HIDEUP Blog 須江一樹

HUミノー111Sスエピカピカイワシ&スエキンキライワシが発売!東京湾はイナダ・サワラが接岸中!

2019-10-06 21:47:14

毎度のお知らせになりますが、HUミノー111Sスエピカピカイワシ&スエキンキライワシが発売しましたー!!

hideup 須江一樹 ブログ写真 2019/10/06

各釣具屋さんに入荷しているかとは思いますが、僕が把握しているネットでの販売をしている店舗さんはこちら!

 

キングフィッシャーさん https://www.kingfisher.co.jp/SHOP/4560192428090.html

釣り助さん スエピカピカイワシ http://www.tsurisuke.com/product/36171

      スエキンキライワシ http://www.tsurisuke.com/product/36172

 

お近くの店舗さんでお取り扱いがない場合は、是非上記の店舗さんからご購入下さい!

 

さて東京湾では引き続きイワシの接岸が続いているので、あちこちでベイトを追った青物類を見ることが出来ます。とはいえ青物なのでいつも同じ場所にいてくれないのが悩みどころなのですが、

hideup 須江一樹 ブログ写真 2019/10/06

イナダは各所でナブラになってます!イナダはボコボコナブラの方が意外とセレクティブだったりして、そういったナブラはシンペンやトップウォーターのスキッピング的なアクションで狙う方が釣れるのですが、たまーにボイルするくらいの雰囲気だとHUミノーの出番!!ジャークで魚を寄せて、少し止めたり、巻いてきたりの変化で食わせることが出来ます!

 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2019/10/06

 

サワラもこの日はボコボコナブラ!サワラの場合はボコボコナブラの方が圧倒的に釣りやすいです!ナブラがあったらとにかくナブラに向かって投げてください!

 

お客さんを見てて思うのは、なぜかナブラの手前にルアーを落としてしまう。ルアーはできればナブラの向こう側に投げてください!そこから潜らせてナブラの中をルアーを突っ切らせるイメージで巻いて来てください。この時はルアーをナブラの向こう側に投げて、少し潜らせてからナブラの中でジャークを3回入れて巻きだしたときにドンっと入りました。

 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2019/10/06

 

サワラはタダ巻きよりもジャークを入れた方が、ヒット率が断然上がります。この時怖いのはミスバイトでのサワラカッター…。HUミノーはジャークで横に飛ぶミノーではないので比較的サワラカットは少ないルアーです。(横に飛ぶミノーの方がミスバイトが多い。そしてもちろんHUミノーもラインカット0ではありません)

 

ジャークは入れた方が食うけど、ジャークを入れるとミスバイトでラインカットされる。ここが非常に悩ましいところですが、ラインカット

の防止としても『巻き』と『止め』のアクションは有効です。『巻き』と『止め』のアクションはジャークに比べてミスバイトが少ないアクションです。『巻き』と『止め』は食わせのでもあり、ラインカットを防止するためのアクションでもあります。

 

まだまだ、青物いてくれそうです!いるうちにHUミノーで是非サワラ・イナダ狙ってくださいね!シーバスもそろそろ始まりますので、その時にもHUミノー使いますから是非ご準備をお願いします!

HU-Minnow111SP