須江一樹HIDEUP Blog

バス釣り大好きな方に超おススメ!東京湾ボートメバル・カサゴシーズンイン!カサゴタックル編

2018-01-09 11:12:47

東京湾のボートメバル・カサゴのシーズンが開幕しました!
 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/01/09

スタッガーワイド1.5インチ #S-06 チャート

 

東京湾でいえばメバル・カサゴのシーズンは1~5月くらいです。その期間はメバル・カサゴ共に順調に釣れる期間になりますが、序盤の1~2月はカサゴのハイシーズン、後半4~5月はメバルのハイシーズンになります。やはりハイシーズンになると数も釣れるし、平均的なサイズも大きくなってきます。
 
1月現在はカサゴのハイシーズンです。このカサゴ釣り、実はバス釣り大好きな方に非常におすすめの釣りです。というのも釣りがテキサスや直リグのボトムの釣りで、しかも非常にアタリが多い!いつものバスタックルで楽しめるめちゃくちゃ面白い釣りなのです。一日10本以上普通に釣れますよ!
  

hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/01/09

スタッガーワイド2.2インチ #110 ピーチキャンディー
 
今回は、まず何を準備すればいいかのタックル面から解説させていただこうと思います。
 
まずはルアーです。使用するリグはテキサスリグ、直リグなどボトムをきっちり取ることのできるリグをセレクトしましょう。ジグヘッドでもできますが、根がきつい場所をやるので根がかりが多くなってしまう為あまりおススメはできません。
 
いずれもシンカーは10グラム程度がおすすめです。軽くてボトムがとりづらいと釣れませんし、逆に重すぎると根がかりが多くなって釣りの効率が悪くなります。
ワームは、2インチ以上3インチ未満のワームを使用します。2インチより小さくなるとカサゴがルアーに気付いてくれないのか、アタリが少なくなる気がします。3インチになるとアタリは出るけど乗らないアタリが異常に増える気がします。大きいのしか狙いません!ってことなら3インチもおすすめですが、2インチ台のワームがアタリも多くかかりやすい大きさです。
  

hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/01/09

直リグ:スタッガーオリジナル2.5インチ#S-02 パールグロー+10グラムスティックシンカー

テキサス:スタッガーワイド2.2インチ #110 ピーチキャンディー+10グラムタングステンバレット+夜光玉

 
ラインは、フロロカーボンの8~10lbくらいがいいと思います。PEラインでもできますが、根ズレが怖いのでリーダーをつけなくてはいけません。非常に根がかりの多い釣りなので、根がかりのたびにリーダーを組んでいたのでは効率が非常に悪く、夜なので手間がかかってしょうがないです。フロロカーボン直結ならアタリも取りやすく、根がかっても簡単に結び変えることができますので僕はフロロカーボン直結をお勧めします。
 
ロッドは6フィート半くらいのミディアムパワーくらいのロッドが使いやすいと思います。基本的にはフルキャストして探る釣りではなく、近距離で落としてボトムで誘う釣りですので、長いロッドのメリットは特にありません。カサゴは根魚ですので根から引きはがすときの強烈な引きが魅力的な魚ですが、ロックフィッシュだからと言って、あまりゴリゴリのパワーのロッドはオーバーパワーで面白さ半減ですし、ばれやすくかかりにくくなります。と、かんがえるとバスタックルやボートシーバスの穴打ちようのロッドなどが意外とピッタリになると思います。

hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/01/09

 
要するに、バス釣りをやる方はいつものタックルでそのままできる釣りということになると思います。お持ちのタックルでそのままできる、バス釣りオフシーズンの練習にぴったりの釣りだと思いますので、やってみる価値は絶対あると思います。
 
ちなみに、僕の勤め先であるアイランドクルーズでは土日祝にメバル・カサゴの乗り合い便を出していますので、お一人でもボートメバル・カサゴを楽しむことができます。注意点としては、乗り合い便なのでカサゴだけやり続けるということはないということ、メバルも狙います。(もちろんメバルも面白いですよ!)風の具合によっては、カサゴに行けないということもあります。結構風表になってしまう場所もありますので、その点はご了承ください。
チャーターならカサゴのみでも行けますし、平日もOKです!

 

 

次回以降、メバル・カサゴ釣りの基本的なところからご説明させていただきますのでよろしくお願いします!

URL