HIDEUP Blog 須江一樹

カサゴ釣りにワイド1.5ジグヘッドリグ!

2019-01-15 22:16:42

 

今回はスタッガーワイド1.5インチでの試し釣りの模様!

 

個人的には、スタッガーオリジナル2インチor2.5インチのテキサスがカサゴ釣りには最適だと思っていました。

hideup 須江一樹 ブログ写真 2019/01/15

もちろんスタッガーオリジナル2インチor2.5インチのテキサスはいっぱい釣れます。(7gテキサス スタッガーオリジナル2.5インチ#S-02 パールグロー)

 

が!今回試したワイド1.5インチのジグヘッドリグでの釣りはその印象を凌駕するアタリの数でした!やっぱりワイドすごい!!

 

根回りで釣りをするカサゴ釣りは、テキサスリグや直リグなどの根がかりのしにくいリグで狙うのが一般的です。

 

しかし、メバルタックルしか持っていない方にテキサスをリグってもらうのもなかなか辛いなと思うときや、初心者の方にテキサスリグでボトムを釣れというのも難しいなぁと思う事が多い事も事実。(後者の場合はフッキングが難しい)そんな時、お客さんには重めのジグヘッドリグをおススメしています。

 

今回はそんな重めジグヘッドリグを使ったワイド1.5インチの釣り!

 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2019/01/15

3gジグヘッド スタッガーワイド1.5インチ#S-05 チロリマッカ

 

もちろん、テキサスに比べてジグヘッドは根がかりのリスクが増えてしまいます。しかし、根がかりをうまく避けられればフッキング率はテキサスよりはるかに上です。

 

フッキング率がいいこともメリットの一つですが、スタッガーワイド1.5インチのように小さいワームを使えるというメリットもあります。

 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2019/01/15

3gジグヘッド スタッガーワイド1.5インチ#S-08 夜光ピンク

 

小さいワームを使うことで小さい魚ももれなく釣ることができます。結果アタリも増えるしキャッチ数も増えます。

 

小さいのなんていらない!という方もいるとは思いますが、どうしてもアベレージサイズが小さい場所でやらなくてはならない場合も出てしまいます。主に風とか波の影響で。

 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2019/01/15

3gジグヘッド スタッガーワイド1.5インチ#S-06 チャート

 

今回釣りをした場所はまさしくそんなアベレージ小な場所でした。もちろんジグヘッドの釣りはイージーだからこそのご紹介ですが、根がかりを避けつつ、テトラに潜られないようにアタリを取るカサゴ釣りは、普段テキサスでカサゴ釣りをしている僕にとっても楽しさ満点でした!

 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2019/01/15

 

根がかりの避け方やジグヘッドリグでのカサゴ釣りの詳細はまた次回以降にブログに書きます!書くことたまってきた汗

stagger_original_25stagger_wide_15saltwater