HIDEUP Blog 永野総一朗

午前はボトムで午後は中層、ラストは表層!!!45〜53×6本キャッチ。

2021-06-19 23:11:46

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2021/06/19

18日の金曜日は林さんと湖上。

こちらも古ーくからお世話になっているゲスト様です。

毎年林さんはしっかり「引く」。勤勉で丁寧だからか。。

 

朝アクションは一度説明しても
タイミングをみてアクションや投げる方向などをしっかり僕に再確認していて、
“惰性の一投”をしないところが、なんだか魚を引き寄せているような、そんな気がします。

釣れなくなるほど、自分の釣りにどんどん視野が狭まっていってアクションの確認もしなくなってしまうと、負の連鎖に結びつきやすい今の琵琶湖。

 

そんな琵琶湖を林さんの勤勉スタイルで、今回も攻略っ!!!

 

朝は木の浜エリアの表層展開からスタート。

今の南湖で最も水が綺麗なエリアです。

ウィードもがっつり水面直下まで伸びており、雰囲気満点。

が、朝はボイルなどなくI字へのチェイスが一回あったくらいで終了。

 

表層への反応がないので、正反対のボトム展開。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2021/06/19

一発目は自衛隊沖でのスタッガースティック5。

1.8gのネイルリグ。
ボトムジャークでズバシ!!!

しっかりした巻き合わせでした!

 

からの、、、

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2021/06/19

エビモエリアでスタクロフリーリグ。

こちらもラインが走って見事にズバシ。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2021/06/19

今年は特にスタクロすごいっすよ。

5gのフリーリグに相性が良くてほんとお世話になってます。

 

ちなみにスティックとスタクロフリーリグの使い分けは、めちゃくちゃシンプルで

沖のカナダ藻▶︎スタッガースティック
2〜3mまでのエビモ▶︎スタクロフリーリグ

要はカナダモ、ササバモ系ならスティックで、エビモにはフリーリグ。

 

 

お昼休憩を挟み、午後はしばらくトップに費やします。

まあなかなか出なかったんですが、たまらんばいミノーFのストップ&ゴーに猛チェイスが一回。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2021/06/19

で、ワームも浮かせてみて、自衛隊沖ミドスト。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2021/06/19

これまた林さんがジージーと!
スタッガースティック3.3インチの縦刺し。
(縦刺しするとロールするからです)

GEN TENの1.8gでした!

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2021/06/19

ここで蜂が出現。

ストレージからババっ武器を。

バトミントンラケット、常に積んでます。

 

で、夕方。

午前より気温が上がり雰囲気ムンムン。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2021/06/19

ラストはエビモエリアどばふ!!!!

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2021/06/19

遅れながら今年初トップ!
林さんのラウダー70に53cmでした!!!

アクションこうした方が良いですよ、いやもっと。。。。

って言ってら出ました(汗 なんかすみません。。。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2021/06/19

で、こちらも今年初のウキウキたまらんばいでほらほーでぇ!!!!!

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2021/06/19

エビモの脇をジャジャっと潜らせたらズドン!

カラーはフローティングでは実績ナンバー1のほらほーでぇシャイナー。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2021/06/19

そして締めにまた林さんがラウダーでどばふ。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2021/06/19

お一人で五発のしっかりリミットメイクでしたっ!!!

琵琶湖トップも始まり、ガンガン盛り上がって参りました!
こうじゃないと!!!!!!

 


たまらんばい高菜のオンラインショップが出来ました! 詰め合わせをメインに、贈り物、お中元やお歳暮等にもお使いいただけます!

たまらんばい本舗

2021年度のガイド募集について

1.2月の募集は締切ました。沢山のお申込みありがとうございました!! また空きが出次第、この場やSNSで告知していく予定です。

ガイド料金

1名様 38,000円
2名様 46,000円
3名様 54,000円