乃村弘栄HIDEUP Blog

秋は巻物

2014-09-17 10:07:00

hideup 乃村弘栄 ブログ写真 2014/09/17

先日の東条湖での戦略のお話

hideup 乃村弘栄 ブログ写真 2014/09/17

プリプラ三日間東条湖で練習して

考えていた戦略は

水通し+岩盤+αのディープ(13メートルまで)へのピンスポット撃ち(スタッガーワイド2インチDS)

でのキーパーパターン

hideup 乃村弘栄 ブログ写真 2014/09/17

水通し+岩盤は絶対条件だったのですが

+αが重要で オダでもエグレでも なんでもいいんで絶対条件の中でもαがある所でしかバイトがとれなかった

全体的にディープに変化が乏しい東条湖 わずかでも変化がある所に魚が溜まっていた(色んな魚種)

そこに的確にスタッガーワイド2インチのDSをアプローチするとバイトがでていた

ただ釣れるのは500グラム前後で たとえ揃っても 案外デカバスが沢山いる東条湖 一発デカイの釣られたら逆転される

hideup 乃村弘栄 ブログ写真 2014/09/17

そこでキッカーパターンで見つけていたのが

クランキングでの岩盤引き

上流 中流 本湖 とエリアによってシチュエーションが違う東条湖

しかもプリプラの時 どこのエリアでも魚が触れた

ただエリア事にベイトの通過するレンジが違うので、それに合わせてクランクベイトをチョイスする事でアジャストすることできた

HU400では貴重な50アップや40アップも釣れました(試合でこいよ!!!)

HUクランクは 70 150 200 300 400 と、細かく潜行深度の違うラインナップが揃ってるんでおススメです♪

本戦ではHUクランク各種+EG社のゴールドディッガーをBOXに忍ばせ挑んだ

が!

本戦時はプリプラ時に比べかなりの減水

クランク場の消滅&ベイトのポジション変化(岩盤から離れた)で

本戦時にクランクを投げる事はなかった

プリプラの時の水位なら間違いなく投げていたでしょう

 

hideup 乃村弘栄 ブログ写真 2014/09/17

釣れる水深がバラバラなら何故引ける水深を自由に変えれるスピナーベイト等を選らばなかったか

それは簡単に説明すると クランクでしか捕れない魚がいるから!

秋はターンオーバーや台風の影響などで水質が急に悪化する事が多々あります

そして上の水と下の水の水温の差がでる事によってベイトのレンジも固定される場合も多々あります

水質悪化の中でもクランクベイ独自の強波動で魚に見つけてもらえやすいですし

一定層をゆっくり巻く事もできます

一定層をベイトの層に合わせると もっといいです!

クランクベイトは誰でも簡単に一定層をゆっくり巻けるルアーです

リザーバ=クランク なかなかイメージはないですが

確実に効果あります!

ご参考までに♪

 

HU-150HU-200HU-300

URL