乃村弘栄HIDEUP Blog

MACCA HUMC-67MST

2015-12-14 13:54:11

hideup 乃村弘栄 ブログ写真 2015/12/14

HIDE UPロッド MACCA HUMC-67MSTの紹介です

HIDE UPの考えるミドルパワーバーサタイルロッド

hideup 乃村弘栄 ブログ写真 2015/12/14

なんといっても、最大の特徴はソリッドティップを採用している所

持った感じではシャッキとしたロッドですが、曲げこんでみるとソリッドティップが先に曲がり、遅れて竿が曲がっていく2段階曲がりが特徴です

HUMC-66MLSTにもソリッドティップが採用しておりますが、こちらのHUMC-67MSTの方が張りがあるのでソリッドティップを感じやすいかもしれません

ちなみに私の場合10lb~12lbのフロロを使用する事が多いです

hideup 乃村弘栄 ブログ写真 2015/12/14

HUMC-66MLST同様に[セミマイクロガイド+ソリッドティップ]を採用しておりますので、ロングキャストはもちろんの事、竿先だけを使ったスポットへの正確なキャストも恐ろしく決まります

ミドルクラスのリグからプラグまで、オールマイティーに使えるロッドとなっており

使うルアーにしてもHUMC-66MLSTとかぶる事になりますが汎用性の高さはHUMC-67MSTの方があるので

汎用性が高いのでボーターにも岸釣りの方にも[MACCA最初の1本目]としてはこちらのHUMC-67MSTからをおススメします

個人的にはMACCAの中で1番HIDE UPらしさが出てる竿だと感じています

hideup 乃村弘栄 ブログ写真 2015/12/14

実釣で感じた個人的な意見を入れて説明すると 

操作性が良いのはもちろんですが、[喰い込み]からの[フッキング]が本当に綺麗に決まりやすいロッドだと思います

琵琶湖の話では、スタッガー3インチ等のヘビダン(5g~10g) リアクション狙いではないフットボールジグでのズル引き等の釣りで

[コツッ] と、当たるだけのショートバイトにも、ソリッドティップの喰い込みの良さで、魚がすぐにルアーを放してしまう事を激減してくれます

また、非常に良いと感じたのは、極寒期に多用するメタル系での釣りの時 

はっきりバイトが出ない事も多く、アワセミスでバラシも多いメタル系の釣りなんですが、違和感なく曲がってくれるソリッドティップのおかげでオートマチックにフッキングが決まってくれます

極寒期の貴重なバイトをものにできますね

hideup 乃村弘栄 ブログ写真 2015/12/14

琵琶湖以外では、ミドルクラスバーサタイルな竿なので全国的に一番汎用性が高いです

スポットに撃ちこむ巻き物での釣りや、ライトTXやノーシンカーのフリップする釣りにも使いやすいと思います

そして、今後の注目株 Basserオールスタークラシックで吉田秀雄が披露してくれた[スタッガーを用いたTXでのスイミングの釣り]

ウィードの中やカバーを大胆に攻める事ができ、普通の巻物では攻略できなかった場所を巻けるメソッド

琵琶湖では昔からある釣りですが、全国的にも効果がありビッグフィッシュ率が高いと使用する人が増えてきております

フックが隠せるリグなのでスナッグレス性は非常に高いですが、フックが隠れてるが故に、少し送ってからのフッキングとなります 

この時に魚は違和感を感じると放してしまうんですがHUMC-67MSTはソリッドティップ  違和感なく喰い込んでくれます

是非  HUMC-67MSTを使用してみて下さい 抜群の喰い込みの良さを体感できるはずです

URL