HIDEUP Blog 乃村弘栄

高知 アカメ釣行 2021

2021-07-29 07:42:49

hideup 乃村弘栄 ブログ写真 2021/07/29

フィッシングゲートの仕事を終え、そのまま高知へ

狙いはもちろんアカメ

夏場は毎朝2時起床の私、高知に到着したのは0時

正直フラフラです…(真似しないでください)

ただ、今年はプライベートな時間がなかなかとれなくて私にとっての夏休み

「死ぬ気で楽しむ!!!」と、そこから意識朦朧としながら(真似しないでください)朝方まで投げたがこの日はチャンス無しで終了

hideup 乃村弘栄 ブログ写真 2021/07/29

お昼過ぎになり昼食へ

高知に訪れると美味い物が多すぎて、食欲が釣りの邪魔をする

だから

hideup 乃村弘栄 ブログ写真 2021/07/29

カツオのタタキ

hideup 乃村弘栄 ブログ写真 2021/07/29

カツオの塩タタキ

hideup 乃村弘栄 ブログ写真 2021/07/29

ウナギの蒲焼&白焼き

一食で食べてやりました

食欲は満足ですが、お腹いっぱい過ぎにw

hideup 乃村弘栄 ブログ写真 2021/07/29

暗くなり同行者である乃村ガイドの常連ゲスト様である桑名さんと合流

二人でエヌグリ投げまくるも反応無し

最近BIGペンシルでの釣果が出てると聞き

プロトのBIGパイロンも投入するも反応無し

この日もチャンス無しで終了

hideup 乃村弘栄 ブログ写真 2021/07/29

昼食

個人的な麺類最強の〝じゃん麺〟なる麺を食う

高知にきたら絶対食べるローカルフードです

 

 

お腹いっぱいになり釣りへ

この日はとある方からデイゲームでの狙い方を聞いたので日中から狙う事に

くそ暑い日中の時間から竿を振る

教えてくれた人から「条件がある」とは聞いていたが、なかなかその条件にならない

汗だくで倒れそう…

そうこうしてると待ってた条件になった

と、ほぼ同時にバイト

あまり大きくはないがキャッチに成功

hideup 乃村弘栄 ブログ写真 2021/07/29

しかし、ここで事件発生

ランディングを桑名さんが手伝ってくれてたのだが、キャッチ後に桑名さんが掴んでたボガから魚が外れる…フックも外れてアカメは帰っていった

キャッチには成功したが写真はない(↑のエヌグリℤ ソルトカラー#レッドヘッドホロ でした)

落ち込む桑名さん…

「気にしないでください!」と、声は掛けたが、そりゃ気にするわな…

そのまま移動を繰り返しながら深夜まで釣りするも再びチャンスがくる事はなかった

 

 

翌日

デイアカメにリベンジ

条件になった瞬間に再び私にバイト

hideup 乃村弘栄 ブログ写真 2021/07/29

あがってきたのは90オーバーのナイスサイズ

もちろん私も嬉しかったが

前日の事件の事もあり桑名さんが大喜びですw

hideup 乃村弘栄 ブログ写真 2021/07/29

釣ったのはエヌグリZのソルトカラー#ピンクヘッド銀コノシロ

後で書くが少しセッティングに工夫をしております

hideup 乃村弘栄 ブログ写真 2021/07/29

最高の夏休みになったぜ!

hideup 乃村弘栄 ブログ写真 2021/07/29

ロッドは1匹目は先日の熊本ソルトクランク釣行で使用していたトランスセンデンスのカレンテス(ショートver)を使用

2匹目はストラクチャー周りが気になったので強引にファイトする為にMACCA N-SPECスピニングモデル(HUMRS-77M-5)を使用

ラインは全てVARIVASキャスティングマックスパワー×8の2号 VARIVASオーシャンレコードリーダー40lb

hideup 乃村弘栄 ブログ写真 2021/07/29

多分気が楽になった桑名さんw

そして桑名さんにもアカメHIT

hideup 乃村弘栄 ブログ写真 2021/07/29

こちらもエヌグリZ

Zでの反応が良すぎたので貸してあげましたw

カラーは#コールドクリアーシャッド

hideup 乃村弘栄 ブログ写真 2021/07/29

ロッドはMACCA N-SPECベイトモデル(HUMRC-77MH-5)

バチバチの乃村セッティングでのアカメでした

おめでとうございました♪

hideup 乃村弘栄 ブログ写真 2021/07/29

丁度タイミングよくエヌグリZのソルトカラー後半6色が出荷されました

そろそろ店頭に並んでるかな?

昨年はノーマルモデル、今年はZモデルでアカメのキャッチに成功

経験ある方だと分かると思うんだがエヌグリはアカメ相手にかなり実用的な設計となっている(まぁ作ってる時からかなり意識してたしね)

〝線〟の動きに特化させたノーマルモデル→オープンウォーター等を広範囲に攻める時

〝点〟の動きに特化させたZモデル→ストラクチャー撃ち等の食わせたい場所が明確な時

どちらが上とかじゃなく使い分けとなる

ちなみに今回の個体を釣ったのはZモデルだが、スプリットリングを強固な物に変え、針をオーナー社のSTX58の1番に変更した仕様(標準は2番のサイズ)フックの重量をわざと増やす事でバランスを崩しにくくしていた

こうする事によってスローシンキングになりますし、Zお得意の〝Zアクション〟の軌道は軽減してしまうが、絶妙なスラロームアクションが生まれる(すごく良い感じなんで試してみてほしい)タダ巻きではノーマルモデルとは一味違う泳ぎになります

そもそもエヌグリはノーマル,Z,共通で対象魚によってフックサイズを上げれる事を想定して浮力調整して設計しました(GT釣った時は2/0まで上げてる)

シンカー(クイックチェンジャーシンカー)を素早く脱着出来る事によって刻一刻と変化するフィールド状況に対応出来可能

潮の流れの強弱に合わせれるのもそうだが、〝塩水クサビ〟狙いの浮力調整も容易い

シルエットは〝イナッコ〟〝コノシロ〟〝チヌ〟〝カニ〟等の捕食されやすい様々なベイトにマッチするコンパクトなファットボディ 

そして規格外のサイズが掛かっても安心の〝貫通ワイヤー〟を採用(そもそもボディ強いんで橋脚等にぶつけても壊れにくいですよ)

是非アカメに試してみて下さい!

hideup 乃村弘栄 ブログ写真 2021/07/29

正直まだまだ釣れそうでしたが二人合意の上で納竿

個人的な気持ちだが、この手の魚は沢山釣らなくいい

一匹に価値があり、一匹が沢山のストーリーを作ってる

また一匹に出会う為に高知に行きます

いつまでもアカメ釣りが出来る環境でありますように!

hu-n-greedie_z_modelhu-n-greedie_normal_modelhu-n-greedie_normal_model_salt