相模湖でスタッガーオリジナル

2020-08-06 08:28:04

ご無沙汰してます。 大佐です。

長かった梅雨が明けたかと思うと一気に夏が来ましたね。

急激な暑さで熱中症が怖い季節になりました。

水分・塩分・休息をしっかり取り体調管理に気を付けて下さいね。

 

さて、大佐は梅雨が明けて直ぐに相模湖に行ってきました!

普段琵琶湖をメインにしてる大佐にとって相模湖はすごく新鮮な湖です。

hideup 横山直人 ブログ写真 2020/08/06

正直、ボート屋さんがどこにあるかもわからない状態ですが、自分がどこにいるかもわかってない状態。

もちろん湖の状態なんてわかるはずもありません。

ここは普段から通われてるこの方と。

朝靄がかかってなんとも幻想的ですよね。

昔思い描いたバスフィッシングの風景とよく似てます。

hideup 横山直人 ブログ写真 2020/08/06

景色は良いんですが、魚探も無いボート釣行。

つまり、水深も沈み物もベイトも地形も何もわからない状態。

さて、どうしましょうかね・・・

 

手始めに夏って事でパイロンを投げて行きましたが、直前までの雨の影響で水面にはゴミがたくさん浮いてる状態。

まともにトップウォーターの釣りが出来ない。

なので、スタッガーワイドを落として行くも・・・水深がバラバラで自分は一体何をしてるのかわからない状態。

さて、困ったな・・・

わからない湖に行ってるのでわからなくて当然なんですが、自分が何をしてるのかわからない状態では「?」がついたまま釣りを進めないといけないですね。多分ブログを見られてる皆さんんにも経験があると思います。

わからない。それならせめて自分が何をしてるかわかる釣りをしよう!

って事で、考えました。

魚探に頼らなくても出来る釣り。水面の浮遊物を気にせずやれる釣り。

直然までの雨で水色も抹茶クリーム見たいな色なのでしっかりアピール出来る釣りを!

徐にルアーを変えて探っていくとルアーに初めてチェイス!!

で、HIT!!

想定通りの展開!

hideup 横山直人 ブログ写真 2020/08/06

hideup 横山直人 ブログ写真 2020/08/06

そうです。スタッガーオリジナルをチョイスしました。

それもノーシンカー。

 

スタッガーオリジナルなら水面の浮遊物を気にする事無く巻ける。

自分の目で見て釣りが出来る。

ゆっくり巻けてしっかり水を掻く。

オーバーハングや倒木、岩などもストレスなく攻めれる。

ノーシンカーでもよく飛ぶ。

以上の理由でスタッガーオリジナルのノーシンカーをチョイス。

特に、ひっかかる事無くゆっくり巻Iてしっかり見せたかったのでこのチョイスがぴったりハマりました。

 

写真の通り水面まで木が覆いかぶさるようなエリアでも思い切り投げれます。

ただ、目に見える場所を巻いても全く反応は無く、奥の奥までルアーを通さないとバスの反応は出ません。

なのでひたすら奥の奥までルアーを投げ続けてようやく・・・

hideup 横山直人 ブログ写真 2020/08/06

相模湖初フィッシュ!!

スタッガーオリジナル5インチノーシンカーただ巻き!

特大ではなかったですが、こうかな?こうかな?と考えながら探って釣れたバスだけに一際嬉し買ったです^^

hideup 横山直人 ブログ写真 2020/08/06

 

景色もすごく良い相模湖。

ですが、水の色はこんな感じです。

hideup 横山直人 ブログ写真 2020/08/06

 

その後も延々スタッガーオリジナルを投げ倒しました。

サイズも3.5インチ,4インチ,5インチ,6インチと色々投げましたが5インチ6インチが良いと感じました。

ゆっくり巻けて、しっかりアピールをしたかった為です。

 

その後、物陰からバスが出てきてチェイスはあるものの中々フッキングに至りませんでしたが、バスの反応があった岩盤エリアで再びチェイス&HIT!

ナイス相模湖バスの登場でした!

hideup 横山直人 ブログ写真 2020/08/06

スタッガーオリジナル5インチノーシンカータダ巻き。

濁りに強いブラック!

hideup 横山直人 ブログ写真 2020/08/06

 

ブラックにすごく反応してた印象ですね。

釣れたバスはこの3本ですが、チェイスが多かったのもブラックでした。

今回は水面、水面直下をしっかり巻く事をメインに探りましたが、少しずつレンジを下げて探っていって次はもう少し反応が出る事に期待したいと思います。

普段琵琶湖で釣りをする事が多い大佐にとって、琵琶湖と違った印象の相模湖はすごく新鮮だし、もっともっと奥が深いところだと思いました。

パワースピン、パワーフィネスって・・・なんぞや?

スモラバやメタルのブッシュ撃ちって??・・・ってなってるのでもっともっと通って楽しみたいと思います。

 

スタッガーオリジナルノーシンカーでの攻略はまだまだ始まったばかりです^^

 

 

stagger_original_35stagger_original_4stagger_original_5

ご無沙汰しております!大佐です!

2020-06-08 23:40:50

皆様大変ご無沙汰しております。

DDD大佐です。

今年に入り色んな事があり過ぎて何から書けば良いのか・・・。

とにかく大佐は「生きてます」

 

色んな事を書かないといけないし、色んな事を伝えないといけませんが。。。

一度に書くと見る方も疲れるのでゆっくり書いていきます。

ところで皆さんは元気にされてますか??

 

さて、先日例年の大佐では考えられないくらい久しぶりに琵琶湖に浮かびました。

なんていうんでしょうか。。。琵琶湖にいるだけですごく幸せな気持ちになりました。

超久しぶりの釣行はこちらの方々と。

奥から大佐、梯さん、社長ですね。

はい、いつものメンバーです。

hideup 横山直人 ブログ写真 2020/06/08

久しぶりの琵琶湖、久しぶりの釣りってことで。。。

さて、何処がどうなってるのかさっぱりわかりません。。。

わからない時は下物でも見てみよう!

ってことで向かいましたが。

なんとなく魚探を見ても特に何も映らない。

船団を見てもそんなに・・・釣れてる様子でもない・・・

頭の中がリセットされてて本当の手探り状態。。。

例年のパターンだとライトキャロなんでしょうけど反応が・・・無い。

まずしっかり水の中の状態を確認しないと・・・

えーっとと悩んでると梯さんにストレートワームネコリグで!

いつの季節もネコをする梯さんですね。

hideup 横山直人 ブログ写真 2020/06/08

 

夏時間という事で時計を見ても全く時間が進まない。

全く進まないし全くミスの中の状態もわからない。

そのまま琵琶湖の東岸から西岸へ。

魚探を見てると水の中はけっこうウィードが生えてる。

しっかりウィードのエッジがわかる場所に到着。

スタッガーワイド4インチのヘビダンでしばらく探るがノー感じ。

魚探を見てるとベイトが浮き気味な事だったのでアラバマリグにチェンジ。

時折水面でボイルが起きるもの確認出来たので投げてみると待望の生命反応!!

hideup 横山直人 ブログ写真 2020/06/08

ドドーンと出たバスは体高の良いバス!

ただいま!琵琶湖!

スタッガーオリジナル2.5インチ ナチュラルグリーンギルにHITです!

hideup 横山直人 ブログ写真 2020/06/08

しばらく巻くとまたアラバマリグにHIT!

スタッガーオリジナル2.5インチ!

hideup 横山直人 ブログ写真 2020/06/08

 

さらに、社長にアラバマリグをつけてもらって巻いてもらう作戦開始!

肩が痛い・・・肩が痛い・・・

と、投げる度に弱音を吐く社長。

数頭目にバイトがあったものの、肩の球数制限は10投。

そしてその10投目に待望の生命感が!!!

ゴリ巻きして写真も取れずにハイクオリティーなバス!

もちろんスタッガーオリジナル2.5インチにHIT!

ナイスバスでした!!

hideup 横山直人 ブログ写真 2020/06/08

 

ウィードの有るところ、無いところを転々と流しながら、この男も黙ってませんでした。。。

ガッツリいいところにフッキングしてる。。。このルアーを使うのは奴しか居ない・・・

hideup 横山直人 ブログ写真 2020/06/08

口のデカイバス!

絞り出した1本です!

hideup 横山直人 ブログ写真 2020/06/08

 

ウィードが点々と生えるいわゆるパッチエリアでライトキャロを投げた大佐。

スイベルにノガレスクイックチェンジャーTG2.5gを引っ掛けただけの簡単ライトキャロ。

リーダーは長めの1m。

ウィードに引っかかったら軽くロッド操作でウィードをかわしてまた流す。

ウィードに引っかかったら軽くロッド操作でウィードをかわしてまた流す。

ウィードに引っかかって軽くロッド操作でウィードが変わらなければそれはバス!!!

hideup 横山直人 ブログ写真 2020/06/08

スタッガーワイド2.7インチシニカケギル!!!

スタッガーワイド2.7インチのライトキャロなら任せなさい!!!

今年もスタッガーワイド2.7インチのライトキャロが炸裂でした!

 

シニカケギルはハイドアップが誇る代表的存在のカラー!

クリアよし、濁りよし、笹濁りよしの3拍子揃ったカラーです!

何故かシニカケギルに反応するバスは型が良い!

大佐が大好きなカラーの一つです!

思い起こせば、ソルティーペッパーの・・・

ってカラーの話をすると長くなるのでまた改めて書きます。

 

久しぶりの琵琶湖はお昼過ぎに上がる半日釣行でしたが、やっぱりバスフィッシングはおもしろい!

自分がこうかな?と思った釣りで釣れると楽しい!

たまたま釣れただけなんですけど、久しぶりの琵琶湖を存分に体感しました。

しばらく釣りが出来ない環境にいた大佐。それもあって書いてる今もまだその時の興奮が蘇ります^^

 

さて次はどんなシチュエーションで釣りが出来るのだろうか・・・。

楽しみです!

 

いや、楽しかった事を書くんじゃなくてルアーの紹介をしないと・・・

 

 

stagger_original_25stagger_wide_2.7

2019年ありがとうございました!

2019-12-31 20:31:03

すごく久しぶりの投稿が年末のご挨拶になり申し訳ないです。。

今年もたくさんの方に支えられました。

おかげさまで今も無事に過ごさせて頂いております。

hideup 横山直人 ブログ写真 2019/12/31

ハイドアップにいるとすごく仲間に支えられてるのをいつも実感します。

素晴らしい仲間の集まりです。

真剣な時は真剣に、ふざける時は思い切りふざける。

それがハイドアップの顔です^^

hideup 横山直人 ブログ写真 2019/12/31

個人的にはすごく難しい琵琶湖だったというのが素直な感想ですが、皆さんはいかがでしたか?

hideup 横山直人 ブログ写真 2019/12/31

あっ、そうそう!

ガーミンのライブスコープも導入した年でした!

ライブスコープは一言で言うと・・・凄いですね。

今までの考えがガラッと変わったのがショックでした。

hideup 横山直人 ブログ写真 2019/12/31

チャプターではスタッガーワイド2.7インチのライトキャロでナイスバスが連発してお立ち台にも乗らせて頂きました!

hideup 横山直人 ブログ写真 2019/12/31

オスマンダFATのパンチショットでは「エンペラータイム」と言う入れ食いタイムを体感出来ました!

hideup 横山直人 ブログ写真 2019/12/31

夏以降、祭りや通常業務、プライベーな事もあり思うように動けませんでしたが、今年出来なかった事は来年必ず実施したいと考えてます。

 

今年も色々ありがとうございました!

来年はハイドアップにとっても、自分にとっても大きく変わる1年になると思います。

一生懸命頑張りますので来年もハイドアップとスタッフ、そして大佐をよろしくお願い致します!

それでは皆様良いお年をお迎え下さい!!

hideup 横山直人 ブログ写真 2019/12/31

ウープスチャターで待望の1本!

2019-11-05 23:15:27

一気に外気温が下がり防寒着の用意をしてる大佐です。

朝なんか車のフロントガラスが霜で真っ白い日もちらほら。

このまま冬に突入するのでしょうか…

 

外気温は一気に下がってるんですが、水温はそんなに影響が無いのか19℃位を推移してますね。

なので、こんな写真サイズのバスが凄く活発に動き回ってます。

オスマンダやストレート系のワームのネコリグに凄い良い反応をしてます。

軽めのシンカーを入れてボトム付近でゆさゆさしてたらコツコツって生命感が尋常じゃ無いくらい出ます。 

hideup 横山直人 ブログ写真 2019/11/05

 

 

さて、これから!と意気込んだのは良いのですが…エンジンのギアが…入らない…

急遽マリーナに戻って見てもらうがり…開放しないとわからない…って事で、エレキモーターのみで挑む事に…。

hideup 横山直人 ブログ写真 2019/11/05

 

 

いつもエンジンでサッと移動出来るのですが、エレキだけなので結構時間ばかり、かかりました。

ライトリグなら簡単に口を使うけど、他の釣り方には中々反応しない。

でも何とかして釣りたい…

そう思って比較的濁りのキツいエリアを見付けてチャターベイトを巻く事に。

トレーラーはウープス80 アルビノホワイト!

巻いて巻いてついにその時が!

hideup 横山直人 ブログ写真 2019/11/05

チャターベイト+ウープス80にグッドコンディションのバス!

もうダメか?と思った時に来たので超嬉しかったです!

hideup 横山直人 ブログ写真 2019/11/05

1週間後の日曜日にはマリーナのオーナーズカップもあるので参考になればと思う1本でした!

 

トレーラーにしてるウープス80。

ウープス自体高比重なので使ってるチャターベイト以上の重さになってます。

hideup 横山直人 ブログ写真 2019/11/05

ウープスには『毛』が搭載されてます。

hideup 横山直人 ブログ写真 2019/11/05

この『毛』がチャターと組み合わせた時、絶妙に動きます。

毛なのでアピールというより、ナチュラルに動いてます。

そのナチュラルな動きがこの1本を呼び寄せたと思ってます。

 

久しぶりにナイスバスと対面出来たので次週も何とかこの組み合わせでバスを獲れたらと思います^ - ^

OOoPs

たくさんの方々のご協力ありがとうございました。

2019-10-12 11:06:10

ご無沙汰しております。

大佐です。

すごく久しぶりの投稿となりましたが、これは例年の事ですw

毎年この時期地元のお祭り関係でバタバタしておりました。

すみません。

 

その合間合間で琵琶湖には出てましたよー!

今年の琵琶湖はウィードも少なく釣れない釣れないと言われておりましたが、釣り方で随分と釣果が変わったのがすごく印象的な感じでした。

一つ気になったのは例年なら沖でも反応のあったブルーギルが殆ど釣れなかった事ですね。

少し岸の方によればそのブルーギルもたくさん釣れるのですが、沖ではほぼ反応がなかったです。

その代わりに小鮎などのベイトが沖には豊富で表層系、中層系のベイトを意識した釣りが好反応でしたね!

大佐のボートでも表層系、中層系をいろいろ試しました。

圧倒的に数が釣れたのは「HU-SHAD60SP」

このHU-SHADWOただ巻くのでは無く、STOP&GOやトゥイッチで1日中釣れる事も・・・

ただ、サイズが・・・選べない・・・。

 

そんな中ゲストのもりけん君にビッグワンが!

ウープス3インチシルバーシャッド!

hideup 横山直人 ブログ写真 2019/10/12

ボテっとした体高の見事なバス・・・

hideup 横山直人 ブログ写真 2019/10/12

格好いいバスが釣れたのがすごく印象的でした!

hideup 横山直人 ブログ写真 2019/10/12

夏から秋に季節も日に日にシフトして行きそうな感じはあるものの、水温が下がらない・・・

そんな展開がしばらく続きましたが、HU-クランクにもようやく反応が出始めてました。

サイズに難ありですが・・・これから必ず必要なルアー「HU-300」

これからの釣果に期待大です!!

hideup 横山直人 ブログ写真 2019/10/12

水温が下がらない。

それが一つのキーワードになって試したのが、8月に驚異的な釣果を叩き出したオスマンダFATのパンチショット。

カナダ藻も濃いその下に潜むアイツに向けてひたすらキャストし続けて・・・

ようやく反応したそのバス。。。

hideup 横山直人 ブログ写真 2019/10/12

疲れを一気に喜びに変える瞬間でした。

hideup 横山直人 ブログ写真 2019/10/12

 

そんな中、今年日本に来た台風15号。

関東に物凄い爪痕を残して行きました。

ライフラインは止まり、普通の生活も出来なくなり、家屋にも大きな影響を与えたこの台風15号。

昨年大佐が生まれて初めてと言っていい位の大型台風に大阪も相当な被害を与えましたが、今年の15号はそれと同等以上の被害を与えました。

HIDEUPに出来る事は無いだろうか・・・自分たちに出来る事は無いだろうか・・・と秀雄さんを初めたくさんのスタッフも考えた結果、今年のHIDEUP CUPはチャリティー形式にし、協賛頂いた物をオークションに出しその金額は全て復興の為の寄付を行うというものでした。

たくさんの賛同を頂き、すごい数の協賛を頂き先日無事にHIDEUP CUPが開催されました。

hideup 横山直人 ブログ写真 2019/10/12

HIDEUP CUP 

¥292,789

チャリティーオークション

¥788,500

寄附金

¥415,169

総合計 ¥1,496,458

皆様のご協力のもとたくさんの寄附金を集める事が出来ました。

hideup 横山直人 ブログ写真 2019/10/12

10月7日にこの寄附金は皆様を代表してHIDEUP CUPの会場を提供して頂いた松屋ボート様から茨城県稲敷市 筧信太郎市長にお渡しさせて頂きました。本当にたくさんの方々のご協力ありがとうございました。

遅ればせながら御礼申し上げます。

 

この1ヶ月たくさんの事がありましたが、来週からまた大佐も琵琶湖に戻ります。

たくさんの方に元気な大佐でお会いするかと思いますのでよろしくお願いします。

OOoPs3inosmunda_fat_65

ジジルも良いけどウープスをご存知でしょうか?

2019-08-27 00:31:54

先週の大佐はですね。。。

中国地方と四国地方を弾丸ツアーしてました。

色んな方に本当に心配をお掛けしましたが、地に足を着け、しっかり前を見、浮わつかず、自分のやるべき事を確実にこなしていこうと思ってます。

??なんのこっちゃ??って感じでしょ?

 

さて、先週末の琵琶湖。噂の検証に琵琶湖最南端にある一番大きな穴「ディープホール」へ。

今の南湖を知ってる方は知ってますが、恐らく一番船団になってるポイントです。

現場に到着して先ずそのボートの多さにびっくりし、そして定期的に発生するバスのボイルにびっくりしました。

ここは海?て勘違いする位バスのボイルが見れます。

釣り方は至って簡単。

ボイルが発生したらそこにルアーをキャストするだけです。

 

書くと簡単ですが、やってみるとこれが実に奥深い。

闇雲に投げても釣れない。

そりゃそうですよね。

ボイルが起きた時にそこにルアーが無いとバスは食いつきません。

ボイル→キャスト→別の場所でボイル→キャスト

しばらくこんなやり取りが続きました。

結果何も釣れない・・・

 

で、大佐は考えながらその様子をライブスコープで水中の様子を見てました。

普通の方は表層にベイトが浮くもしくはベイトがバスから逃げて壁に追い込まれたらボイルが発生する。

そう思いますよね?

実際そうなんだと思います。

でもね、水中の様子をリアルタイムで見れるライブスコープを見て驚きました。

水中ではあちらこちらで表層と同じ事が起きてました。

一箇所では無く至る所でそれは発生してました。

表層と同じ事が水中ではその何倍も起きてたのです。

大佐はジジル85を使い表層もしくは水面直下を攻めてましたが、攻めながらこう思いました。

これって状況に応じてはジジル85よりも効果的なルアーがあるんじゃ無いか?と

ジジル85の良いところはたくさんあります。

表層をゆっくりもしくは速く棒引き出来る。アクションによってトゥイッチで誘える。停めれる。そして何より捕食してるベイトと大きさがよく似てる。

状況に合えばそのポテンシャルは想像を超えるものとになると思います。

実際釣れるバスはこんな感じのバス。

しっかり餌を食べてる丸々した太いバス。

hideup 横山直人 ブログ写真 2019/08/26

これには最初に書いた通り釣り方にキモがあると考えます。

ボイルしたところに投げる。のでは無く、ボイルする場所に投げる。がその一つだと思います。

この日大佐は一つの仮説を立てて途中から釣りをしてました。

ボイルどこで起きるんだろうか?そう考えて水面を見てるとベイトがうっすら水面に浮かぶのが見えました。

イメージでいうとエビ藻もパッチを遠くから目視する感じです。

エビ藻程濃く映りませんが、しっかりみるとうっすらそれが見えると思います。

そうなった場所にキャストして釣れたのもこのバスです。

それが正解かはわかりませんがキモの一つと思います。

 

で、その時に思いました。

これってウープスならもっと飛距離も出るし、高比重ルアーなので沈めることも出来る。

沈むスピードも遅過ぎず早過ぎずなのでは??と。

ウープスには3インチと80mmがあります。

hideup 横山直人 ブログ写真 2019/08/26

hideup 横山直人 ブログ写真 2019/08/26

今のベイトサイズなら3インチがマッチしますが、より遠く、より深く探るのであれ80mmも手です。

ディープホールという特異な場所ということもあり、使うならウープスにマス針りです。

特に根掛かる事も無いですし、フッキング率もグンと上がるマス針りが有効なのではと考えます。

ウープスは何と言っても元々ジジルと同じ「I字系ルアー」というのもウープスを推奨する理由です。

よく似た「毛」もありますしね。

ウープスの毛は微量な流れでもゆらゆら動くのが大きな特徴ですが、状況に合わせてカットしてもOKです。

これはあくまで大佐の主観であり、実際に試して釣った訳では無いのであくまで意見として見てください。

が、ウープスにマス針りをセットして表層でボイルがあれば表層を、ボイルが無い時も水中ではボイルが起きてるので水中を。

両方攻めれる利点は絶対あります。

この釣りはいつまでも続く釣りではありません。

が、同じ状況が続くのであればやらない手はないと思います。

今週末もまだ続くのであれば絶対ウープスを使います。

 

停めて反応がある、表層でゆっくり棒引きして反応があるならジジル。

表層ただ巻き、少し沈めたい、水中をミドストならウープス。

 

どちらも得意、不得意があるルアーなので使い分けがもう一つのキモになりますが、試してほしいリグです。

 

hideup 横山直人 ブログ写真 2019/08/26

 

ウープスを使った事のない方は多いと思いますが、ジジルを使えるならウープスも使えると思いますよ^^

マス針りを頭からチョン掛けするとジジル的に、横刺しすると・・・スタッガーワイドのようにスパイラルフォール。

そんな訳無いやん!って思う方も多いかと思いますが・・・実際そうなんですから仕方ない。

今は頭からチョン掛けで良いと思いますけどね。フックの刺し方でいろんな動きが出来るのもウープスです。

ウープスも縦に使うのか横に使うのかで同じフックの刺し方でも全くアクションは変わります。

不思議なルアーです。

ウープスは使う方の使い方によっていくつも表情が変わるルアーです。

 

ジジルももちろん良いけど、ウープスも選択肢の一つに入れて頂ければと思います。

是非よろしくお願いします!

OOoPs3inOOoPs

オスマンダFATでエンペラータイム突入‼️

2019-08-12 10:51:48

8月に入り暑い日が続きますます難しくなる琵琶湖。。。のはずが…

 

この日遊びに来てくれた梯さん。

3投目(大佐はロッドすら手にしてない時に)

あっさりと…

ウィードの下で。

hideup 横山直人 ブログ写真 2019/08/12

続いて大佐。

ウィードの上のパターン。

最近のたまらんばいパターンであるワッパー4インチノーシンカー放置プレイで。

hideup 横山直人 ブログ写真 2019/08/12

ロッドはMACCA-66MSLTベイトフィネス

hideup 横山直人 ブログ写真 2019/08/12

ここまではウィードの上か下かどちらかわかりませんでしたが…バックシートの寺田さんもガツンとウィードの下で。

hideup 横山直人 ブログ写真 2019/08/12

立て続けにウィードの下で梯さんにも。

hideup 横山直人 ブログ写真 2019/08/12

ってなわけで大佐もウィードの下でガツンとかけたら藻ダルマフィッシュ!

ロッドはMACCA-71H

hideup 横山直人 ブログ写真 2019/08/12

しっかりとエサを食ってる良いバス!

hideup 横山直人 ブログ写真 2019/08/12

ウィードの下で!

hideup 横山直人 ブログ写真 2019/08/12

更にエリアを変えてもウィードの下で。

hideup 横山直人 ブログ写真 2019/08/12

長い午後休暇から再開後もこのパターンは続きます。

ストレートワームのパンチショットでエンペラータイム突入。

hideup 横山直人 ブログ写真 2019/08/12

ハイドアップのストレートワーム、しかもパンチショットをするならコレですね。

オスマンダFAT!

南湖西岸のカナダ藻絨毯の中で全て釣れました!

hideup 横山直人 ブログ写真 2019/08/12

寺田さんの3投連続バイト(3B2F)からの~Wヒット!

hideup 横山直人 ブログ写真 2019/08/12

バックシートでまたまた寺田さん。

hideup 横山直人 ブログ写真 2019/08/12

大佐も負けじと!

ロッドはMACCA-610MH+

hideup 横山直人 ブログ写真 2019/08/12

このポーズなんなんでしょうか?

3150フィッシュ!

hideup 横山直人 ブログ写真 2019/08/12

ラストもオスマンダFAT!

hideup 横山直人 ブログ写真 2019/08/12

午前中6本、午後15時30から18時までで11本(汗

正に16時以降はエンペラータイム無双状態でした。。。

 

こんな凄いパターンが今の南湖に存在した事にビックリでした。

正直大佐はこの釣りがここまで通用すると思ってませんでしたが、結果を見れば明らかでした。

オスマンダFATのパンチショットをする中でいくつかのバイトパターンがありましたが、放置して何も動かさない時もバイトがあるのはオスマンダFATの大きな特徴と思います。

オスマンダFATはノンソルトの為ボトムで立ちます。立ってる間ユラユラ動くオスマンダFAT!

これはソルトインのワームではなかなか出来ないアクションですからね。

 

明けて翌日。

この日は細川さんを同船で迎えての釣行でした。

朝から曇りで体感としては非常に涼しい。

太陽が出て来たのは8時を回ってからでした。

リグはオスマンダFATのパンチショットがメインとなります。

前日良かったカナダ藻ドームでは無く、崩れたウィードドームでバイト。

hideup 横山直人 ブログ写真 2019/08/12

こちらのバスも崩れたウィードドームでバイト。

hideup 横山直人 ブログ写真 2019/08/12

前日と少し異なるパターン。

涼しいとドームの中より外の方が良くなるのかと勉強しながらの展開。

その後もバイトは出るものの前日の様な無双モードとは異なりました。

体感で暑い+無風→ドームの中

体感で涼しい+風(強風)→ドームの外

簡単に書くとこんな感じでしょうか?

午後からは結構な東風強風で西岸は白波が立つ状況。

普通の釣りも難しくなりタイムアップでした。

 

終わってから気付きましたが…

ホソカワサントオシャシヲトレテナカッタ…(大汗

 

怒涛の2日間でしたが、新たな引き出しが増えました。 オスマンダFATのチカラを存分に発揮してくれた2日間でもありました。

 

難しい難しいと考えてた今の南湖にこんなパターンが存在した事に1番驚きました!

 

オスマンダFATはこの夏まだまだ楽しませてくれそうです!

hideup 横山直人 ブログ写真 2019/08/12

osmunda_fat_65