須江一樹HIDEUP Blog

カサゴタックル補足編!

2018-01-11 20:12:53

前回は、カサゴ釣りのタックルについて書かせて頂きました。
 
 
しかし自分で読み返してみるとちょっとバスに偏りすぎたかなぁと思ってしまう内容。というのもベイトが使えないという方もいらっしゃるでしょう。
 
ちょっと補足でスピニングタックルについても書かせて頂きます。

 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/01/11

 

スピニングタックルでカサゴ釣りをする場合はPE0.4〜0.6号くらいがおすすめです。これに8~10lbくらいのフロロのリーダーを付けます。長さは50センチくらいで十分だと思います。
 
 
スピニングタックルだとメインラインにフロロを使用することができないので、PEライン一択になってしまいます。もちろん、フロロをメインラインに出来ない訳ではありません。ただ、根回りの魚ですので直結にするには最低でも8lbくらいは欲しい。そうなるとスピニングだとかなりごわつきますのでPEラインの方が現実的だと考えてしまいます。
 
 
 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/01/11

ちなみに、バス釣り大好きってわけではなくてもベイトタックルをカサゴ釣りにはお勧めします。というのも、まずは先に触れたラインの事。やってみるとわかりますが、とにかく根がかりが多い釣りです。むしろ根がかりしないようでは釣れないぞって後ろから見ていて思ってしまいます。
 
 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/01/11

根がかりが多くてノットを何回も組む事を考えると、やはりベイトタックルのフロロ直結スタイルが一番効率がいいと思います。船に乗る以上釣りをする時間は限られてしまいますので、なるべく効率的に釣りをした方が結果的に数が釣れます。
 
他にもベイトタックルの利点はあります。カサゴ釣りの代表的なポイントはテトラ帯です。テトラ帯をオカッパリとは逆の方向に探っていきます。つまりドンドン深い方に落として行く。そうなると、1キャストの中で何回か底を取り直すことになるのですが、これがベイトだと楽です。クラッチを切るだけですので。
 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/01/11 hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/01/11

 

いろいろ難しく書きましたが、まずは来てみてください。簡単ですから(笑)

stagger_wide_2.7stagger_wide_2saltwater

URL