/09/30

やはりカンさんがとても良い岩を知っていて、
その岩を中心に、クランクをゴリゴリ。
ガリっと当てたら、ロッド横引きで岩を舐めるように引くとバイト乱発。

カワイイサイズも入れて良く釣れました。

モリケンはクランキングに苦戦しておりましたが、(後々レクチャーしました!)

後に入ったドシャローのマッディカバーで

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2019/09/30

チャターでどっかん!!!!
ジャックハンマー3/8 & スタッガー5インチの組み合わせ。

モリケンのメインなフィールドは大江・五三水系なので、似たようなシチュエーションのエリア、フィールドではしっかり釣っていました。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2019/09/30

このくらいのサイズはどこへ行ってもだいたい釣れていて
基本的にはシルエットを小さくすれば反応する感じ。
数的には、ワッパー3インチの7gフリーリグや、

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2019/09/30

HUシャッドを引けばどんどこと!!!!

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2019/09/30

後はスリーピース4インチの5gテキサスも
水噛みがよく、
更にこのリグも水面を滑らせやすくて、良く釣れました。

 

しかし実際は釣れた数の3倍くらいはバイトがあって、
クランクなんかもやたら外掛かりが多く、バレが多かったです(泣

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2019/09/30

お昼はリー料理長が韓国版ブラックラーメンを作ってくれて堪能!!!
美味しかった~~~!!!!

そして事件は午後に


最下流粋のウィード&ハンプ周りでHU300でクランキン!!!

重量感のあるバイト!!!

ずばしと合わせると、、強烈な引きからの。。。。。。。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2019/09/30

で、出た~~~~!!!!!!スッポン(汗

韓国では”チャライ”というらしいです。

思いもかけない高級食材のヒットにボート上はなかなかに盛り上がりました(笑

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2019/09/30

しかしネットもガツガツに噛んでくるようなアグレッシブなスッポンが
もう怖くて怖くて(汗

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2019/09/30

で、もしかしたら食べるかもってことで持って帰ってきました(笑

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2019/09/30

デカイのはそれなりにやはり難しいのですが、数は何本釣ったかわからない程良く釣れた
栄山江。もちろんカンさんのガイドあってこその釣果です。
この広いフィールドでポイントを絞り込むって本当に大変な作業。。。。。私もか。。。汗


さて韓国でのバスフィッシングにおいて色々疑問というかそれほどフォーカスされているわけではないので
どんな感じなのかを少し。。

まず
〇韓国にバスは居るのか
ということに関しては言わずもがな、見た通りであります。それもかなり個体数が多い。
アメリカで東海岸の方がバスフィッシングが盛んなように、韓国ではより南に近いエリアにフィールドが多いです。
ソウルより、プサン寄り。今回釣りをしたのは韓国の思いっきり、”南東角”。 モクポと呼ばれる新しい街が、
”コリアンフィッシングシティ” だとカンさんは言っていました。
トーナメントで有名なアンドン湖は、日本で言うところの河口湖?霞ヶ浦? 韓国の中での最も発展したトーナメントフィールドです。

最近はトラウト、エリアトーナメントも流行ってきているようで、それはソウル寄りのところに場所が多いとのことでした。

〇オカッパリ?ボート?
日本と同じく、オカッパリが圧倒的に多いとのこと。
今回のボート釣行時でもチラホラとバスアングラーを見かけました。
ボートはトーナメンターを除いては、まだあまり普及していないかもしれません。
ちなみに今回行った栄三川にはレンタルボートがあります(^^♪

で、どちらをやるにしても、最初はずばりガイドさんをオススメします!

と言っても、まだカンさんお一人ではありますが、韓国でバスボートを購入し、一番最初にガイドを始めたのはカンさん。
とっても偉大な人です。
とっても腰が低く、日本語も話せます。もしカンさんが日本でガイドをしていたら間違いなく、
”予約が取れないガイドさん”の部類に入るに違いない、と直感的に感じました。

ボートもオカッパリもガイドをやっています。現時点のHPによれば
ボートガイドはUSドルで、1日480ドル(約5万円)
オカッパリガイドは1日380ドル(約4万円)
ですが、車もボートもこれでもかというくらい沢山走ってくれるので、ガイドが終わった後には、はっきり言ってちょっと安いのでは?と感じる程です。
2人や3人であればこれを割る感じになります。

HPを貼っておきます!!


〇遠征ならパックロッドがオススメ
今回1ピースのバスロッドをバズーカ(だいたい16.7本くらいは入るかな??)で持っていきましたが、
往復の送料が約7万円。
人数で割ることはもちろんできますが、可能なら長くても2ピースにしておいたらお金は全然かかりません。
パックロッドの重要性を痛感しています。。。。 


MACCAならずばりN-SPEC、 610M -2、72ML-2ですね。十分釣りできます。
ある意味スピニングは無くて良いです(笑


〇釣り具屋さんは?
あります。特に私達もお世話になっているウルサンのLUREBANG(ルアーバン)さん。
日本製品も韓国オリジナルも両方あります。
超濃厚な素晴らしいプロショップです。
hideup 永野総一朗 ブログ写真 2019/09/30 
釣り場に関してもスタッフの方がトーナメント、オカッパリもされている為色々と教えてくれると思います。
今回同年代であるLUREBANGスタッフLee(リー)さん。
バスから海までマルチにこなすアングラーです。超優しい。。。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2019/09/30

ハイドアップ製品もずらり!!!!!

最終日は買い物に夢中になってしまいましたっ!!!!!!

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2019/09/30

モリケンは3日間一緒に頑張ってくれたLEEさんに㊙チューンなど伝授!!!
絆を感じますねーーー

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2019/09/30

沢山走ってくれたkangさん号!お世話になりました!

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2019/09/30

そして3日間の韓国遠征が終了!
翌日帰国しました(^^♪
韓国バスフィールド、アングラーの素晴らしさに触れた3日間でした!

LUREBANG様、そしてカンさん、リーさん、キムさん!モリケン!
3日間お疲れ様でした~~!!

 


たまらんばい高菜のオンラインショップが出来ました! 詰め合わせをメインに、贈り物、お中元やお歳暮等にもお使いいただけます!

たまらんばい本舗

※たまらんばいガイド  ゲスト募集に関して※

いつも沢山のご予約ありがとうございます。 管理者と相談の結果、 今後のガイド募集に関しては一斉募集を行わないことにしました。 空きが出次第、この欄やブログにて告知していく予定です。